いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


健康診断

 『続・最後から二番目の恋』に、人間ドックでの健康診断をすすめられ、醜くも抵抗する小泉今日子さんのシーンがある。
ジタバタするのは、まったく同じだあ。
ボクも会社員時代は、検診の時間帯は、しばし、トイレに閉じこもっていたことがある。

 一度だけ、悪い先輩(本当は、心優しい)が面白がって、検診場から電話をかけてきて、ご指名で呼び出しがかかっている。。。と言って、医務室の女性に変わった。
ドナ・ドナ・ドーナである。
まあ、暗い廊下を歩いていたら、屠殺場の引かれるようなドーンと落ち込んだ心境になる。
目をつむって、採血したら、な、なんと二本も血を採られたらしい。
見てた人が教えてくれた。こと、健康問題については破滅型ふうでありながら、とことん、男らしくない。

 来月の検診に備えて、15日の休肝日を1日増やして16日にしたけれど、どうも勝つ気がしない。不安はますます、つのるばかりだ。
中井貴一さんが、「確実にじじぃに向かってんだな~」とシミジミつぶやくが、だったら、ジジィはどうする?
小泉今日子さんのように、ぜったいに勝つという闘志すら年々、薄れてく。
ウ~ム、暗い。

 仕事部屋からの帰り道、小学校の菩提樹に黄色い花が、ぽよぽよと咲く。
ぽよぽよとは何ぞやと突っ込まれると困るけど、そ~んな感じだ。
ハート型の葉先がすーっと伸びて、なんだか、気持ちがなごむ。

 空き地には、とうとう、マンションが立ち上がって全容があきらかになる。
立派というべきか、でかい。
先の歩道を、髪の長い女性が自転車で走っている。
紫陽花が鮮やかに咲いて、なつつばきの白い花が、ひっそりと咲く。

 背広の背中に、西日が陽だまりをつくっているように、背が暑い。

 ボクの定年退職後は、老母が寝た後、深夜、ひとりでビールを飲みながら、『 続・最後から二番目の恋』など、見ているのかなあ。
それも悪くない。

 願わくば、海の見える場所か、落ち着いた町並みで、ところどころに、ほほけたススキなど揺れるところに住みたい。





[PR]
by nonoyamasadao | 2015-05-29 11:18 | 雑文 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/24074439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mitsuketai at 2015-05-29 19:09
私にとって健康診断は苦痛も多く、結果はまるで出来の悪い通知表をいただくみたいでいやですが、がんが見つかって、優秀な先生に手術をしていただいて、九死に一生を得た今となっては、早期発見できればできるほど軽い手術で助かる確率も高くなることを痛感しています。そうはいうものの、検査はいつになっても嫌なもので、特に胃カメラなんて身構えるし、涙やよだれたらたら毎回見苦しいところを見せています。そういう部分は割り引いても、命あっての人間ですから、やはり年1回の健康診断は大事だと思います(ペコリ)
Commented by nonoyamasadao at 2015-05-29 20:58
To mitsuketaiさん
>がんが見つかって、優秀な先生に手術をしていただいて、九死に一生を得た今となっては、早期発見できればできるほど軽い手術で助かる確率も高くなることを痛感しています。
-----
今晩は。ご無沙汰してます、どーもです。
そ~だったのですか。いや、健康回復、おめでとうございます。かく申すワタクシも、約9年前に、手術で助けてもらいました。それからですね。検診を受けるようになったのは。
まあ、とどのつまりはご指摘の通りなんですよね。
ボクも、あれこれ、再検査で、CTを撮ったり、心エコーとかで不安な日々を過ごし、結果を聞いて、ああ、よかった。。。を繰り返してます。
でもね、子供のころのように、まあ、できることなら、やりたくない。。。。ですよね。
Commented by mitsuketai at 2015-05-30 00:25
皆さんそれぞれ大変な経験をされておられるのですね!お互い身体を労わりながら、こうしてコメント交換できるありがたさを続けていきたいものです(ペコリ)
Commented by 閑居 at 2015-05-31 10:28 x
健康診断をする頃に、またなりましたね。
それに備え、節制するのも、身体に良いかもしれない。
海の見える場所に住むのは、小生は海なし県で育ったので、旅館に行った気分になるだろう。
Commented by nonoyamasadao at 2015-05-31 15:21
To 閑居さん
>海の見える場所に住むのは、小生は海なし県で育ったので、旅館に行った気分になるだろう。
------
ここ、ちょっとご無沙汰でした。元気してた?
この年になって、3つ、お座敷がかかって、かなりハード。検診結果は、かなり心配だよん。
まっ、どーせ、どっかこっか、引っかかるでしょうけど、それなりならよいなあ。。。と祈ってる。
海の近くの温泉には、よく行きましたね。西伊豆、五浦、田野畑とかね。我々、関東平野のど真ん中に住んでいたのも、関係あるかもしれませんね。
それより、もう、お酒はたしなむ程度みたいですね。
エライです、尊敬します。長生きはしたいけれど、酒はやめれそうにない。
Commented by nonoyamasadao at 2015-06-04 11:44
To まめ蔵さん
>ぼちぼちですか~?検診。
ああ、また1年経ったんだなぁって、妙に感じ入ってしまいました。
------
今日は。
大騒ぎして久しいですが、まだ一週間くらい先です。
毎度のことで、お恥ずかしいですが、ほんと、1年ってはやいですね。
お誕生日の代わりに、検診がやってくる。
ドラマみたいに、1年間、無事で過ごせたことに感謝。。。の心境には、なれませんね。今、めのまえにある検査という心配に、おそれおののくという感じです。

>健康診断、健闘を祈ってますよん(^^)v
-------
これから、闘志を燃やし、高めていかねば・・。
アジサイ寺ですかね、昔井の頭線は、アジサイきれいでしたけれど・・・、いま、どうなってるだろう。
Commented by 弥生 at 2015-06-09 22:49 x
赤い鈴蘭は咲く~~をたまに思い出し、カラオケで検索しても無く、歌詞を検索したらこちらのブログに出会いました。
2008/02/02/の記事です。小学校5~6年生だったと思います。西田佐知子さん主演、相手役石濱朗、石濱さんに横恋慕する悪役に凄く綺麗な冨士真奈美さん。当事、冨士真奈美さんをとても憎みました。テレビが家に来た直後位で9時からだったのか、父が「9時迄」と言って野球に切り替えて、父に食って掛かったのを覚えています。多感な思春期の始まりだったのでしょうか。今観たらあまりの陳腐さに笑ってしまうかも知れません。でも、懐かしかったです。だいぶん前の記事なので、ブログ今もあるかな?と思ったら現在も書かれていたので、こちらにコメントさせていただきました。
Commented by nonoyamasadao at 2015-06-10 14:21
To 弥生さん
>父が「9時迄」と言って野球に切り替えて、父に食って掛かったのを覚えています。多感な思春期の始まりだったのでしょうか。
------
今日は、はじめまして。ボクは中一くらいでした。
母が毎回見てて、まだ、小悪魔とか言われたころの加賀まりこさんが出ていたのを記憶しています。
お父上とのやり取りも、今となると、よい思いでですね。なにせ、50年以上も昔です。
母は年はとりましたが、今も、元気でお世話になってます。こういうコメントを頂くと、ダラダラとなかみのないブログやってて、よかった。。。と思う瞬間です。
名前
URL
削除用パスワード
<< 梅雨時の憂鬱 北村薫さんの新刊本 >>