人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(887)
(736)
(226)
(192)
(185)
(160)
(124)
(102)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


苦いゴーヤ

 古いテレビドラマのDVDを見ていたら、『紀の善』の抹茶ババロアとくりババロアが出てきた。
久しぶりに苦いゴーヤのキムチ炒めを食べながら、抹茶味なら一度くらいは試していいかもと思う。

 ゴーヤは苦瓜だから、苦くて当たり前だが、最近は苦くないのが多い。
苦い味覚は、大人の味である。
濃い玉露、秋刀魚の内臓、アワビのきも、たらの芽など思い浮かべる。
 苦味は、シャープで、すっきりとしている。
媚びない味である。
苦いきゅうりなど、最近、食さないなぁと悲しく思う。
マンデリン系のコーヒー、ギネスを飲みたい衝動が押し寄せる。

 カカオ100パーセントのチョコレートなどガブッと食し、倒れるほどの苦味を味わってみたい気もする。
まぁ、カカオの実を齧ったほうが早道か。
倒れるのは大仰だが、目の前が暗くなるくらいの苦味ならよいだろう。
なんか野生の血がさわぐ。

 苦しいとき、なんのこれしきと我慢する。
苦味はハードボイルドで、やせ我慢の美学の味がする。
やっぱ、いつもゼリーのようなユルユル系や、ういろうのようなネトネト系ばかりでは、いかんよ、キミ。

 通り過ぎた夏はゴーヤのように苦い。
それでよいと思う。




by nonoyamasadao | 2010-06-03 09:06 | 雑文 | Comments(3)
Commented by nonoyamasadao at 2010-06-05 10:51
To まめ蔵
>nonoyamaさんって、もしかして…M?(笑)
コーヒーは濃い目の苦いのが好きですが、内臓とかは苦手かも。
------
どちらかの二分法だと、真性のSだと思っているのですが・・・(笑)。
まぁ、SもMも表裏一体と言いますから、よくわかんない。
コーヒーは濃い目がよいですね。アメリカンは苦手です。
秋刀魚の内臓のほろ苦いのはおいしいですよ。美容や健康上はわかりません。

>最近、ユルユル系の生活を送ってます(笑)
--------
文化交流のユルユルですね。いいなあ。
Commented by 閑居 at 2010-06-06 13:46 x
地方人になって、雑木の中で、春は新芽、夏は緑、秋は紅葉が楽しめるようになったことは、めでたし、めでたし。
年齢相応の環境であろう。
雑木の緑や紅葉の良さがわかるのは、ある程度の歳にならないとかな~。
Commented by nonoyamasadao at 2010-06-06 17:29
To 閑居さん
>年齢相応の環境であろう。
雑木の緑や紅葉の良さがわかるのは、ある程度の歳にならないとかな~。
------
年令とは関係ないと思うけれど・・・。
ワタクシのばやい、花は弱くて、木が好きですけれど、年令が関係あるなら、ユズリハに日本的奥ゆかしさの美を見るとか・・・ね。
新しい世代を待ってから散る。世代交代ですな。
もっとも、石と対話するようになると、お迎えが近い。。。とか昔、聞いた。
忙しくなって、忙中忙ありで、自分で忙しくしていると、なにがめでたくて、なにが違うのかよくわからない。イカンですな。
名前
URL
削除用パスワード
<< ここのところ脱力系 生姜とキャロブのクッキー >>