いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
(868)
(717)
(216)
(188)
(184)
(160)
(124)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クッキーで立ちくらみ

  いただきものの高級クッキーをかじり、お茶を飲む。
う~ん、風味がある。濃密なバターの味が口中に広がり、ほのかな甘みが残った。
一日二食だから、お昼にはなにも口にしないのだが、たまにはいいものである。

 桜は今が盛りだ。
アセビの白やドウダンツツジの白い花も見た。
舗道にうっすら散らばった桜の花びらが風に流され、ススッと動いて行く。
もう花ミズキの季節である。

 高校生のころは、多磨霊園の裏門に住んでいた。
花など、まったく眼中にはなかったが、なぜか桜並木の下にはよく立って、上を見上げていた記憶がある。
そのころは、桜の木の下には死体が埋まっているとは思いもしなかったし、小説も読んでいなかった。
まして桜の花の下で死にたいなど、つゆとも思わなかった。
願はくば 花の下にて 春死なむ その如月の もちづきのころ。。。な~んて、もちろん知らなかった。

 帰りの道で、ご近所の小さな公園のあたり一面に咲く桜を見て、そうか、人はみんないつか死ぬのだなぁ。
風にチラチラと散る桜をながめ、残された時間は永遠ではないのだなと気づく。
バカか。

 ふ~む、だから人生の扉なのかとしみじみ思う。
柄になく、クッキーなど食したからだろうか。




[PR]
by nonoyamasadao | 2011-04-08 08:23 | 雑文 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/15779601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nonoyamasadao at 2011-04-17 23:04
To まめ蔵さん
>ご無沙汰してます。お元気ですか?
------
こちらこそ、ご無沙汰です。といっても、子供の同級生の親同士で仲良くなった話、みんな引っ越した記事など拝見しました。
いたって元気なのですが、雑事が馬に食わせるほど多い。

>そういえば、小学4年生くらいの頃、
死んだ後のことをマジメに考えてた時期がありました。
----
ああ、ボクもあった。なんか、世界が滅んでも、自分だけは生き残りたい。。みたいな。まあ、自分勝手もよいところでした。
今もそんなとこ、残っています。
今、ハナミズキもそろそろ終わりかなって感じです。
Commented by nonoyamasadao at 2011-04-19 08:31
To まめ蔵さん
>死んだら、「自分」はなくなるんだよなぁ、悲しすぎる・・・
みたいなことを、小4の私は夜な夜な考えてました(笑)
------
ボクより、高級な悩みですね。なんか知能指数の違いみたくて、やだなあ。(笑)ボクが怖かったのは、闇のような状態が続くのかなあとか、寝てて覚めない状態なのかなあって・・・。で、うんと美しい女優さんとか思って、あの人も同じだからいいや。。。ってそんな感じでした。

>お忙しそうですね。体に気をつけて♪
----
ありがとうございます。
満足、満足、もう充分♪は、多分、一生ないなあと思う。(笑)
Commented by 穴沢ジョージ at 2011-04-19 12:12 x
ご無沙汰してすみません。
不覚にも病気になってしまいました。
とりあえず今は、またネットに向かう元気が戻ってきました。
ぼちぼちまた書こうと思っております。
今後ともよろしく。
Commented by nonoyamasadao at 2011-04-20 07:47
To 穴沢ジョージさん
>ご無沙汰してすみません。
不覚にも病気になってしまいました。
-------
お久しぶりでございます。
本来の意味での師匠、穴ジョーさん。ワタクシ、5年近く前に、大きな怪我をして、手術して、人生観がすこし変わりました。
アルコール依存症を治し、タバコをやめました。長い目で考えると、病気も悪くないなあなど、今そう思っています。

>ぼちぼちまた書こうと思っております。
-------
そうそう、ボクがブログを書くきっかけが穴ジョーさんのブログがとても素敵だったからでした。軽妙な語り口で、オシャレ会話で、この人はプロの放送作家か、音楽評論家とか思ってました。
子供のころ、青島幸男さんをはじめて知ったときくらいの衝撃でした。人間万事、塞翁が馬ですよね。後ほど、お邪魔します。
名前
URL
削除用パスワード
<< ハードボイルドでまいろう サバの味噌煮 >>