いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


久しぶりの散歩

 このところ、私用でバタバタしていた。
ちょっと、一息ついたので、仕事部屋に出掛ける。
ん、いつの間にと言うほど、暖かくなってる。というより、暑い。
みんながマスクをして歩いているが、なんか異様だ。ここはハードボイルドでまいろう。
でも、ちょっとのどが痛い。まっ、いっか。

 しかし薄めのコートなど、もういらないんだあ。
となると、コートなるものは持って歩くと、なんとも邪魔くさい。
まあ、まことに勝手な話である。

 近くの住宅のなだらかな坂をのぼると、ブロック塀から黄色いムレスズメの蝶々のような花が垂れてる。
下向きに咲くっていうのが好きだなあ。
たとえば、ワビスケの半開きの花とか、うつむきかげんの女の子とか、秘すれば・・という恥じらいの美がある。
黄スイセンも見たし、ユキヤナギのチラチラした白もみた。

 県立劇場のコブシもチラチラ咲きだして、いつもの住宅のハクモクレンはいつもながら、目立ちたがり屋のように華やかだ。
周囲に春の空気をふりまいているようで、還暦近くなって、ハクモクレンに開眼したのだった。

 狭い裏門から通り抜けのの大学に入ると、だれもいない。だだっ広い道を、一人で歩く。
閑散とした大学と言うのは、独特なさみしさと、陽だまりを歩いていたら、ああ、ここには希望があるなあ。。。と思う。

 大学生のころは、喫茶店に朝遅くから夕方まで、入り浸っていた。
外にでるのは、古本屋まわりか、映画館に行くか、昼飯を食いに出掛けるときだけだ。
もったいことをしたもんだ。
こんなことなら、母校のキャンパスを歩けばよかったと思うが、その時は、たぶん、無感動だったんでしょうね。

 長いようで短い大学の4年間、仲間と同じ道を歩いて、同じ空気を吸った。
『やまとなでしこ』の中原欧介さんの結婚式のファインマンを引用したスピーチを思い出していた。
 たしかに、大学という場で、人と人が出会う事は神様のルールに、従っているのかもしれないなあ。
人がいつかどこかで出会っても、見知らぬ他人のまま、そのまますれ違って、言葉を交わすことはありえない。
あ、堤真一さん、ご結婚おめでとう。『今ひとたびの修羅』、久方ぶりに観劇に行ききます。

 スーパーで買った、蕗とタケノコのふくめ煮を食しながら、ビールを飲み、ずいぶん、想定外の道を歩いてきたなあって思う。
そして子どものころ、タケノコの皮をむいてやわらかくなったころ、さいごの姫皮を脱がすとき、なぜかHっぽい気分になったのを思い出した。
あれはどういう意味だったのか。
 栴檀は双葉より芳しですなぁ。。。って、意味違いますね。




[PR]
by nonoyamasadao | 2013-03-12 10:49 | 雑文 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/18746109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nobulinn at 2013-03-17 00:07
こんばんは。
春の花がいろいろ咲き始めていますね。
コブシは今日もきれいだな~と見上げて歩きました。
足下にはホトケノザやオオイヌノフグリがかわいらしく咲いています。
都心ではさくらも早くも咲き始めたようですし、春ですね~・・・
去年、久しぶりに高校への通学路を歩いた時、さくらがとてもきれいなことに改めて驚いたのですが、当時はほとんど目に入っていなかったことにも驚きました。
年をとるというのは、たぶんそういうことなのかもしれません(笑)。
Commented by nonoyamasadao at 2013-03-17 09:31
To nobulinnさん
>都心ではさくらも早くも咲き始めたようですし、春ですね~・・・
去年、久しぶりに高校への通学路を歩いた時、さくらがとてもきれいなことに改めて驚いたのですが、
-------
コブシは昔、自宅の庭にも植えたほどで、一番好きかも知れない。こちら、まだ、満開でないのに、城の桜が咲きだす、いつもと違う風景です。
人にもよるのでしょうけれど、若いころ、山川草木は、アウト・オブ・眼中だったですねえ。
ひょっとしたら、 nobulinnさんの高校は、ボクの高校の近くかもしれない。練馬の写真が多いので・・。まっ、気のせいでしょう。(笑)
Commented by 閑居 at 2013-03-17 10:18 x
水仙、そしてモクレンが咲き始め、こちらも春らしくなりました。
暑さ、寒さも彼岸までとはよく言ったもの。
桜も例年より早く咲きそう。
Commented by nonoyamasadao at 2013-03-18 08:28
To 閑居さん
>水仙、そしてモクレンが咲き始め、こちらも春らしくなりました。
暑さ、寒さも彼岸までとはよく言ったもの。
--------
その後、体調はどう?この間、鍵コメ、あなたとボクしか読めないコメントを書いたけど、読めました?
今日は、福岡に行ってきます。でも、まだ寒くない??。
名前
URL
削除用パスワード
<< ハンバーグ弁当 ひな祭り >>