いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


月夜の花泥棒

  飲酒の話題ばかりを書くせいか、大酒飲みのように思われている。
30年間は休肝日、一切なしで、飲んでいた。
強くはないが、ダラダラと飲み続けたから、結果として酒量は少なくない。
アルコール耐性はまだ、あると思っている。

 3日1日の飲酒になって、ビール中缶(500ml)と日本酒8尺(150ml)だから、世間ではまあまあでしょう。

 48時間の休肝時間だと思われているけれど、ホントは違う。
たとえば、晩の8時まで飲んだなら、その日の12時まで4時間の休肝時間がある。
この次に、飲み始めるのが18時~ならば、スタートまでの18時間もの空白がある。
つまり、48時間+4時間+18時間=70時間のアルコール抜きが正しい。

 70時間も空くと、ときどき、下戸であった時代に戻ったりする。
体調など悪いと、飲んだかなり後に、気持ちが悪くなったりする。
ああ、こうして酒が飲めなかった遠い昔に、戻って行くのか。。。。とも思う。
すこし、悲しい気持ちになる。
もっとも、こんなことを綴ること自体が、今もってアルコール依存の後遺症なのかもしれない。

 昨日は、雨降りの中、仕事部屋に行った。
県立劇場のブロック塀に沿って、歩く。
毎年、いち早く咲くハクモクレンを楽しませてくれる住宅を、遠目で見ると、枝先に蕾らしきものが見える。
でも、まだ小さい。
狭い路地に左折すると、雨に濡れた男子学生とすれ違う。
大きなお世話だろうが、なんだか痛ましい。
雨宿りもせず、ずぶ濡れで歩いた捨て身だった頃を思い出した。

 オシャレな傘でゆうゆうと歩く、感じのよい女子大生ともすれ違う。
落ち着いた風情で、優雅だが、なんだか小憎らしくも見える。

 住宅の庭の水仙が見える。雨のせいか、香りは伝わってこない。
ヤツデが雨に濡れている。
ドラマなどでは、雨の降り始めはヤツデに雨粒がポツリポツリと落ち出すカットが多い。
紫陽花が雨に濡れているカットもよく目にする。

 やけに大学生とすれ違う。
定期試験の時期なのかもしれない。
いつも通り抜けする近道の大学の裏門に入ると、雨に濡れた紅梅がほころび始めてる。
ああ、ここの紅梅は2月に入ると、咲きだすのだった。

 いつか月夜の晩に、ここの紅梅の花泥棒をしようかなと思ったことがあった。
たかが花泥棒でも、窃盗罪になるのはイヤだから、見送った。

 スピッツの歌だったと思う。
♪あの娘に似合いそうな花を見つけたぞ 花泥棒
って、フレーズがあった。

 梅の一枝を贈る女性などいないが、月夜の晩に、紅梅の一枝を手折るのは、はたして花泥棒になるのだろうか。




[PR]
by nonoyamasadao | 2013-02-06 11:02 | 雑文 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/18560209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< みどりの黒髪 まっ、いっかあ。。。の日々 >>