いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古希が近いというのに

  安室奈美恵さんが引退された。若い人たちは大騒ぎだったが、ボクにはピンとこなかった。
安室ファンの人、ごめんなさい。
嫌いとか好きの問題ではなく、ボクが時代の感覚とズレたのだと思う。

 かなり以前に、ケーリー・グラントの方が、ジェームズ・ステュアートより4才も年長なのに、スチュワートの方がずっと老けているという記事を読んだ。
書いたのは、小林信彦さんだったと思う。
そっか、たしかにそうだなあ。
『リバティ・バランスを射った男』のステュアートは、ヨレヨレのおじいさんの風貌だった。まだ、54才だった。
それに比べ、なるほどグラントの方は『北北西』が55才、『シャレード』が59才だ。やっぱ、若い。
26才年少のオードリー・ヘプバーンをロマンスの相手にして、違和感がない。
『北北西』なんか、そういう役とはいえ、あちこち、縦横に走り回って逃げていた。若々しい。

 でも、ボクが若かったせいか、グラントよりも、ステュアートの方が渋くて好きだった。
グラントさんは、甘いマスクだったけれど、すこし軽薄な感じでそれほど好きではなかった。
今思うと、洗練されていた。
日本人でも池部良さんとか、2枚目俳優は妙に苦手だった。コンプレックスとか、嫉妬なのかもしれない。

 でも、よくしたもので、ケーリー・グラントさんは82才でお亡くなりになり、ジェームズ・ステュアートさんは、なんと、89才まで生き延びた。
外見と寿命は必ずしも一致しないようだ。

 考え方てみれば、オードリー・ヘプバーンは、おじさんばかりが相手役だった。
相手役といえば、30才年上のハンフリー・ボガート、28歳年上のゲイリー・クーパー、21才年上のレックス・ハリソンですからね。

 東京で、リーマンをしていたころ、若い女性にダブダブの服が流行った時代があった。
なにも知らないボクは、若い女性社員がセーターの袖などを折り返しているの見て、それはファッションなのですか?それともサイズが大きいの?と、失礼な質問をしたのを思い出した。
今だったら、セクハラになるかしらん。
ご本人が不快に感じてたら、きっと、セクハラだったのかもしれない。
女性がゆったりめの服を着ているのは、可愛い。好きだなあ。
お風呂あがりにだぼだぼのワイシャツを着るとか考えるだけで、堪りません。

 今思うと、ダブダブの服を着ていた方が、華奢で、可愛らしく見えるのを知ってて、そうしてたのかしら。
彼女たちは計算していたのかな。
ボクはひょっとしたら、その戦略にまんまとしてやられたのかもしれない。

 だとしたら、枯れ専女子のオードリー・ヘプバーンさんも、実は、おじさん相手の方が、自分が愛らしく見えるのを計算していたのかもしれない。
八千草 薫さんなんかも、谷口千吉監督とならぶと、いつまでも初々しかった。

 しかし、古希が近いというのに、こ~んなことを考えているのは、そうとうマヌケですね。





[PR]
by nonoyamasadao | 2018-10-06 17:09 | 雑文 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/30089429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 長部日出雄さんを偲ぶ 夏休み最後の日 >>