いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大晦日までの課題ーホットチョコレート

 とっても恥ずかしい話だが、クリスマス・イブにロマンティックな思い出が、な〜んもない。
この年齢にもなってな〜んもないのは、もしかして、ワタクシくらいかしらん。
 十代のあるイブの日、植木等さんの舞台を、東京宝塚劇場に一人で観に行った。
夜の街へ出ると、ネオンサインは煌めいているけど、寒かった。
さみしく、冷たい雨が落ちてた。悄然と、地下鉄で帰宅した記憶がある。
ゾッとしませんね。

 そんな憧れがあるのだろう。
今頃の季節になると、『ホリデイ』や『ラブアクチュアリー』を見たくなる。
そんなこんなで、『ホリディ』を見る。

 やっぱ、キャメロン・ディアスがホームエクスチェンジした、ロンドン郊外の粉雪が舞うサリー州に興味津津になる。
コッテージまでタクシーは行けず、ディアスは、細い道をズルズルとスーツケースを引きずって行くと、バージニア・リー・バートンの絵本の『ちいさいおうち』のようなコッテージがある。

 暖炉の灯りが燃え、ブランデーを飲む。けれど、粉雪は降り、とても寒そう。
でも、そこがよい。
コッテージの後ろには、ディアスがタクシーから降ろされた教会の塔がそびえ、そばの斜面には羊が一匹、二匹、数匹いる。
よい子の皆さん。
眠れない夜は、舞妓さんが一人、舞妓さんが二人。。。と数えると、よ〜く眠れます。(『愛しあってるかい!』より)
ホントだから、試してみてください。

 キャメロン・ディアスが、赤いミニクーパーで危なっかしく運転するシーンや冬枯れの牧草地帯を疾走するシーンは、なんとも楽しい。
そうそう、もう一方のカリフォルニアでは、サンタアナ風が吹きまくっていました。
我が地では黄砂はよく経験するけれど、飛ばされそうなサンタアナ風って、どんなんでしょうね。

  今回見直して、あらためて思ったことは、ためしてない食べ物が多い。
マカロン、知っちゃあいるが、縁がない。
小さなマシュマロ入りのホットチョコレート。森永ココアかハーシ―ココアっていうのもあったかしら。ココアチョコレートは別物だと、ついこの間まで思っていた。
クリスマス・フュットチーネ。これは食してみたいなあ。きし麺みたいだった。
スパイシーツナ。これは、イヤだ。なんでもマヨは、ワタクシのささやかな美意識に反する。

 寒い日には、小さなマシュマロ入りのホットチョコレートでも、飲みますか。
大晦日までの課題にしよっと・・・。




[PR]
by nonoyamasadao | 2012-11-11 12:55 | 雑文 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/18155666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nonoyamasadao at 2015-11-14 08:47
To まめ蔵さん
>その後、ホットチョコレートは体験されましたか^^
近所のスタバでもクリスマスらしいメニューが加わり、クリスマスらしいBGMが流れ出しました♪
------
おこんにちは。記事、間違えてますね。イギリスは日本と同じく右側通行です。
あれから、スタバは近場にできたので、若い人たちと何度か経験しました。ホットチョコレートは、たぶん、無縁でしょうね。今から、尾道にちょっくら、お仕事で行きます。
行先は、山のなかだから、紅葉が楽しめそうだけれど、以前にいったっ時、常緑樹ばかりだった記憶があります。どうかな。
名前
URL
削除用パスワード
<< 色づく街 今だから、そう思う? >>