いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
(868)
(717)
(216)
(188)
(184)
(160)
(124)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『のうぜんかつら』と『こんにちは またあした』

 のうぜんかつらの花を、少し前に写真ブログで知った。樹木には一家言もてたつもりだが、花はめっぽう弱い。
安藤裕子さんの『のうぜんかつら』なら、よ~く知っています。
月桂冠つきのCMソングだった。
心地よく途切れ、かすれたファルセットの極上のウィスパリング・ボイスが、う~ん、堪らなく素敵でした。

 それまでのお酒のCMの定番と言えば、西田佐知子さんの『初めての街で』だろう。
ご存知、菊正宗のCMソングだが、永六輔作詞、中村八大作曲の作品である。
この曲は6コーラスまである。「菊正宗」に該当する部分の歌詞は、「ひとりぼっち」から始まり、「みたりする」、「なじみの客」、「逢おうじゃないか」、「まぁ、いいさ」、そして「ひとりじゃない」で終わるのがオリジナルだ。
最後の「ひとりじゃない」を「菊正宗」に変えたんですね。

      ******************************************

  最近、月桂冠のCMは見ていないのだが、記憶にある月桂冠つきのCMは近来稀に見るCMの名品で、何を今更という感じですね。
もう伝説化しているけど、今日は少し別な視点から書いてみたいと思う。先ずは、こちらをご覧ください。


 まぁ、僕のような年令になると、ちょっと、くすぐったくなってしまう様な、こっぱずかしい部分がなかったかと言うと、無いと書くと嘘になる。
けれども、キャプションでも「わたしの趣味は、あなたです。」とか、結構、臆面も無くやってのけるのが、このCMの凄いところだ。
ただ、このキャプションの場面では、ほとんどの人は気がつかないだろうが、微妙にカーテンが揺れている。
微細だが、緻密な計算ができているなぁと唸ってしまった。
こういう感覚は、スタイリッシュな都会的洗練で押し切らないと、逆に見ている側がうすらさむい気分になる。

  永作博美さんと李鐘浩クンが夫婦である。もう説明なんていらないでしょうね。
夫婦のズレ具合を、「夫婦は、ずれてて、いいんじゃない。」という距離感で見せ付けるんですけれどね。
やっぱ永作博美さんのかわいらしさかしらん。この人はライティングの加減とかで、つまらない顔に見えたり、かわいらしく見えたりする。その意外性が魅力だ。

  さて、別な切り口で書くとは食べ物のこと。
金目鯛の塩焼き、アサリの酒蒸し、ゴーグル付けての玉ネギのみじん切り、おでんなど、永作博美さんの台所仕事が見所になっている。
エロオヤジの視線で書くと、なま足だったり、見所満載であります。
あれれ、久しぶりにエロオヤジが満開になりました。

  もう一つの切り口は画面構成が巧緻なとこだ。
宇宙から地球を眺める開巻では、音楽がtu,tu,tuと囁く。おわりでは、薄暮の鉄塔に半月の月が浮かんでいるところへ、音楽は「またあした」が被さり、「きみの笑顔に、帰還します。」とクレジットされる。
シナリオ設計は宣伝でも書いてあるが、開巻で赤い風船を夫婦が見て、夫は金魚掬いへと向かい、妻はと言えば、金目鯛を焼く。
男と女の意識のすれ違いを描いたような凝った物語展開だった。その後で、「夫婦はずれてて、いいんじゃない。」というのは、CMとしては相当、アバンギャルドだ。

  安藤裕子さんの『のうぜんかつら』のあとの、コトリンゴさんの『こんにちは またあした』も、女の子らしい歌だ。
「こんにちは」、「さようなら」、「おやすみ」、「またあした」という美しいひらがな言葉を、音と音の合間に、乗せるような旋律である。
これも、よかったのじゃないかなぁ。
僕は、好きでした。はてさて、今の月桂冠CMはどうなっているのだろう。

にほんブログ村 その他日記ブログ
[PR]
by nonoyamasadao | 2008-08-23 14:36 | 中村八大 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/8897132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nobulinn at 2008-08-24 18:15
のうぜんかつら、雨に濡れた姿で失礼いたしました(^^;)
永作博美さんのCM、かわいかったですよね~。
とても好きな女優さんです♪
Commented by nonoyamasadao at 2008-08-25 20:15
To nobulinnさん
>のうぜんかつら、雨に濡れた姿で失礼いたしました(^^;)
永作博美さんのCM、かわいかったですよね~。
------
のうぜんかつらを教えて頂いたセンセイからのコメント、光栄です。
最近、あまり面白いCMを見ていません。
あ、後ほど、いつもの洞穴で。。。って、お伺いしたいと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< NYには、一度、行ってみたい。... マンガ版アマデウス >>