人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(887)
(736)
(226)
(192)
(185)
(160)
(124)
(102)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


やっぱり一人は・・・

 種田山頭火を知ったのは、千歳船橋の季節料理屋だった。
エシャレットをモロミに付けて、日本酒を飲んだ。
シャッキッとした歯触りとピリッとした味わいが楽しい。
そんな時、同僚の友人が山頭火を教えてくれた。
それまで、山頭火を知らなかった。

やっぱり一人がよろしい雑草
やっぱり一人はさみしい枯草

 ふ~ん、平易な句だと思った。
気取りもないが、ムダもない。気持ちにしっくりくる句だった。
その時は、雑草と枯草の対比が、面白いという程度だった。

 その後、故石立鉄男が山頭火の信奉者役のテレビドラマをみた。
コメディーだったと思う。
雑草と枯草の話を思い出した。
役では、山頭火をばかにするのかと怒り、山頭火先生とも言っていた。

山頭火はシンプルで、破調の句だが、並べて読むとやや鼻につく憾みがある。
それでも、飽きない嫌味のない、味わいがある。

 ああ、やっぱり一人はさみしい。
季節の移りかわりは美しく、さみしい。
今年の秋は、もうすぐかもしれない。
by nonoyamasadao | 2008-08-20 11:16 | 雑文 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< インドリンゴはどこへ行った? 眠れない夜にすること >>