いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:食べ物 ( 185 ) タグの人気記事

夏休み最後の日

 昨日は、平成最後の夏休みの日だった。
東京での2日間は、連続でかなり飲みすぎちゃったなと思う。

 朝早いのに、芝の増上寺近くの街角を行き交う人々が多い。みな、職場に向かい急ぎ足だ。まあ、25年前のボクも同じだった。
朝8時ちょっと過ぎ、スタバの扉を開くと、な、なんと満席だった。
あかの他人同士が肩を触れ合うくらい蝟集して座り、みな、スマホをいじってる。

 ウ〜ム、東京なんだなぁ。異様に映るのは、ボクがすっかり田舎者になったからなんだろう。
だったら、田舎者でいいや。

 タクシーで空港に向かう途中に、サルスベリの若木の街路樹の道を通る。そんなに長い道じゃない。
ああ、ここは数年前に、三田に向かうとき、通った道だった。
都会の朝日に輝くサルスベリの縮れた赤紫の花房が目に染みる。

 車窓から、増上寺と東京タワーが、一緒に並んで見える。
東京タワーって、こんなに優美だったんだとはじめて気づく。
女性のロングスカートのような風姿である。

 空港につくと、めずらしく、バス出発のラウンジだった。
小さな子供連れが多い。夏休みの最後だからだな。

 チーフパーサーの機内アナウンスを、ぼんやり聞いていた。
日本語では名字だけなのに、英語だとフルネームだった。
リカさんというのか。おぼえておこう。

 機内食は、ハワイアンスタイルのポークサンドイッチ海老マリネゴボウサラダだった。
茄子とズッキーニのオニオンスープを、スプーンですくい、すする。
フム、な〜んかあとひく感じで、これは病みつきになりそうだ。

 ポッカリ浮かんだ雲の塊をながめ、今年の夏は、いつもにも増して、な〜んにも仕事をしなかったなと思う。
まあ、そのかわり、健康診断はセーフだったから、まっ、いっか。

 アップルジュースを飲みながら、9月になったら、仕事を再開しようとチラと反省するが、果たして、どうなるか。
あ、そういえば、スタバでホットコーヒーを飲めなかったんだと、悔やむ。

 ああ、今年も、ほんとうに夏休みが終わったんだなあ。And Summer Is Goneだ。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2018-09-01 10:42 | 雑文 | Trackback | Comments(0)

街中のパン屋さん

 秋の寒さらしきものと、インフルらしきもの到来の季節だ。
だが、我が 仕事に、大きな手直しが必要となった。ムム、辛い。
晩飯の買い出しをして、食後にテレビを見ながら、締め切りがあるので、深夜まで思い詰めて仕事をする。
この程度のことは、若い時なら、土曜から日曜にかけて完徹で、楽勝で、仕上げたのになあ。
そりゃ、疲れたけれど、日曜にはゆっくり寝て、月曜日には仕事を定時に終えて、夜は飲みに出掛けた。
でも、この仕事は、しばらく続くだろう。じつは、それもあり難き哉の心境もある。

 まあ、こんなことは、昔なら、いとも易々とやってのけたものだ。
ロートルになったんだなあ。
こうして文字にすると、己が限界が明瞭となり、なんだか、あらためて、さみしさが増してくる。
でも、幸せはささやかなるものをもって極上とする。。。のである。それが、大人さ。
だったら、まっ、いっか。

 我が地の街中に、他が店仕舞いしたために、一つだけになったデパートがある。
道路を挟んだ隣に、店に名前が横文字で書かれ、パンの家という日本語が添えられた看板のかかったパン屋さんがある。

 いかにも街角のこじんまりしたパン屋という風情である。
レンガ造りの縦枠と丸太を使った横の流れが調和した外装は都会的で、いかにも若い女性が好みそうだ。
『ユー・ガット・メール』のNYのアッパーウェストサイドのメグ・ライアンの経営する、小さな絵本専門店を思い出した。
そう、オサレな感じである。

 若い女性が好きそうだなどと書くと、わっ、若いという言葉に過剰反応されて、立ち往生した苦い記憶が蘇る。
まあ、いかにも、女性好みのパン屋さんだ。

 実際、老いも若きも入り乱れ、狭いお店は、女性だけでひしめく。
朝、昼、夕は、OLでイッパイだし、いついかなるときも、デパート帰りの人や、目抜き通りからも人は流れ込んでくるみたいだ。
そんな、ごく限られたスペースで、男一匹が女性群像にまじって割り込み、パンを探すのはまことに気恥ずかしい。
若い時だったら、卒倒しないまでも、立ちぐらみするか、パニック障害になっていたかもしれない。
いやあ、たくましくなったというべきか、破廉恥な人間になったというべきか。後者だろう。

 店の広さの割に、実にさまざまなパンがある。
しかも、みな美味だ。
甘い系のパンと、食事系のパンがほどよく、ミックスしてて、バケット系がさらに美味だ。
食事系のパンとは、焼きそばパンのような一般の発想と境界を画した、一捻りした、がっつり食べる系の総菜が詰まったサンドとかだ。

 でも、トングを使って、トレイにのせる心の余裕など、まったくない。
ささっと見つけ、わしづかみし、胸に抱きかかえて、レジへと駆け込む。
そして、脱兎のように、風の中を走って逃げ帰る。クリスマスの5週間前が(わかる人には分かる)近い。

 ほらね、三昧ブレッドを買い忘れた。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-10-29 11:43 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

懐かしのメロンパン

 子供頃、悪質な風邪に罹った時の、お楽しみは、バナナやメロンだった。
もっとも、メロンはホンマ物のメロンは頂き物で、自宅で買っていたのは、まくわうりのメロンだった。

 そんなころに、森山加代子さんだったかな・・・。
♪コラソン デメロン デメロン メロンメロンメロンメロン♪という『メロンの気持ち』という歌が流行った。
たしか、後に、ゴールデン・ハーフがカヴァーしていた。
さらに遡った、りんごの気持ちはよくわかる。。。ってのはウソですが、メロンの気持ちも、わかろうはずがない。

 ボクにとってのメロンの魅力は、そのルックスがただ者じゃない姿・形にある。
表面に網目が張り巡らされたネットメロンは、やっぱ、なにもの?という強烈な第一印象が残る。
甘さも、スイカ同様に、他にない高級な味である。
高級な味とは何ぞや。
ベースは、キューリに似て、仄かで、お上品な甘みがミソである。砂糖でもなく、よく言われる蜂蜜でもない。

 もう一つの魅力は、メロンの芳香だと思う。
ほんのり甘く、すっきり爽やかで、ここがツボだと思うのだが、うっとりするセクシーな香りがする。
ウ~ム、堪らぬ。しかし、ご縁がほとんどなかった。

 土曜日の午後のお楽しみは、まっきっき(真っ黄っ黄)の黄色のメロンパンだった。
そうだった。ボクにとってのメロンパンは、杉並区荻窪小学校傍のパン屋さんの菓子パンの味だ。
食べ応えがあって、表皮は厚化粧の壁のようにカサカサしていて、ビスケット状だった。
形は、ボクの知っているのは、円形だった。
今思うと、まるでメロンの味も芳香もしなかったが、今の人のように、どこがメロンじゃ。。。と激することもなく、大好きだった。

 今日は、ビール1本とお酒を2合飲める日だったので、ほろ酔いで、コンビニで、メロンパンを買った。
フム、たしかに、レモンの果汁の芳香はある。
生意気にも、クリームなど入っちゃりなんかしたりして・・・なにやら、故広川太一郎さんみたいになっちゃった。

 でも、これって、邪道ですね。
ボクにとっての、メロンパンは、円形で、まっきっき(真っ黄っ黄)の黄色か、せめて、クリーム色で、パサッパサッのビスケット生地じゃなくっやね。

 そして、筋は網目状じゃなくて、線状じゃなくっちゃね。
今からすれば、すこし安っぽく、下品なお味だって、そりゃぁ、美味しかったんだから・・・。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-06-23 21:40 | 雑文 | Trackback | Comments(0)

真夜中のラスポテト

  空梅雨である。その分、暑い日が続く。
インドアの日々が長かったせいか、炎天下、あちらこちらに出掛けると、ものすごく消耗する。
熱中症になりそうだ。
 ボクの逆説型人生観では、今こそ、背広にネクタイの季節である。
猛暑日には、ザルでなく、アツアツの掛け蕎麦や昔だったら、アツアツのラーメンだった。
そういえば、生まれてから、今日ここにいたるまで、冷やし中華を食したことがない。
偏屈で、かたくなな性格はなおらない。
汗をダラダラ流し、ハンカチをぐちょぐちょにして、暑い時に、あっつい食べ物を食らう。
これぞ、ストレス解消法である。でも、身体には悪いかも・・・。

 そうはいいつつ、背広にネクタイで炎天下を歩くのも、さすがに辛いものがある。
ときどき、フッと意識がとびそうな時がある。
年のせいか、汗は昔ほどかかないので、熱を体にため込んでいるみたい。
 目の前を、タクシーが乗りなよ、乗りなよ、クーラーがギンギンにきいて、涼しいよ~とばかりに、よりそうようにユルユルと寄ってくる。
フム、負けた。
昔だったら、ゼッタイに乗らなかったろうと、涼しい空気の中で、いっとき、くよくよ悩む。
 こんなふうだから、毎日の洗濯が大変である。
コインランドリーに目覚めてから、最近は、自宅の洗濯機の洗いーすすぎー脱水ー乾燥のトータル・システムをやっと、マスターした。
ただ、真夜中に洗濯機を稼働していると、脱水の時に、ものすごい音がする。
ガタガタブルブルどころではない。地震の時のように、洗濯機自体が大揺れする。
それって、たぶん、旧式のせいなんだろうな。
 昭和のボクが20代や30代のころの、コメディーのdvdを見ている。
電車の色やリビングの風景や食卓などで、ああ、ずいぶん、時間がたったのだなあ。。。と実感する。
そういえば、登場人物のほとんどは、亡くなってる。
 ああ、イカン。こういう甘酸っぱい、懐かしさにドップリつかるのは、老化に拍車がかかりそうだ。
昔ながらのフライド・ポテトを1本、そしてまた1本と食す。
ラスポテトは、もちもち感とかりかり感が、ちょうどよいくらいだった。

 ていねいに食しながら、ああ、健康診断は9月に伸ばそうと思う。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-06-18 13:50 | 雑文 | Trackback | Comments(0)

アプリコット・ジャム

  新刊小説を2冊、買った夢を見た。
夢の中で、こんな高い新刊小説を買ったのは、久しぶりだな。
値段も高かったし、上下2巻だから、つまらないと後悔するだろうな、でも、きっと面白くないに違いない。。。などと、クヨクヨ考える。

 朝起きて、食パンに、あんずのジャムを塗りながら、はて、あの夢の中の本は何だったのかなと、しばし、考えるが、思い出せない。
アプリコット・ジャムか。
すごく、久しぶりだ。
あんずの形のジャムを塗ると、すべるように、薄くのびた。
食べると、甘酸っぱいような、なんとも形容しがたい味がする。
しばらくして、ああ、この味は、子供のころに、駄菓子屋で食べた味だと気づく。
う~ん、こういう安っぽい味も、懐かしくて、な~んかいいよね。

 以前、たくさんのジャムを集めるのが、趣味だった。
マーマレード、イチゴ、マンゴー、アップル、ブルーベリー、ウメなど、いつも六種類くらい揃えた。
深夜、冷蔵庫に並べて、ひとり悦に入って眺めていたら、老母にしっかり見られたことがある。
ジャムは傷みがはやいので、何種類も買うのはバカだ、と老母に叱られたのを思い出した。

 20代から30代の後半までの、二日酔いの翌日の日曜日の朝は、いつもこ~んな感じだったなあ。
ぼんやりしながら、新聞をひらくと、村上春樹センセイの新刊の『騎士団長殺し』の広告の活字が飛び込んでくる。
ああ、そうだった。
夢の中の新刊本は、『騎士団長殺し』だった。

 インスタントコーヒーの濃い目のブラックを飲みながら、まっ、古本になったら、ネットで買おうと誓う。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-03-12 18:43 | 雑文 | Trackback | Comments(1)

ハッピー

  土曜日なのに、仕事部屋に行く。
ひざしはそこそこなのに、まだ寒い。
ばかに車が混んでいるなあと、いつもの通り道の車道を横目で眺めると、びっしりと車が並んでいる。
ああ、県立の劇場で、なにやら催し事があるみたい。

 立春である。
己が無知を天下に晒すようであるが、節分と立春が隣り合っていることを、昨日まで知らなかった。
節分は季節を4等分する意味もあるらしいし、朔旦立春となると、ボクが88才の年齢になるときに、やって来るらしい。
朔旦立春は、42才の時もそうで、その時は、今の仕事に転職を決めた年だった。
その前の朔旦立春は、4才で、生まれ育った大宮から、杉並の荻窪に引っ越した年だった。
88才には、なにが起こるのだろう。
むつかしいとは思うけど、願わくば、88才まで、この世で生きていたい。

 昨日は、ネギトロの恵方巻で、北北西に向かって、大口で一口、丸かじりした。
これじゃ、意味ないどころか、イカンのかもしれない。
ただしくは、黙して、一気呵成に、太巻きを全部、食さないといけないみたいだ。
フム、我が老母は、何も言わずとも、自然にそうしていた。

 通り抜けの、ブルーシートを被った大学に行く途中に、真紅のツバキの花を見た。
裏門の通路を抜けると、紅梅の木に小さな花が、いくつもくっついてた。
一言でいうと、可憐にして、ちらり妖しく、清潔にして、ややセクシーが持ち味だ。
こういうのが大好きだ。
昔の裏門は、今のようなバリアフリーではなく、サザンカの生垣を抜けると、ほころびだした紅梅に出逢って、ああ、春が立つなと実感した。

 通り抜けの大学の向かいのスーパーで、生タラバ蟹、白菜、春菊、ネギ、エノキ、トーフなど買う。
陽の高い帰り道に、♪1 2 3(ワンツースリー) あの三叉路で 1 2 3 。。。。というキャンディーズの曲が、頭に浮かんで、そしたら駆け巡る。
そうだよな。
梅 ハクモクレン 桜とワンツースリーで、咲くんだよなあ。

 最近、筍の穂先とタラの芽の天ぷらなどの季節で、スーパーで買ってよく食す。
もう少したつと、早期退職の友人や、特任の先輩たちと、♪軽く手を振り、私達、お別れなんですよ~になるのですね。
「サヨナラ」ダケガ人生ダ。。。って、誰の訳だったっけ。

 青い空を仰いで、ああ、そろそろ、空豆のさやごと焼きの季節であるなぁと呟く。
幸い、今日は飲める日である。
ハッピー。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-02-04 19:01 | 雑文 | Trackback | Comments(1)

シンプルライフ

  いつもの通り抜けの大学のイチョウ並木の黄葉が、そろそろかなという兆しである。
いつもだと、並木に並んだキンモクセイが軽いめまいをおぼえるほど、濃密な香りをまき散らすはずだが、今年はほんのりという感じだ。
フム、これって、震災の影響なのかなあ。
この程度が、ちょうどよいのだが、震災のせいだと思うと、すこしかなしい。

 アラ還のころ、このブログを始めたときに、竹内まりやさんのシンクロニシティのPVをよく観た。
夢を見ていて笑っていた人から電話が鳴って、目覚め、お互いに同じ夢を見てたーーーという書き出しの歌詞だ。
ああ、いいなあ。でも、それはムリだ。

 ただ、ぐうぜん乗った小田急線の世田谷代田のあたりで、ガタンと揺れて、ボクが落とした本が、向かいの席の女性と同じ本だったことは、あった。
カバーが外れ、本の装丁が剥き出しになったからだ。
村上龍さんの『限りなく透明に近いブルー』で、向かいの女性は、酒井和歌子さん似の美しいお方で、鼻先でニッと笑って、会釈してくれた。
ただ、歌詞と違うのは、恋に落ちることなどなく、二度と逢うこともなかった。
初期の村上龍さんの小説はよかった。
村上春樹さんは、初期の数作はそれなりに面白かったけれど、才能が違うな。。。と勝手に、そう思った。
その評価は、今も変わらない。

 最近、シンプルライフに憧れている。
持たない暮らしや、自宅でリラックスに、一番、シアワセを感じる。
別に物持ちではないのだけれど、省略の美学には、昔から憧れた。
小説も映画も、大部や大作は苦手だ。
三浦哲郎さんだったか、若鮎のような短編が生涯に一作だけでも、書ければ、それがサイコーのようなことを書いていた。

 そんなことだから、今、一番、凝っているのは、湯豆腐である。
大きな土鍋にたっぷりの水をはり、昆布もすこし多めに入れて、豆腐春菊シイタケがあればそれでいい。
あとは、ネギの薬味と、生姜、大分産のスダチがあればいい。

 まことに、シンプルである。
太宰の『人間失格』に、朝帰りして、料亭によって、朝風呂を浴びた後で、湯豆腐で軽くお酒を飲むのが、安いわりに、贅沢な気分になるというくだりがあった。
まさに、その通りだ。

 川上弘美さんの『センセイの鞄』の小説でも、トーフの角を切るように食す。。。という場面があった。
ウ〜ン、これは真似てみたいけれど、ど、どうするのだろうか。

 そう、センセイではないけれど、トーフはエライのだ。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2016-10-27 15:56 | 雑文 | Trackback | Comments(0)

昼下がりのスーパー

 仕事部屋でクーラーが2ヶ月ぶりで試験運転をはじめたので、出掛ける。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2016-06-17 16:22 | 雑文 | Trackback | Comments(0)

激辛イカの塩辛

 久しぶりに、羽目をはずしてたくさん飲む。
たくさんの料理が並ぶ中、ハムやペンネなど食し、ハートランドビールを飲む。
スキヤキを食いたいと友だちが言うので、2次会に行く。
けれど、スキヤキ屋さんは、休みで途方に暮れる。

 友だちは、もうどーでもよいなどと無責任なことを言うので、お隣の居酒屋に行く。
だだっ広い大広間だけが空いていて、いずれ相席になりますがということで、入れてもらう。
ひとまず安心する。

 友だちと2人で、ボクはビール、友だちは焼酎を頼み、刺身の盛り合わせと枝豆などつまむ。
それにしても、ばかに広い大広間なのだ。
友だちと2人で、だんだん心細くなる。
昔、太平洋ひとりぼっちという映画があったけど、さぞ心細いものだったろうなどと、とんでもないことを思いつく。

 お酒を飲んで、な~んか、しょんぼりは、いけないなあ。
景気づけに、刺激に富んだつまみでも食そうということで、お店の人に聞く。
有村架純さん似のお姉さんは、イカの激辛塩辛がありますが、死にそうなほど辛いという。
まあ、お店で出していますから、死ぬことはありませんが、おなかを壊すかもしれないと、こわごわ、心底、不安そうな顔になる。

 なら、食べてやろうじゃねーか。でないと、男がすたる。
段々よくなる法華の太鼓じゃないけど、徐々に心細さは消えゆき、激辛塩辛なるものを頬張る。
あ、あっ、口が痛い。喉が火傷したみたいで、痺れる。あ、涙出た。
死なないなら平気さと、ムキになって迷わず頬張ると、ど~ってことなくなる。

 ああ、ヤッパ、試してよかった。
どこかでスイッチが入ったのだろう。
 
 あけて翌日、じつは、あれはあまりに激辛すぎて、味覚に支障をきたし、ど~ってことなかったのだ。。。と不覚にも気づく。

 まぁ、よい子のみなさんは決してマネしないでくださいね。って、よい子はこんな記事を読むわけがない。
あれは、ぜったいに、デスソースが入っていたのだな。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2016-03-31 14:11 | 雑文 | Trackback | Comments(0)

再びのさくらもち

 おととい、スーパーに行くとき、県営住宅のお庭を近回りで突っ切ると、さくらが咲き出していた。
一人で開花宣言をして、ああ、今年もまた、さくらの季節になってしまったなと感慨をあらたにする。
最近は、さくらが開花する前の季節が好きになった。

 もの萌えいずる春、ふたたび春を迎えたなあ。。。という思いが、ちょっとだけせつない気持ちを連れてくる。
春は、食べ物に意地汚いボクには、お楽しみがイッパイある。
白魚の刺身、そら豆の殻ごと焼いたもの、小ぶり筍の穂先焼き、たらのめ、こごみなどの天ぷら、メバルの煮つけなど、おいしいものがズラッと並ぶ。

 最近になって、甘いものに開眼する。
体が甘いものを欲している気もする。
生活習慣病の心配は全くないが、一応、用心して、甘さ控えめで生きて来た。
まあ、左党が度を越して、依存症時代が長かったので、甘いものには縁がなかったわけである。

 子供のころは、ケーキなどよりも、練り切りやさくらもちが好きだった。
かしわもちは、どうして、あんなに野暮ったい厚い皮なのか。葉っぱだって、ダサい。
美しくないなぁ、な~んて勝手に思ったものだ。

 ボクの大好きなさくらもちは、長命寺桜もちだったのを、最近知る。
インターネットはこういう時に、便利なものだなぁと思う。

 しめった土と桜の葉の匂いがつよくする。それはまさに桜もちの匂いだ。ーーと書いたのは、江國香織さんだった。
そっかな。ボクはそうは思わない。
ボクが子供のころに、黄昏迫る銀座で買った竹籠に入ったさくらもちは、薄皮が貝殻のような形で中味を覆ったものだった。
しょっぱい葉ごと、薄皮を齧ると、甘~く、なつかしい味がした。

 年を重ねて、あのなつかしさは、せつなさではなかったのかしらん。。。と思うようになった。
でも、せつなさはどこから来るのかは、わからなかった。
アラ還のころになって、不安定に揺れた幼年期特有のもではなかったか?と思った。

 最近になって、このせつなさは、夏の終りの感傷や秋の空気感に似ているのかな。。。って思うようになる。
げに、人間の感情は奥深いのか、感覚が鈍化してきて変化しているのかは、定かでない。

 今年こそ、この季節が持つフワフワ感をじっくり、味わってみようと思っている。
なにせ、急いで移って行ってしまうから。

More
[PR]
by nonoyamasadao | 2016-03-22 10:46 | 雑文 | Trackback | Comments(3)