人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
タグ
(891)
(740)
(228)
(192)
(185)
(160)
(124)
(104)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
おいしいもの見つけ隊 隊...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


DVD雑記帳(5)

新聞の占いによると、夏の疲れにご用心ーだそうです。獅子座のみなさん、睡眠が大切な今週だそうです。お互いに気をつけましょうね。

という事で、ずいぶんご無沙汰のDVD短評であります。

”アウトブレイク”。
ウォルフガング・ペターゼン監督、ダスティン・ホフマン主演です。”Uボート”と”ネバーエンディング・ストーリー"監督の作品です。世評ではその後長期低迷になったとされますが、これはマアマアの出来でした。
皮膚が腫れ体中の穴という穴から出血!!と聞いていたのでグロイのかなと思った。そうなっていない。ご安心ください。モーガン・フリーマンがめずらしく悪役?と思ったけど、フムフム。。。そうでもない。細菌兵器の怖さがリアルというより、サスペンスフルに描かれている。前半はかなりモタついているが、それに耐えれば、クライマックスは迫力あるアクションになっています。

サンドラ・ブロックの"あなたが寝てる間に”。
"微笑をもう一度”が退屈だったから、懸念しつつ観た。サンドラがカジュアルな感じで魅力的だ。シカゴの地下鉄駅を添景にしたロマンティック・コメディーである。ラブコメでないのがいい。クリスマス映画の一変種という見方もできるが、素朴な空気が流れているから、気持ちが和みます。じつは昨晩に、キャプラの"素晴らしき哉、人生!”を観て、本質の部分では、あんまり変わっていないなあと再認識をした。善意はいいことーに時間の隔たりはないのですね。
まあ、男性陣があまりパッとしないのが難点ですね。夏バテ気味の方は、この映画を観て深呼吸でもしてみましょう。オススメの小品。

ドリュー・バリモアの”エバー・アフター”。
シンデレラ物語ではなく、ホンモノのシンデレラ映画だが、少々お転婆なシンデレラのお話。のどかなテンポでありますが、時代風俗が楽しめる。シンデレラと王子の関係は現代的解釈で描かれている。
落ち着いた映像でゆったりきぶんで楽しめる。バリモアがまだ、初々しい。ラブコメ大好き人間だと、だれるかもしれないな。
疲れたおぢさんは、この作品やジョニー・デップの”ネバーランド”のようなガッチリした構図の絵を観ると、ホッとする。ジャンヌ・モローが脇を固めている。一応、あきないで楽めました。

ブライアン・デ・パルマ監督の”スネーク・アイズ”。
ニコラス・ケージ主演だ。同名で、ハーヴェイ・カイテル、マドンナの映画もあるから、ご注意あれ。開巻のボクシング・リング周辺の長まわし、手持ちカメラ多用はいかにもデ・パルマらしい。銃撃シーンは派手で、切れ味がよろしい。彼らしいファーストボールを投げている。
だが、サスペンス映画として観た場合、だんだん先細してゆく憾みがあり、
クライマックスに焦点をあてると、
”ミッドナイトクロス”の祭りの花火を遠景にしたride to rescueの華麗なダイナミズムや、
”カリートの道”のグランド・セントラル・ステーション構内でエンエンと繰り広げられるド派手なドンパチと較べると、相当見劣りするのは否めない。
サスペンス・アクションはだんだんよくなる法華の太鼓でないと、ダメですよね。

長澤まさみ・速水もこみちの”ラフ”。
つまらなかったデス。残酷ないい方ですが、真夏なのにお寒い気分になりました。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
by nonoyamasadao | 2007-09-02 14:04 | ミステリ映画 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< わが心のバリー・レビンソン サマー・ホリデー >>