いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タイトルの由来

  ブログの『ほんの寝巻きで』という意味不明なタイトルの由来を書く。
けっして、「あぁ~ら奥様、 すてきなお洋服ですこと!おほほほほ」。
「ほんの寝巻きですのよ~。」てな、流れから生まれた訳ではない。

 大学時代に友人の個人誌に『エラリアナ』というのがあった。
エラリアナ(Elleryana)は、『ギリシャ棺の謎』のある一章の名前だ。
そこに、『暗闇でドッキリ』のギャグをカット分析して雑文を書いた。
この前後に、亡父の自宅にて急逝があって、大学の4年生の夏から秋にむかっていて、就職未決定だったので、さすがにバタバタしてた。
それでも、弔問に来られた方の住所録など作りながら、雑文に加筆したのを覚えている。
なんとも、お気楽に過ごしていた。
『暗闇でドッキリ』は『ピンクの豹』に継ぐ、ピーター・セラーズのクルーゾー警部を演じるピンク・パンサーシリーズの第2作にあたる。

 この映画は、大のご贔屓のシナリオ・ライターのハリーカーニッツが脚本を書いていた。
彼は、『情婦』(A.クリスティの原作『検察側の証人』より傑作)、大好きな『ハタリ!』、ロマンティック・コメディの『おしゃれ泥棒』など書いた。
ミステリも書いていて、『古書殺人事件』は『ドンキホーテ』の初版本が盗まれる話だし、『殺人シナリオ』はかなりのドタバタだった。
前者は今なら、ビブリオ・ミステリとか言うのだろう。
 これって、昔のベッド・デテクティブ(怪我で動けない探偵)や安楽椅子探偵の発展バージョンですねえ。
それが、古本屋の亭主だったり、喫茶店のマスターだったり、ビアバー探偵だったりする。
昔は、出版社ミステリとかいうくくりがあった。
出版社や新聞社が舞台の、新聞記者が活躍するミステリが結構、多かった。
ハリーカーニッツは、本も脚本も、お洒落会話が楽しくて、I・A・L・ダイアモンドと並びソフィスティケーション・コメディとは、このことかあと漠然と思った。

 あっ、脱線して、忘れるところだった。
『暗闇でドッキリ』の吹き替えの中で、クルーゾー警部がいやあ、ほんの寝巻きで。。。というシーンが面白くて、雑文のタイトルにした。
それが頭に残っていて、ブログを始めるときに、最初に浮かんだ。
 
 本には帯、腰巻などという。さすがに寝巻きはない。
まあ、寝る時に身にまとうから寝巻きだもんな。
今でこそ、パジャマなど着て、まともになった。
50代になるまでは、Tシャツや、昔トレパン(今ジャージ)で、寝てた。

 寝巻きの変化は、飲まない日が多くなったことと無関係ではない。
これでいいのだと思いつつ、一日が自堕落、お気楽に過ぎてた頃が、無性に懐かしい。




[PR]
by nonoyamasadao | 2013-01-15 10:58 | 雑文 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/18349122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 記憶の扉 寒椿 >>