いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
タグ
(883)
(732)
(224)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
ごぶさたです。今年もあと..
by 穴沢ジョージ at 12:57
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


秋の断章

  今月の上旬、ことし2度目のBBQに出かけた。
若い人たちに混ざって、車は山道をゆるやかに、運転する若者のせいか、ばかにのどかーに登る。
森の中にバンガローというべきか、コテージがポツリ、ポツリと散在している。
弱くなったはずの陽光は今日は、賑やかで、穏やかに、でも燦々と降り注ぐ。
ウム、森林浴であるなぁ。
落葉樹林の葉叢のおおかたは、赤や黄や、茶色に染まっている。
まだまだ、陽は暖かくて、木々の葉の組み合わせのつなぎめをぬって、木漏れ日がこぼれ、地面に斑模様を描いた。
そういえば、去年の今頃も、同じところで、同じことをしていた。
ときおり、梢をプルンと揺らして、気持ちよい風が吹き抜けていく。

 若い人たちは、着火した炭火で、BBQの料理をしている。
時は1年過ぎ、去年の若者たちとはそれぞれに手を振って別れ、今頃はあちこちで活躍しているだろう。
ピーターパンとウェンディの物語のように、皆は姿を消し、私だけ、立ち止まったままだ。
ボクは、渋茶でも啜っていればよいのだろうけれど、不謹慎にもビールを飲む。

 今、目の前に展開されている青春を横目でチラ見しつつ、真っ昼間から、遠い昔のセイシュンを懐かしく思い、ときおり、舞い散る枯れ葉など眺める。
二本目のビールを飲む。
年若い、女の子たちが運んでくれる焼き野菜など食し、げに女子力というのは、エライものだなあ。。。と、ありがたいものだなあとシミジミ思う。
女の人は、いつの時代でもエラいんだ。
若くっても、年いってても、やることはやる。

 てなことを考えつつ、我が方はといえば、昔も今も、アウトドアだって、いつだって居酒屋状態なのは、いかがなものか?
しばし猛省する。

 でもね、エクスキューズはいらないから、まっ、いっか。
じゃあ、また飲んじゃお。

 マシュマロの串焼きを去年に引き続き、2度目を食し、不思議な味覚だが、なんだかおいしい。。。と思いながら、またまた、ビールを飲む。
そのうち、キノコをとってみようかしら。。。とか、傍らの女子が呟く。
あぶない、あぶない、おいっ、やめろって。
『センセイの鞄』の樹木希林さんの笑い茸を食べちゃったあとの怪演が、マザマザと脳裏をかすめる。
笑い死にってあるのだよねえ。

 ああ、きょうもそろそろ、暮れるなぁと思いつつ、ビールは飽いて、今度は日本酒をいただく。
でもまだまだ、秋の午後の陽光は明るいなぁ。

 こーゆーのを、至福の時というのかもしれない。
森にはないはずのキンモクセイの甘ーい香りが、どこからか流れてきたが、姿かたちはどこにも見えない。
きっと、あなたはバラの香りが苦しくて、涙をそっと流すでしょう。。。。ブルコメの歌詞が頭に浮かぶ。

 ああ、花の香りが苦しいっていうのはこういうことか。
生まれて、初めて、今になって実感した。いつだって、遅すぎだよ。





by nonoyamasadao | 2015-10-21 18:10 | 雑文 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ツーコンの極み 子供のころの夢 >>