人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(887)
(736)
(226)
(192)
(185)
(160)
(124)
(102)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サム・メンデスのロード・トゥ・パーディション

「ロード・トゥ・パーディション」を昨晩、やっと観た。いい作品だろうと思ったけど、サム・メンデス監督だからなあ、病んだアメリカを描いた作家だから、マフィアの解釈もかなり屈折してそうってんで、長いことオクラというか敬遠してきた。あ、今日も”ながら”で書いていますっ。
結論を先に書く。これは現代ギャング映画の名品である。地味にして滋味である。洒落ではない。一言で言えば、渋い、よくできた家族映画だ。以下、ネタバレありだ。

映像が素晴らしい。美しく、静謐にして、酷薄だ。抑制のきいた堂々たる構図だ。だって、「明日に向かって撃て!」のコンラッド・L・ホールの撮影だもんね。「夕陽に向かって走れ」もそうだ。双葉先生が、おつぎは「俺たちは明日に向かって走れ」を撮ればよいのに・・・と駄じゃれを書いていた。「アメリカン・ビューティー」の撮影もこの人で、俯瞰ショットが冴えていた。
「ロード・トゥ・パーディション」だと、明暗のコンラストが鮮やかである。雨降りの夜、少年が見たのは・・・。それは戦慄!これって、前作でも隙間からっていうのは、やっていましたね。

ジュード・ロウは舞台出身だそうだが、かなりの悪役だけどじつは儲け役って奴だよね。かなり凄んで睨んだりして雰囲気でてる。近作「ホリディ」だと妹おもいのお兄さん役だものね、なんたってキャメロン・ディアスのお相手ですからね。この落差が堪らない人も多いかも。

そして大御所、ご贔屓のポール・ニューマン。引退表明をしたけど、ほんと、長いことお疲れ様でした。ハリウッドの良識であり、知性だった。
「銀の盃」でデビューしたとき、双葉先生(尊敬してるんだ)が”マーロン・ブランドの不肖の従弟みたい”と書いたけど、その後の「傷だらけの栄光」ですぐさま、”顔はマーロン・ブランドに似ているが、もっと荒けずりでユーモアとあかるさがある”と書いている。これを’56年に書いた双葉先生はやっぱり、偉い人だ。その後のニューマンの役者人生を見抜いていたとしか思えない。

でも最後はマフィアというのも、「ゴッドファーザー」のブランドと同じだなあ。
ブランドも孫娘と遊んでいて死んだが、こちらは「お前で、良かった。」で死ぬんだけど、ハンクス君のアップで終始して、撃たれたニューマンを全て省略した、リアクション・ショットだけの演出は憎いね。やってくれるではないか。

さて、この親と子供、そして家族テーマだが、ストレートで気持ちいい。
バリー・レビンソンの「わが心のボルチモア」の火事のあとの、父と子の会話も心に沁みたし、ウェイン・ワンの「ジョイ・ラック・クラブ」の母と娘のエピソードだって、ほのぼのとしていた。
こういうのは、日本映画が得意なはずだけど、なんとかならんのかね。まあ、「手紙」くらいか。藤田敏八の「妹」のちょい下くらいなら、たくさんできそうなものだが。
にほんブログ村 映画ブログへ
新作映画情報「映画生活」
by nonoyamasadao | 2007-07-11 12:07 | ミステリ映画 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 14歳の本棚ー許せない ながら族 >>