人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(887)
(736)
(226)
(192)
(185)
(160)
(124)
(102)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


果報は寝て待て

 今日は、節分。
昔は、接吻の日なんて言ってた。
今や接吻なんて死語ですよね。
だったら、アイラ・レヴィンの傑作『死の接吻』も『死のキッス』か。
な〜んか、気分が違いますね。

 もっとも、昔から、名匠ロバート・アルドリッチには、『キッスで殺せ』な〜んてあった。
あ、♪キッスは目にして〜という 「エリーゼのために 」(ベートーベン)→ザ・ピーナッツの「情熱の花」のコピーもあった。

 帰り道に、住宅にピンクの寒椿咲く。
う〜ん、昔、椿に凝ったことがある。
雪深い温泉地で、木陰にひっそりと咲くユキツバキの花は色っぽいものです。

 昨晩、『鴨、京都へ行く。―老舗旅館の女将日記』のDVDを観ていたら、祇園の巽橋が出てきた。
そうそう、石畳の道を白川沿いに歩いて、巽橋を渡ると、たもとに辰巳大明神の小祠があった。
いつか行った時は、紫の百日紅が咲き、枝垂れた桜が黄葉していたから、秋だったのだろう。
夜の帳が降りると、水だき 萬治郎の玄関灯が、ぼんぼりのように、黄色くポッと灯った。

 その晩、羊が一匹。。。のかわりに、舞妓さんがひとり、ふたりと数えたら、眠れなくなった。
あれは、舞妓さんのハイレグとか、舞妓さんのガングロとか、数えたら眠れたかもしれない。
人は、還暦過ぎて夢や希望は薄れるというけれど、また、♪なのにあなたは京都に行くの〜という歌詞もあるけれど、あ〜あ、たまらなく、京都に 行きたいなあ〜。

 今日は、豆まきして、恵方巻きを食し、あとはなにをしようか。
すこし、ヒマになると、これまた、退屈を持て余す。

 恵方巻きを食し、恵方は寝て待てですよね〜。



スカパー!

冬の5大テーマ祭り「国内ドラマ」をもっと見る

by nonoyamasadao | 2014-02-03 18:21 | Comments(2)
Commented by nonoyamasadao at 2016-02-05 15:23
To まめ蔵さん
>ユキツバキ、知りませんでした(^^;;
雪国で是非見てみたいものです。
----
これ、たしか、温海温泉の神社かどこかで見たんですよ。
な~んか、怪しげで、それでいて清潔な(形容矛盾ですが)魅力がありました。
句会って、永続的ではないのですね。
きっと、たのしい卒業旅行ができるでしょう。
ボクはたぶん、9月初旬に北海道に行きます。
Commented by nonoyamasadao at 2016-02-05 23:30
To まめ蔵さん
>今日は目黒雅叙園で、東北の百段雛まつりを見てきました。
----
ほう、目黒雅叙園って、まだ、あったのですね。雅叙園さん、ごめんなさい。31年前に、1年後輩の結婚式に行ったきりです。その友人は元気そのものですが、昨年、定年になりました。流れていく時間が、な~んかはやいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 寒い朝だから・・・ 1年後の須藤薫さんを偲ぶ >>