人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
タグ
(891)
(740)
(228)
(192)
(185)
(160)
(124)
(104)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
おいしいもの見つけ隊 隊...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


あまり、うれしくない

 老母が自宅リビングで転倒、救急搬送する。
う~ん、フローリングの平らなところだけど、魔がさしたのだろう。
もの凄い音がした。
手術後、あまりに痛がっていたので、かわいそうだったが、どうにか元気になる。
よかった、よかった、一安心だ。
古希近くして、マザコンは治らず、我がマザコンよ、永遠なれである。

 昨日は、久方ぶりに、デパートへ行く。
デパ地下2階で、サヨリ刺し、白魚刺しなど買う。キブンは早春である。
地下1階で、葉ワサビとアミの佃煮、野菜主体の串揚げなど買い、ついでにクッキーの詰め合わせなども買う。
帰りのタクシーで、サヨリと白魚でイッパイは久しぶりだなあ。。と、夢心地になる。

 帰宅して、柚子がないのに気づく。
これから、スーパーはめんどいなあ、でも、風邪ひきはもっとヤダなと、クヨクヨと悩む。
結局、スーパーに行った。

 黄色いつややかな柚子が5個、湯船にプカーリ、プカーリと浮かぶ。
甘酸っぱい、爽やかな香りと、柚子特有のくせのある芳香を堪能する。
邪道だけれど、ついでに温泉の素、長野五色の湯も入れた。
これじゃあ、ぶち壊しではないか。風流を解さぬ愚か者と思ったあなた、一度、おためしあれ。
冬至の湯治場ってのは、こんなものではないかいといった趣がある。
 
 そうだった。去年の冬至は、夜、呑み会だったので、真昼間から柚子湯に入ったのだった。
お湯には、十和田の温泉の素を入れようかなあ、フツー、入れないでしょ。。。で、悩んだのだった。
結局、え~い、入れてしまえ。やりすぎかなあ。。。。と思いつつ、幸せな時間を過ごしたのでした。
今年は、去年の学習効果で、悩まないですんだ。

 過日、若い女性2人と打ち上げで、刺身で、酒を飲む。
ジャニーズのイケメンの話を聞きながら、なんだかな、たしかに皆、ハンサムだけど、苦み走ってないし、屈託などみじんもない若者ばかりだ。
もっとも、苦み走ったジャニーズってのも、かなり不気味かもしれない。
さしずめ、ワタクシなど今の時代に生まれてきたら、昔もろくでもない青春であったけれど、今なら、絶望であるなあと悲しく、呟く。
若い女性は、いえいえ、性格イケメンがありますと、妙ななぐさめ方をしてくれた。
正直言って、あまりうれしくない。すくなくとも、素直によろこべない。

 性格イケメンって、結局、なんのとりえもないダメ男のことなんだろうな。
でも、まっ、いっか。





by nonoyamasadao | 2018-12-23 17:35 | 雑文 | Comments(4)
Commented by 穴沢ジョージ at 2018-12-24 12:57 x
ごぶさたです。今年もあとわずかですなあ。
お母様、お大事になさってください。
うちの母も転倒からの大腿骨骨折やってから、一時随分弱りましたが、手術後のリハビリからの驚異の回復で、周囲を驚かせました。
大正生まれは違うと思いましたっけ。
「冬至の湯治湯」とは、「柚子湯は譲れない」みたいなもんでしょうか。
良い正月を。
Commented by nonoyamasadao at 2018-12-24 17:23
To 穴沢ジョージさん
>うちの母も転倒からの大腿骨骨折やってから、一時随分弱りましたが、手術後のリハビリからの驚異の回復で、周囲を驚かせました。
----
こちらこそ、ご無沙汰です。シュープリームス(今、こうは書かないようですが)のクリスマス・ソングは、なかなかですね。よかったです。このところ、読み逃げばかりで、すいません。
その大腿部骨折って、ヤツですよ。これからのリハビリが大変そうです。大正最後なので、頑張ってくれると思います。
辺野古の土砂投入とか、何てことしやがるんだ。。。。と、心底、立腹してます。
また、お正月が来ますね。そちらは、喪中なんですね。
来年は、穴沢家ご一家にとって、明るい、よい年でありますようお祈りしています。そのうち、また、遊びに行きます。
Commented by 穴沢ジョージ at 2018-12-26 02:01 x
シュープリームス聴いて頂けて嬉しいです。
(↑これ以外どう書けと言うんだ)
読み逃げについてですが、近頃のやつは読んでほしく無いような、まさに駄文ばかりです。読み逃げされて当然。こちらの見事なエッセイと比較しては、ため息が出るばかりです。ま、ルーティーンで週一というような書き方をしている方が悪いとは思いますけどね。
ぼくの場合は結局読み逃げになってしまうのは、何をどう書こうか考えているうちに朝になってしまうからなんです。ホントに。
お母様は大正でしたか!なら大丈夫。太鼓判ですよ。
ところで、うちは兄が亡くなったのが去年なので、喪中ではないと思いますが。どうなんでしょう。こういうことよくわかっていないんですよね。
Commented by nonoyamasadao at 2018-12-26 12:29
To 穴沢ジョージ さん
>ところで、うちは兄が亡くなったのが去年なので、喪中ではないと思いますが。どうなんでしょう。こういうことよくわかっていないんですよね。
----
あらら、いい加減なことを書いてたいへん失礼しました。ボクの先輩なのに。やっぱ、年ですねえ。今年と去年がゴッチャになるようでは。
週一で、世のため、人のためにもなる楽しくて、素敵なことをなさっている。ご苦労もあると思いすが、羨ましいです。
ボクはあと2年で定年で、これだけ働けるのは大感謝なのですが、そのあと、なにをしよう。な~んもない。
せめて読書を・・・ってんで、それもできれば、暗くないヤツをってんで、天藤真『大誘拐』、獅子文六『箱根山』、井伏鱒二『駅前旅館』、キャロル・オコンネル『クリスマスに少女は還る』とか、昔読んで怖かった本格ミステリの島田荘司の『北の夕鶴2/3の殺人』とかを買いました。
昔、古本屋まわりをしても、ゼッタイに買えなかった本が文庫本化されたり、高価でもよければ、ネットで何でも買えちゃう。うれしいようでもあり、これでいいいのか・・・みたいな気持ちになります。ありがたみがないっていいますかね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 一人ぼっちの大つごもりの夜 人生は六十一から >>