いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
(868)
(717)
(216)
(188)
(184)
(160)
(124)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


文房具の話

 お盆休暇は、疾風怒濤のごとく仕事をした。
こんなに忙しかったのは、十数年ぶりである。そのわりに、ブログ更新回数が増えている。
忙中閑ありは至言である。
そんなことから、この数日、ぐっと涼しくなったこともあり、どっとくたびれてしまった。
今日はあまり仕事をしないつもりだ。
気分転換のつもりで文房具を揃えた。

 まず、鉛筆は三菱鉛筆の黄色っぽいゴム付を一ダース買う。
本当はTOMBOWの同じのが好きだが、なかった。
鉛筆削りはMINI ACEというのだ。原始的なもので、鉛筆の頭を差込み、軸を回転させながらガリガリと削って、先を尖らせるヤツだ。最近の鉛筆削りはサイズが小さくて、削りカスがすぐにいっぱいになる。
まぁ、最近の学生は鉛筆など使わないだろう。
ボクが中学のころは、成績のよい人たちを真似して、鉛筆は三菱ユニ(UNI),ノートはフィラーノートというのを使った。フィラーノートはスパイラルとじで、ミシン目が入っていた。ファイリングできるノートだ。
今日買ったのは、キャンパスノートだ。ごく普通の大学ノートだ。
どうして、鉛筆や大学ノートに拘るのかというと、勉強したという気分になるからだ。

 振り返ると、中学まではノートをとったけれど、高校や大学のころはノートも鉛筆も要らなかった。ノートは人から借りるものだった。まったく勉強をしなかった。
以下、他に買った文具を記す。
普通のホッチキス、カタツムリ型のセロテープ、接着PIT、ノンダスト消しゴム、ポスタカラー マーカー、赤いボールペン(鉛筆軸)、ハサミ、加圧式ボールペン黒だ。
加圧式ボールペン黒は、ほかと較べると、少し最近の文房具だ。
無重力状態の宇宙でも、水に濡れた紙でも書けるそうだ。
ボクの場合は、ただ単に滑らかに書けるという理由だけだ。

 最後に少し高価な買い物をした。
「ジーニアス英和辞典(第4版)」(2007)である。
これは、独自コーパスによるもので、使い易そうだ。今までは改訂版(1994)を使っていた。
これは、たぶん、最強の学習辞典だったと思う。携帯辞書は講談社学術文庫の「英和辞典」(1979)を、今も使用している。
電子辞書は、こと英和については、まったく、役に立たない。
今、書いているのは、あくまで、学習辞典のレベルでの話だ。ボクには、それで十分だからだ。
[PR]
by nonoyamasadao | 2008-08-22 12:56 | 雑文 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/8890385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nobulinn at 2008-08-24 18:13
こんばんは。
文房具は楽しいですね。
大人になっても、文房具屋さんであれこれすぐ必要なわけでもないものを選らんで買うのはわくわくします♪
ノートとか、鉛筆とか、今も学生みたいな買い物をして時々喜んでいます(笑)。
最近のお話の流れから、タイトル拝見した時、銀座の伊東屋のお話をされるのかな~なんて思っていましたが?(^^)
Commented by nonoyamasadao at 2008-08-25 20:08
To nobulinnさん
>ノートとか、鉛筆とか、今も学生みたいな買い物をして時々喜んでいます(笑)。
------
ほう、同じですね。あ、お返事が遅くなって、失礼致しました。電話、PC使えませんでした。落雷の影響だったみたいです。

>最近のお話の流れから、タイトル拝見した時、銀座の伊東屋のお話をされるのかな~なんて思っていましたが?(^^)
------
全てお見通しですね。鳩居堂、ウエスト、ですものね。レパートリーが狭いので。。。。でも、伊東屋は行った記憶がありません。
松屋のお隣ですね。
そのうち、イエナの思い出でも書こうと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< マンガ版アマデウス インドリンゴはどこへ行った? >>