人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
タグ
(891)
(740)
(228)
(192)
(185)
(160)
(124)
(104)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
おいしいもの見つけ隊 隊...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ジョージー・ガール

 穴沢ジョージさんが、シーカーズのジュディのことを書いていて、50年近く昔のことを思い出した。

 大学2年になって、ミステリ同好会に入部した。
さっそく、映画通の同好会の2大巨頭の諍いに巻き込まれた。

 高校のとき、『ジョージー・ガール』を観た。
ヒロインは、リン・レッドグレーヴで、バネッサの妹さんだ。
ヒロインは彼氏いない歴がずっと続いて、他方、ルームメイトはモテモテ、ボーイフレンドをとっかえひっかえの我儘娘。
ところが、ある日、ルームメイトがご懐妊、さぁ、どうしよう、大騒ぎさ。。。というコメディーだった。
ルームメイトが若き日のシャーロット・ランプリングで、やっぱ、クール・ビューティでした。
けれど、後年の『評決』のアンニュイな感じや、『愛の嵐』のような変態的なエロスは、想像だにしなかった。
モノクロ映像で、ロンドンの街角が楽しかった。

 同じ、シルヴィオ・ナリツァーノ監督の『血と怒りの河』は、人種テーマを持ち込んだアクション西部劇だった。
開巻の群青色の空に真紅のスカーフが舞うシークエンスから、見入ってしまった。
川を挟んだ壮烈な銃撃戦、苦いラストと大ロングショットは今も、憶えている。

 ミステリ同好会の牢名主的存在の4年生と3年生の映画通は、ともに『血と怒りの河』の大絶賛は変わらずだが、『ジョージー・ガール』となると、その評価は真逆だった。

 3年の映画通から、シャーロット・ランプリングがピアノに寄りかかっているショットがよかったよねとか、ロンドンの公園や教会の映像美がよかったねと同意が求められた。
ボクはセリフがビビッドでよかったし、珠玉の映像でしたと、あいづちをうった。

 4年の牢名主の先輩は、「S(3年の映画通)は、『ジョージー・ガール』なんかを褒めるから、イモなんですよ。あんなのを褒めたら、ダメです。あなたも絶賛してると聞いたけど、本当はどうなのかしら?」と、真意を質された。
ボクは、たしかに『血と怒りの河』の原色主体の圧倒的な映像美には、ずいぶん劣るけれど、『ジョージー・ガール』は大好きです。
要は、”イモだけど、傑作です”と答えた。

 牢名主さんは一瞬、フ・ク・ザ・ツな表情を浮かべたが、破顔して、「イモだけど、傑作ねえ・・・・合わせ技ですな」と笑って言った。
ボクは、まあ、言葉の綾ですと、やり過ごした。

 以来、”イモだけど、傑作”というフレーズが独り歩きして伝わり、ボクの阿諛迎合が咎められた。
まあ、それは仕方ない。

 50年経った今、「イモだけど傑作」というのは、苦し紛れではあったけれど、あれはあれで、ある意味で適切であったな。。。と思う。

 今も、あの頃のことを思い出すと、モノクロで、すこしせわしないけれど、空気がさっぱりとしていた贅沢な時間が蘇ってくる。
それにしても、ずいぶん、時間が流れてしまったなあ。





by nonoyamasadao | 2019-02-27 11:50 | 雑文 | Comments(2)
Commented by 穴沢ジョージ at 2019-03-20 01:42 x
「イモだけど傑作」は名言でしょう。
あのようなイモさ加減が楽しいのだから、どうにも仕様がありませぬ。
いわゆるある種の英国風ユーモアは、あんなところにもあるということでしょうか。
ああ、また見たくなりました。
今度借りてこようかしらね。
しかし、曲と歌声が実に爽やかで良かったですね!
Commented by nonoyamasadao at 2019-03-21 09:45
To 穴沢ジョージさん
>いわゆるある種の英国風ユーモアは、あんなところにもあるということでしょうか。
------
イギリス的ユーモアって、ある時期、憧れましたね。
もっとも、ミステリとか、ヒッチコックしか、知りません。エドマンド・クリスピンとか好きでした。イギリスのケンブリッジやオクスフォードのような大学町が持つ、伝統と明るいユーモアが楽しめる佳作。 乾いていて、軽い感じで、ドタバタもあって、楽しい。
あと、「ボートの三人男」も好きだった。ゆっくり、まったりで、クスリと笑う感じが、楽しかった。
ボクも、イギリス勤務だったら、人生変わってたろうなあ。行きたかったデス。
名前
URL
削除用パスワード
<< 今年のサクラ いいことあるっかな >>