人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(887)
(736)
(226)
(192)
(185)
(160)
(124)
(102)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一人ぼっちの大つごもりの夜

 大つごもりなのに、早起きして、だて巻き、かまごこ、栗きんとん、黒ラベル、トーフ、ネギ、ゆでソバ、めんツユなどなど、スーパーで買いこむ。
一夜飾りはイカンと老母が言っていたので、しめ飾りは、昨日に買った。
一番、しょぼいのを探して、買った。
リビングには、昨年買って、育って大きくなったポインセチアと、ついこの間、買った小さなのもある。
見ると、大きなポンセチアは、葉がぐったりして、ほとんど枯れてた。
イカンなあ、老母が骨折入院してから、水を一滴もあげていない。
コップに2杯ほど、翌日になると忘れるに違いなので、今日になった真夜中に水を注ぐ。

 あけて、翌日。
現金というべきか、いや、我が怠慢こそ恥ずべきであろう。
ポインセチアは、鮮やかに、蘇っていた。
いや、よかったあ。

 大島弓子さんのマンガだった。
『秋日子かく語りき』だったかな。
フランクリンと名付けたベンジャミンが枯れていた。。。というカットがあったなあ。
あのころは、観葉植物などまったく、興味なかったけれど、年のせいかな、最近はイノチあるものは、なんだか気になるようになったのだよ。

 この年齢になって、ひとりぼっちははじめての、おおつごもりの宵だった。
やはり、すこし人恋しいけれど、、まあ、自業自得である。
デパ地下に行くが、家族向け仕様の刺身の詰め合わせや、お刺身も柵ばかりだ。
まあ、そりゃそうだ。
うつくしく柵を切れるかどうかは、家人か包丁次第だが、お正月は家族で過ごすものである。

 早めに風呂に入って、早飲み支度をする。
と、手前勝手な電話が2本も、しつこく鳴る。
あ~あ、仕方ない。
出た。

 でも、電話というのは、そもそも相手の事情など関知しないものだ。
おおつごもりの営業など論外だが、相手にも罪はない。

 電話の相手は、小さなドラマになるよ~な人たちではなく、善良な人たちばかりだった。
でも、でも、ですね~。今日と明日だけは、とことん大酒を飲むつもりだったのです。
邪魔が入るのは、イヤだったなあ。

 さて、そろそろ、ゆでソバとつゆを買ったので、年越しそばで、もうイッパイやっか。
今、紅白では、北島三郎さんの『まつり』をやっている。
ああ、平成最後の大つごもりである。

 みなさまにとって、来年もまた明るい、よい年でありますように。そして、ついでにボクにも。
今年もいよいよ、終わるんだな。





by nonoyamasadao | 2018-12-31 22:16 | 雑文 | Comments(2)
Commented by えらりあな at 2019-01-17 22:32 x
初投稿
ときどきのぞいています。やつばり、文章が上手いなあと、感心してしまう。同じ年齢をなげいたところで、詩情あふれるあんな文章は書けないなあ。比較することが、そもそも失礼なんだけどね。
去年母を亡くし、このところ腰椎すべり症で、毎日どこかしら足腰が痛い。あと何年生きられるだろうと考えてしまう。
高血圧だし、大動脈も石灰化している。家の近くの蝋梅がそろそろ咲き始めるが、毎年その香りで春を迎える。
今日見ると、蕾が膨らみはじめて、今年も春を迎えられそう。
お母さんが骨折とのこと。お大事に。
Commented by nonoyamasadao at 2019-01-18 00:45
To えらりあなさん
>去年母を亡くし、このところ腰椎すべり症で、毎日どこかしら足腰が痛い。あと何年生きられるだろうと考えてしまう。
----
えらりあなと聞くだけで、あの頃に、戻ってしまうのって、ある意味で凄い。今年は、年賀状、交換できなかったから、書き込んでくれて、うれしい。
お母上の声、最後にお聞きしたのは、いつだったかなあ。いつも落ち着いていて、ゆっくりしたあたたかい感じでした。合掌。
あと何年生きられるだろう。。。とか、つい最近になって、すこし、考えるようになった。やっぱ、体力が落ちたからかなあ。あちこち検査して、不安がイッパイになって、やれやれ、まっ、いっかを繰り返しています。
あなたは、孫の顔を見るまで、ゼッタイに生きないとね。奥様も若いし・・・・。うらやましい。

>家の近くの蝋梅がそろそろ咲き始めるが、毎年その香りで春を迎える。
---
この地では、蝋梅はまず見ない。早春の黄色い花、サンシュユ、土佐ミズキ、マンサクとかも見ないなあ。大好きなのに。
この2月の中旬に、6度めの引っ越しをします。そのたびに、貧乏になっていく。粗大ごみ処理を頼んだら、2tトラック、3台になりました。今、家の中、ガラガラです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 月夜の紅梅 あまり、うれしくない >>