人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(887)
(736)
(226)
(192)
(185)
(160)
(124)
(102)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Let's 深大寺

  このところ朝晩、かなり肌寒い。
地元の布団屋さんで作ってもらった分厚い木綿布団で寝る。
なんだか幸せになる。
タオルケットや薄い布団を二枚重ねるのは、どうも苦手である。

 はや、紅葉の季節になりかかっている。
ついこのあいだ、桜の葉がすこし落ちていた。
桜紅葉にはなってないが、いつもいち早く色づくハナミズキはもう紅い。

 一番好きな紅葉はナナカマドだけれど、二番目に好きなのはモミジである。
モミジ紅葉の映画なら、『恋人たちの予感』と『ハリーの災難』が思い浮かぶ。
前者はNYの紅葉が美しく、後者はバーモント州の紅葉が鮮烈だった。

 イロハカエデが好きだ。
高雄モミジ(高雄カエデ)とも言う。葉も小さい。
春になると、ピンクの翼果をつけて、風が吹くと、クルクルとまわって、螺旋模様を描いて落ちる。
タケコプターのようだ。

 20数年前、残念だけれど、錦秋ではない京都に行く。
京都の高雄山の古びた石段を登った。
寺の山門に絢爛と咲くイロハカエデのポスターがあった。
実景ではなく、ポスターですよ。
けれど、紅い掌の葉と女性的な風姿が美しい。
 願わくば、折からの小雨などにしっとりと濡れ、後ろからスッと傘がさしかけられる。
ん、何?
と驚いて振り返ると、憂いをふくんだお美しい御婦人が立ってた・・・な~んて思った。
妄想癖はその頃からか。

 以前にも書いたが、もみじの天ぷらの味をご存知でしょうか。
かりんとうのようなお菓子ではない。
本物のモミジの天ぷらだ。
どんな味かって??。
そりゃ、Let's 深大寺ですね。




by nonoyamasadao | 2011-10-06 08:41 | 雑文 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< あしたがあるから 洋ナシ >>