いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


砂に消えたラブレター

  『サマーヌード』の10話を観ていたら、ヒロインが“サイコーの夏をありがとう”と砂文字を指で書いてた。
青い月の光は浴びてなかったし、愛のかたみを埋めてはいなかったけれど、遠からず、波に消されていく。
若い季節の夏の終りは、いつだって、センチメンタルになった。
 
 ドラマでは、二人でしけった線香花火をするのだが、“絶体絶命の窮地から復活してくる感じ”だとか意味不明なセリフがあった。
線香花火と『ダイハード』は、ボク的には、まったく結びつかない。

 一人ぼっちの線香花火は、さぞ、さみしいことだろうと想像してみる。
ボクもいまだ、経験してないし、経験したくもない。

 子供のころに、ご近所の悪ガキたちと夜の縁側に座って、小庭に向かい線香花火をした。
少しでも、長持ちをさせようと、まっすぐに持つ。
点火した後、火玉にならず、つぼみのままの玉が落下することが、たまにあった。

 マッチをすって、ヒマワリ色の火がつくと、息をとめて、じぃーっとつぼみの玉だけに集中した。
火薬の匂いがかすかにして、チリチリチリという音がして、黄緑色のマンサクの花のような、松葉のような光の矢が飛散する。

 ただ、じぃーっと息をつめて見守っていた。
あれは、何故だったんだろう。
最後の玉が落下したときに、子供心に、物の哀れのような気分になった。
淡くほのかで、遠慮がちな華やぎが消えて、夏の闇が小庭に広がる。

 な~んか、繊細で、短めの人生のようだ。
寺田寅彦センセイだったか、蚊のいない夏は、ワサビのない刺身のようだとか書いてた気がする。
今や、北村薫センセイではないが、”蚊はいやよ 刺すから”そして、こわい病気があるからの心境だ。

 毎年のことだけれど、夏の終りになると、深夜のバス停で一人、バスを待っているような気持ちになる。
この心細さは、きっと年令からくるユーウツかもしれない。
だったら、やだなあ。




[PR]
by nonoyamasadao | 2014-09-11 15:29 | 雑文 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/22905804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nonoyamasadao at 2014-09-14 08:37
To まめ蔵さん
>この時期になると、通過する特急を駅のホームで見送っているような
気分になります。
------
その心境は、わかるような気がする。
東京にいたころは、駅で、駆け抜ける新幹線をよく見ました。
今や、乗る人になった。

>あと数日でひとつ歳をとります。あっという間に1年が終わっていきます。
-----
お誕生日、ドラマの『最後から二番目の恋』の意味で、おめでとうございます。ボクより、一回り以上、下ですよね。
Commented by 閑居 at 2014-09-22 13:29 x
こちらも、今年は錦秋が、早そうな予感。
今頃としては、数年ぶりに平年並みの気温らしい。
朝晩は涼しく、秋の気配を感じている。
Commented by nonoyamasadao at 2014-09-23 08:44
To 閑居さん
>朝晩は涼しく、秋の気配を感じている。
-----
あ、そっちもね。
こちらでは、虫がないてます。原っぱでは、だいぶ前からススキも。な~んか、夏の疲れが、ドドッと出た感じがする。よく眠れます。
名前
URL
削除用パスワード
<< きらきらひかる なんばしよっと? >>