いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(879)
(728)
(221)
(191)
(185)
(160)
(124)
(101)
(72)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.callblov..
from Секс По Телефону
link homepage
from creditos rapid..
knowyourthru..
from Knowyourthrush..
https://prod..
from Prodatingtoday..
findlocalenc..
from Findlocalencou..
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大のご贔屓~レイチェル・マクアダムス

 レ―チェル・マクアダムスのファンである。美女ではないが、溌剌とした演技派で、キュートで、理知的な感じもある。特典などの素の彼女は声も小さくて、どちらかといえば地味な淑女である。
『ミーン・ガールズ』は女子って、怖いのね。。。っていう映画だった。
主演のアフリカ帰りのリンジー・ローハンは、よく演じていたと思う。
ただ、数学がものすごく出来る女の子にはゼンゼン見えなかった。ときどき、つまらなそうな顔に見えるときがある。
レ―チェルは学園の女王様役で、ブロンドのストレートヘアの意地の悪い敵役だった。
ラスト近くで、ジングルベル・ロックで踊るシーンは今も、憶えている。
 
 『きみに読む物語』(原題のノートブックの方がよかったかも)で、この作品でレイチェルのファンになる。
高慢ちきで野心的ともいえる役を演じた。
初々しくて、表情がいきいきとしていた。
サウスキャロライナで撮影した風景がうつくしく、ニック・カサヴェテス監督の親孝行な佳作である。
そうそう、当時、かなり若い女性から『きみに読む物語』っていう恋愛映画の傑作がありますよ。。。とおススメがあった。
どうせアラ還のオヤジなど、知らないだろう。。。という若さの驕りがビシバシと響き、観とるわい。。。とむきになりそうなのを、必死で堪えたのを憶えてる。

 『パニック・フライト』は、レ―チェル目当てで見た映画である。
けれど、ヒッチ先生風のサスペンススリラーでもあった。といっても、まったく腕が違う。それなりに楽めた。
最後はスパイスリラーになってしまうけど、空港のラウンジ、機内のおっかっけ、空港、自宅まで走り回るからあきない。
護身のためにペンで刺すシーンがあって、ああいうのは、どうも生理的に苦手だ。

 『幸せのポートレート』はクリスマス映画であるが、もっと深いテーマが狙いだった。
そこが気に入らないし、退屈だ。
主役のサラ・ジェシカ・パーカーも、得意ではない。『ラブINニューヨーク』のシェリー・ロングのようなペーソスのある役なら、似合いそうだ。
レ―チェルは、意地悪な小姑のチョイ役だが、とってもキュートだった。
ラスト近く、赤いセーター姿で、クリスマスツリーの飾りつけをしてるシーンは、今も憶えている。

 『ウエディング・クラッシャーズ』はドタバタ映画である。雑木の中をオーウェン・ウィルソンと自転車で走るシーンだけ、記憶に残っている。
レ―チェルが両手離しで自転車に乗るシーンは可愛かった。おバカなラブコメよりは、演出もキャストも豪華で、まともだった。

 『あぁ、結婚生活』は、これぞ中途半端という凡作だった。
まあ、初老倦怠期やミステリ紛いの話など、ごった煮の様相を呈するが、レイチェルは美しい愛人役で、愛人の心得も持っていた。
いや〜、そこだけがよかった。

 『シャーロック・ホームズ』、う〜ん、ガイ・リッチー監督って才能がありそうで、いつでも不発。。。って気がする。
ロバート・ダウニー・Jrのホームズとジュード・ロウが相棒のワトソンですからね。面白くないわけがない。
やっぱ、ハイテクの映画ってのは、どうも乗れない。
アイリーン役のレ―チェルは小悪魔的な魅力を振りまいて、ああ、こーいうのもいいなぁって思った。

 『消されたヘッドライン』は社会派ミステリで、これは抜群に面白かった。
個人的な話だが、新聞記者を目指して挫折したせいか、今もって、新聞記者ものに点が甘い。
やさぐれアウトローで、実はやり手のジャーナリストのラッセル・クロウと生意気で気の強い若い記者のレ―チェルがコンビで調査する。
よくあるステレオタイプですが、レ―チェルはキュートだったなあ。これが一番、好きかもしれない。

 『きみがぼくを見つけた日』(原題:時間旅人の妻、いい邦題をつけましたな)、タイムトラベラーと恋愛するとどうなるかというお話。
近年、タイムパラドックスという規則を無視した映画が横行するなかで、規則を守ったまっとうな映画である。
主人公のエリック・バナは、タイムトリップするとき、服は残したままになる。従って、トリップ先では、つねに素っ裸である。
ロバート・ネイサンの『 ジェニーの肖像』の逆を行くような展開で、レ―チェルは図書館の20代から30代の母親まで演じ、演技力満開である。
余韻が『ゴースト/ニューヨークの幻』ににているのは、同じ脚本家だから、そうなるかと思った。

 『恋とニュースのつくり方』は、『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル監督で、『プラダを着た悪魔』のアライン・ブロッシュ・マッケンナが脚本を書いた。
だから、つまらないはずがない。
アン・ハサウェイは、これほどきれいな人はいないとおもっていたけれど、最近は、なんか口裂け女のようになってしまった。(ファンの方、失礼)
レ―チェルは、新米素人TVプロデューサー役で、ひたすら可愛い。張り切り過ぎて、しばしば、空回りして、まわりはハラハラドキドキである。
プラダの時のアン・ハサウェイほどの疾走感はないけど、まあ、就活で挫折中の人など、一服の清涼剤になるかもしれない。
ハリソン・フォード が無骨な、昔気質の伝説の報道キャスターを好演している。
ハリソン・フォードさん。あと10年近くたったら、あなたが演じる、ヘンリー・フォンダの秀作『黄昏』のような作品がみたいデス。

 『君への誓い』は、何回か前の‘三十路まえ’で書いたし、『ミッドナイト・イン・パリ』は未見なので書けない。
ああ、くたびれた。こんな長い記事、読む人なんて、いるっかな。




[PR]
by nonoyamasadao | 2012-10-30 13:38 | 洗練コメディー映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/18117913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< セブンイレブンの前 プチ旅行 >>