人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(887)
(736)
(226)
(192)
(185)
(160)
(124)
(102)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


枯葉の味

 今年のクリスマス・イヴも、ヤッパ大したことはなかった。
繁華街のしゃぶしゃぶ食べ放題、飲み放題で、しめて3,000円なりのお店へ行く。
ウ~ム、60代のおっさん3人で、イヴに食べ放題の鍋を囲むのはなあ。
ど、どうなんでしょうか。
それでも食べてみると、案外、おいしい。
おなかがいっぱいになり、満足して2軒目のお店に向かう。

 奮発してカシミヤのセーターを買った時に、店員の若い女の子が、今夜はホワイトクリスマスですと言っていた。
寒いけれど、そんな雰囲気はないなあ。
 お城が闇にくっきりと浮かぶスナックで、瓶ビールを飲む。
イヴなのに、焼酎を飲むおっさんたちで賑やかである。
夜桜お七のカラオケを聞きながら、突然、靴下を裏返しにはいてたことに気づく。
えーい、知らんぷりしてストゥールに座ったまま、履き替えてしまえ。
結構ジタバタしつつ、履き替えに成功し、なんとなくホッとする。

 それにしても、雪とは無縁だよなあ。。。と闇夜を恨めしく眺める。
2粒の真っ赤なつやつやの苺をヘタごと食す。
昔、ヘタには雑菌があるから食すなと言われたことがある。
枯葉のような味がした。

 衣良がイライラするマンガの『バナナブレッドのプディング』だったと思う。
バナナブレッドのプディングは、かさかさ、枯葉の味がしたとのセリフがあった。
バナナ大福、バナナマシュマロ(こっちは子どもの頃によく食した)もうまそうだが、バナナブレッドのプディングなるもの、一度食してみたい。

 宵の街をタクシーで帰るときに、百貨店のアーケードのアーチが例年のように紫に縁どられていた。
百貨店の外壁に、森の形のクルスマスツリーが何本か浮かんでいる。これも例年通りである。
煌めく街路樹が並ぶ中、イルミネーションは、深夜には、消えるのだろうかと酔った頭をかすめた。




by nonoyamasadao | 2011-12-25 10:42 | 雑文 | Comments(8)
Commented by nonoyamasadao at 2011-12-26 09:48
To まめ蔵さん
>きのう、ケーキを作るのに苺を買ったのですが、
いつもの倍くらいの値段でした。びっくり!!
------
苺、高いんだ。ケーキ、作ったんですね。エライ、エライ、つよい、つよい。婦道の誉れ高いです。。。って死語ですね。
でもって、表参道のイルミネーションまで見て、真っ赤なツリーを見たってわけですね。
ボクは東京時分も、高速道路からしか見ていません。
イイネ!って、登録できませんでした。
ケータイは発信の電話だけで、メルアドなどないもん。
Commented by 穴沢ジョージ at 2011-12-26 10:08 x
靴下を履き替えるシーンで大笑いしてしまいました。
けど、自分だったらどうしただろう。
トイレに行って、誰もいないところでゆっくり履き替えるだろうか。
いや待てよ。放っておくんじゃないだろうか。
どうせ靴下なんか誰も見ないしね。
そもそも裏返しということに気付くような派手な靴下なんて、
一足も持っていないから、家に帰って脱ぐまで自分でも気付かないだろうしな。
というような結論に達しました。
Commented by nonoyamasadao at 2011-12-26 13:03
To 穴沢ジョージ さん
> そもそも裏返しということに気付くような派手な靴下なんて、
一足も持っていないから、家に帰って脱ぐまで自分でも気付かないだろうしな。
-----
いや、その通りなんですよ。
銀座バーのルパンで、太宰治だったか織田作だったか、ストゥールで片足を高めに組んだ写真があって、あれと同じことをしたんですよね。まあ、どってこたあない。そこは酔っ払いの浅はかさでした。
おバカですねえ、危なかったデス。
迷子の道案内の話、読みました。穴ジョーさん的には、クリスマス曲といえば、Christmas(Baby Please Come Home)でしょ。
終盤のヴォーカルとコーラスが激しく呼応して、ドラムとピアノが一気呵成に駆け昇っていく疾走が、ホントパセティックでしたね。
Commented by nonoyamasadao at 2011-12-27 09:50
To まめ蔵さん
>ホントだ・・。「携帯電話のメルアド」か「QRコード」を登録するんですね。
残念・・。
------
ケータイはそろそろ、変えないと使えないのですよ。
2年間で、恥ずかしながらワードとエクセルを一応、使えるようになった。当り前か。
今度はケータイでも、やってみますか。
Commented by 穴沢ジョージ at 2011-12-27 23:39 x
なるほど!あれかあ。あの織田作の写真ね!
よ〜〜くわかりました。
青春の逆説とか、夫婦善哉(笑)とか、
わざわざ古本屋で初版を探して読んだのが懐かしい。
3人のうちで一番好きだったのは、あの写真のせいです。まさに。
Commented by 穴沢ジョージ at 2011-12-27 23:42 x
すみません、書き忘れました。
確かにクリスマスアルバムは、
フィルスペクターとビーチボーイズで決まりですね!
Commented by nonoyamasadao at 2011-12-28 08:56
To まめ蔵さん
>私は、家に帰ってパソコンで更新してます。
携帯は、電話とメールだけ・・です
-----
記事はよく読ましてもらってますが、そいえば、どういう環境で書いているかなど考えてもみませんでした。大福を食べながら書いているとか、想像すると面白いですね。まっ、電話の受信から始めますかね。
Commented by nonoyamasadao at 2011-12-28 09:27
To 穴沢ジョージ さん
>なるほど!あれかあ。あの織田作の写真ね!
よ〜〜くわかりました。
------
やっぱ、ご存じでしたね。ひょっとして。。。と思ってました。
初版を探すなんて、本格派ですねえ。
我々は、世代的には、石原、大江、開高後の世代ですよね。
柴田翔とか、丸谷の笹まくらのチョイ後で、W村上の前でした。

>3人のうちで一番好きだったのは、あの写真のせいです。まさに。
-------
同じくです。織田作が一番、かっこよかった。ルックス的にはそう見えました。
作品的には、短編しかあまり印象に残っていません。
ビーチボーイズのクリスマスアルバム、あった、あった。
遠い目。
来年のお受験、うまくいくとよいですね。祈ってます
名前
URL
削除用パスワード
<< 郵便ポスト 荒れ狂うように飲んでいた >>