いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
タグ
(882)
(731)
(223)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
ごぶさたです。今年もあと..
by 穴沢ジョージ at 12:57
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


年の瀬

  年賀状をまだ、書いていない。
一言そえるのは、どうしよう。
定年まで、あと3年になります。。。とかじゃ、どうもぱっとしない。

 来年の目標を考える。
だったら、腹筋を鍛える、少し、早めに歩こうかな。
昨日、こたつに足を突っ込んだとき、おなかがポコッと出てるのを、今になって、気づいたからだ。

 毎日、5000歩くらいは、歩いてはいるけれど、だらけきって歩いてる。
時々、鬼のような必死の形相で早歩きする、ボクより年長者がいるけれど、あれって、かえって、体によくないような気がする。

 年末年始にみる映画を探してて、新海誠さんと細田守さんのDVDを買ってしまった。
そう、今年になって、遥か年少の友人たちから、アニメの面白さを教わった。

 大みそかと元旦だけは、しこたま、お酒を飲もうと思う。
その後は、9日間、休肝日にしよう。
もともと意志薄弱なのが、さらに弱くなり、誘惑に抵抗することなく、従うことになった。こりゃ、イカンですよ。
亡父は、ボクが享楽的なタイプだと、嘆いていたようだ。
 フム、最初が肝心だ。不退転の決意である。さて、どうなるか。

 今年は、脳ドックでひっかかり、心電図でひっかかり、どちらも怖い思いをして、再検査して、問題なかった。
先ずは、よかった、よかった。

 クリスマスに、遥か年少の友人たちから、ポール・スミスの高価そうなハンチングを頂く。
彼らの来年が平和で、シアワセであることを祈ろう。

 大みそかの晩は、やっぱ、カニ鍋にしようと思う。
矢田亜希子さんがドラマの中で、カニの入らない鍋は、鍋じゃないと言っていたのを思い出した。





by nonoyamasadao | 2017-12-27 11:42 | 雑文 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 年賀状 理想と現実の間 >>