いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


抹茶さみどり

 暖かな日だなあと思って出掛けると、これが、案外寒い。
これって、花冷え?でしょうか。
春の陽ざしの中、オープンカフェでは、女性たちがお茶している。
風が吹くと、それなりに寒いのに、いやはや、元気なものである。
でも、気分だけはかつての、♪今日から始まる楽しい新学期と、あんまり変わらない。

 近くの高校では、すこし前まで、L-O-V-Eの演奏の練習に熱心だった。
♪Lと書いたら Look at me
♪Oとつづけて O.K.
♪Vはやさしい文字 Very good
♪Eと結べば愛の字 L-O-V-E てえ、ヤツですよ。
漣健児先生のステキな訳詞だ。

 原文はどんなだろう。きっと、似ても似つかない内容かもしれない。
高校の練習は、ブラスのソロから始まって、あまり上手くない。
でも、だんだんんと上手くなって、そのうちユニゾンになった。
最後の方は、コンボなどパーカッションというか、打楽器が混じって、かなり聴かせる。
そっか。
高校の部活なのだろうが、あの頃の毎日には、希望があったのだなぁ。。。。今になって、そう思う。

 オープンカフェでは、毎年、今ころは、抹茶さみどりという、ロングロング、ロールケーキがあった。
いまだ、県劇ブラボーも、ナガカロールも食したことがない。
ここまで我慢すれば、70才まで、ケーキなどゼッタイに食わないぞ~と固く誓う。
でも、クッキーだけは、すでに食してしまった。

 通り抜けの大学では、ハナミズキ通りが満開で、華やかである。
白が好きだが、やっぱ、ピンク系のチェロキ―チーフが混じると、ウ~ム、AKBなら、これがセンターかもしれないなどと思う。
キャンパスでは、淡い若草色の葉叢がそよそよと揺れる。
キャンパスは、一面のさみどりだった。
今、小学生だったら、楠の大木に木のぼりをしたかもしれない。
大学生なら、図書館前の芝の築山に座って、ゆき過ぎる女子大生などボーゼンと眺めていたかもしれない。

 ボクのそんな時代はといえば、緑色の山手線に乗って、東京駅から逆向きで有楽町駅で降りた。
日比谷界隈で、第一回目のロードショーなど観ていたのを思い出した。




[PR]
by nonoyamasadao | 2013-04-13 09:47 | 雑文 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/19206182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< アラ見てたのね~ 突然ですが・・・ >>