いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
タグ
(883)
(732)
(224)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
ごぶさたです。今年もあと..
by 穴沢ジョージ at 12:57
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フルーツポンチはどこに行った

 あんまり暑いので、暑気払いをしようと考える。
待て待て、ビールは4日間、禁酒だった。

 夏といえば、海。
海の匂いの潮風の涼やかで、やや、なまぐさいっぽい、けれど清澄な香りの食べ物を連想する。
磯臭~い食べ物なら、ホヤ、赤ナマコ、ノリ、海ブドウなどいかがだろう。
な~んか、また、飲みたくなるようなラインナップだ。

 あとは、冷蔵庫で冷やした水ようかん、よ~く冷えたフルーツポンチなどもよいなあ。
あ、フルーツポンチは、もう死語か。
フルーツポンチの王道には、白桃、黄桃、さくらんぼ、洋梨、パイナップル、りんごなどが入っていた。
千疋屋フルーツパーラーでも、そんな感じだった。
 パパイアやマンゴーなどトロピカルフルーツ(パインは別)など入れるのは、邪道だ。
マンゴーなど入れると、味が濃厚になり、爽やか感が失われる。
黒蜜を掛けたり、あんこを入れてはならない。それでは、アンミツになる。
アイスクリームを添えたら、パフェではないか。
まあ、白玉が入った、イチゴやリンゴの薄めな味のチープな感じの自家製っぽいフルーツポンチなら、悪くない。
但し、後発のキウィなど紛い物は、ゼッタイ、いれてはならない。

 チープと言っては、作ってくれた母親に非礼だ。
お蕎麦屋さんのカレーうどんとか、本物のカレーとは別物だが、のどかで、やさしく、おいしい食べ物だった。
それと同じ。

 それにつけても、昔の喫茶店は偉かった。
フルーツポンチがあり、スパゲッティーナポリタンとミートソース、ソーダ水も飲めた。

 古式ゆたかな喫茶店こそ、最高の避暑地だったな。
懐かしのフルーツポンチは、どこへ行ったのだろう。




by nonoyamasadao | 2013-08-12 09:52 | 雑文 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ギャルサーの飲み会 謎なのも、また楽し >>