いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コニー・フランシス『渚でデイト』

  毎日、これが残暑といえるのかね。。。というぐらい暑さが厳しい。
こんな時はやっぱ、水辺ですね。明日から19日まで、お盆休暇である。

 湘南やスキー場とは無縁の青春だったけれど、せめてポップスくらいはということで、水辺にまつわる話を書く。渚がタイトルにあるポップスは数多いが、今日は「渚のデイト」にする。
「渚のデイト」は、コニー・フランシスが歌った「Tearーinーtheーvoice」(涙声)の名曲である。
コニー・フランシスが大好きで、最高のお手本だと書いた伊東ゆかりさんも歌っている。
文末に一括して掲げるが、コニーフランシスについて、穴沢ジョージさんがとても素敵なブログを書いている。
思えば、彼のブログが大好きだったから、まねして、このブログをはじめたのだった。
6年も前に書かれたものだが、今、読み直しても新鮮な気分になる。

 コニー・フランシスには、およそ三つのパターンがある。以下に、まとめてみる。
1)伸びのある高音を活かして、泣きそうになる位せつなく歌い上げるロッカ・バラード
2)思わず踊りだしたくなるような、ウキウキした気分になるリズミックなナンバー
3)2)に近いが、高音・絶叫型で、なお且つパンチの効いた歌声が炸裂するナンバー

 1)は「ボーイ・ハント(Where the boys are)」や「渚のデイト(Follow the boys)」
2)は「夢のデイト(Someone else boy)」・「想い出の冬休み(I'm gonna be warm this winter)」
3)は「バケーション(Vacation)」
という分類になるでしょうか。
ボクは2)のタイプのノリのよい曲が一番、好きかもしれない。軽くて、ハッピーな気持ちになる。
高音ではない。ひかえめに抑えた声で、さらっとしていて、あたたかいという感じだ。あと、♪Wow wow wowとか♪yeah yeahとか♪Yan Yanなどの合いの手が楽しい。
伊東ゆかりさんと弘田三枝子さんの比較論で書けば、2)は前者、3)は後者がフィットしているように思う。

 さて、「渚のデイト」は高音から始まるが、大林宣彦監督の「青春デンデケデケデケ」のワン・シークエンスでとても、効果的に使われている。
主人公の林泰文を、ゴヒイキの柴山智加さんが海水浴に誘いに来るシーンだ。
なんとも初々しい感じで、青春のウキウキ・ドキドキ・ワクワク感がよみがえってくる。
コニー・フランシスの「渚のデイト」で始まり、海辺の水遊びでは「ボーイ・ハント」(日本語)、帰り道はポールとポーラの「けんかでデイト」が流れた。
この頃の柴山智加さんは、キラキラしていて、ホントかわいい。
大林作品の「ふたり」が彼女の最高だったかもしれない。
ゆかたを着て、両手に食べかけのおまんじゅうを持って、「父ちゃん死んじゃった、三日前」と泣くシークエンスでは、思わずもらい泣きしそうになった。

 「渚のデイト」は漣健児さんの訳詞である。
♪I'll follow the boys    Whenever they go
♪I'll follow the boys   Coz in my heart I know
♪I know that somewhere   Somewhere along the way
♪I'll find my love   My own true love someday

 そこで僭越だが、拙訳を書く。どれだけ腕が違うかを際立たせるために書くのだが、さすがに、恥ずかしい。(汗)ヘボはヘボに過ぎないどころか、恥の上塗りだ。

  ついてゆくわ  どこへでも
  ついてゆくわ  自分の気持ちに正直に
  知っているの   この先のどこかで
  愛をみつけるの  いつの日か本当の愛を(拙訳)

 繰り返すが悪訳はどうか、ご容赦くださいまし。ちなみに、coz はbecauseの略だ。

 では、漣先生はどう訳されたか。さすがに、見事なものである。

♪愛したら  なにもかも
♪いつまでも  あなたのもの
♪恋したら  命さえも
♪すべては  あなたのもの

 フ〜ム、こうなると、もう漣先生の独壇場ですよね。詞全体の世界観を捉え、アクセントを付けた美しい日本語だ。
漣スペシャルといったら、失礼にあたるでしょうか。
あ、もちろん、心酔し、リスペクトしている。
文脈からするとコニー・フランシスなんですけれど、伊東ゆかりさんを選んじゃいました。




[PR]
by nonoyamasadao | 2008-08-12 16:49 | 伊東ゆかり | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/8826245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Creditos rap.. at 2018-09-15 22:57
タイトル : aracer.mobi/
コニー・フランシス『渚でデイト』 : ほんの寝巻きで... more
Commented by fdsalkj at 2008-08-14 13:27
今日は久し振りに散歩よってみました、(*^_^*)
Commented by sunset at 2008-08-20 10:24 x
コニー独特のつややかな声はボーイ・ハントが一番。西田佐知子・西田ひかる・伊東ゆかり・竹内まりやも歌ってますが、コ二―が最高。穴沢さんのブログで「太陽は燃えている」の解説が参考になりました。今まで「love me with all of your heart」で探しても出てこなかったのですが、Cuando Calienta el Solで検索するとザクザク出てきました。よかったです。この曲は日本では廃れてますが、今でも南欧では人気があることを知りました。そういう点で私の感覚は南欧風?なのかもしれません。
Commented by nonoyamasadao at 2008-08-20 15:35
To sunset さん
>コニー独特のつややかな声はボーイ・ハントが一番。西田佐知子・西田ひかる・伊東ゆかり・竹内まりやも歌ってますが、コ二―が最高。穴沢さんのブログで「太陽は燃えている」の解説が参考になりました。
------
サンセットエヴァーさんですよね。前にフライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンを教えていただきました。
やっぱ、コニーさんは歌唱力抜群ですからね。高音だけでなく、低音部も
よいのですねえ。どんなタイプでも大丈夫です。
ご案内の穴沢師匠のブログ、読んでなくて、今日読みました。
凄いの一語。スペイン語なんて、日本語もヘンテコになっているのに。。
Commented by sunset at 2008-08-21 11:10 x
説明が足りなくて失礼しました。お見込みの通りです。URLを入れましたが、何回入れてもスペースを削除してくださいという表示が出て入力できませんでした。
名前
URL
削除用パスワード
<< お盆の入り~鳩居堂 ヘチマの花 >>