いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
タグ
(871)
(720)
(218)
(188)
(184)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年の秋は・・・

 ブログを書かなくなって、一ヶ月くらい立つ。
ずいぶん、日が短くなった。
日が長くなるとうれしいと、確か、江國香織さんが書いていた。
日が短くなると、ああ、冬が近いのだなぁという気がする。

 今年は気持ちに余裕がなく、キンモクセイの香りを楽しまなかった。
夜寝る時や、暮方にタクシーを待っているときなど、ときおり、キンモクセイの香りがした。
ご近所のどこかにあるのだろう。
毎年のことである。
キンモクセイの姿は見えないけれど、どこからか風が香りだけを運んで来る。

 毎日のように、スーパーに行くけれど、3時から4時前くらいなので、あまり季節感はない。
スーパーから外に出ると、外がまだまだ明るかったり、闇だったりの記憶はない。

 子供のころ、春は、ほのぼのと夜が明ける頃、きっと、今日も楽しいことがあるといつも思っていた。
月夜の夏に、ああ、今年も夏の終りがやった来たと、さみしく思ったことがあった。
秋は、オレンジ色の夕陽がさす学校の帰り道が好きだった。
今年の冬は、雪が降らないかな、雪が降るといいなぁと、いつも思った。

 いつの間にか大人になって、会社を出て、外が明るいと、明るいうちに飲むのは楽しいと思った。
会社が終り、外が闇だと、鍋と美味い刺身でイッパイがサイコーだと、ウキウキして飲みに出掛けた。

 今年は例年にも増して、彩りのない秋が過ぎていくなぁと、ちょっと悲しい気分になる。
あと何回、サクラが見れるだろうという竹内まりやさんの歌詞のように、あと何回、秋の夕暮れの匂いを感じられるのだろうか。 
秋の夕陽に揺れる、青いススキもほおけたススキも枯れススキもよいなあ。

 岬で魚釣りもしなかったし、青いススキの小道を帰ったこともない。
本格的な木枯らしの季節になれば、やっぱ、フグだな。

More
[PR]
by nonoyamasadao | 2013-10-28 09:04 | 雑文 | Trackback | Comments(4)