いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
(868)
(717)
(216)
(188)
(184)
(160)
(124)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


生姜とキャロブのクッキー

 飛行機に乗るのは、昨年秋以来だから、ひさしぶりだ。
熊本ー羽田ー札幌千歳の乗り継ぎだから、すっかり乗り方を忘れて、アタフタしちゃった。
搭乗ゲートのガラスの小窓に、チケットのQRコードをかざすと、スーパーのレシートのようなものや座席番号が印刷されたチープな紙を受け取る。
こんなので大丈夫なのかよ~と釈然としないまま、チープな紙をスッチーさんに見せて飛行機に乗り込む。
『SKIP』というシステムだそうだ。
そういえば、残ったeチケットには♪スキップ♪となっていた。

 荷物検査場では、バッグの中のスプレー缶がひっかかる。
バックを調べて、保安のお姉さんがスプレーの缶を手に取り、しげしげと眺める。
痔なんだよ~~。悪いかよ~~とうつむいて小さく呟く。
背広のポケットにあった、のど飴の空のアルミ包装に探知機が反応して、財布も検査された。
だから、飛行機は嫌いなんだ。
 
 26年前に、初めて飛行機に乗った。
友人が故郷の博多で結婚式を挙げた帰りだった。
会社の上司や同僚と大挙して飛行機で帰るとき、大量に買い込んだビール缶が検査でひっかかった。
あの時、堀ちえみさんみたいなかわいいお姉さんに、なんの断りもなく下半身をいきなりムギュッとされた。
な、なにをするだァーッ!許さんッ!でも許そう。
危険な部位だが、あいにく危険なものなど持ち合わせていない。
今となれば、とってもラッキーな出来事だった。

 札幌空港って言ったって、千歳空港だが、空気がカラッとした質感で、気持ちがよい。
空港から大谷地までタクシーに乗るが、あちこちに白樺の木を見る。
やっぱ、自生している白樺はよいなあ。
ところどころに、ライラックの藤色の花房も見た。
ああ、香りが楽しめないのが残念だ。

 帰りのおみやげなど頭をかすめるが、面倒になってやめた。
『白い恋人』など、こっ恥ずかしくて買えない。 
帰りの機内で、ビールをグビグビ飲む人をうらやましく横目に眺めながら、こちらはコーヒーに仄かに生姜の味がするクッキーを齧る。
生姜とキャロブのクッキーって書いてある。キャロブって何だ?。でもおいしい。
なんだか、最近、好みが女性化してきたような気もする。
まっ、いっか。




[PR]
by nonoyamasadao | 2010-05-31 11:23 | 雑文 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/13851176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by scatty at 2010-05-31 21:53 x
おひさしぶりです。nonoyamaさん。
北海道だなんて・・・
九州人のワタクシにとっては老後の楽しみの地。
未だに足を踏み入れたことはありません。

還暦を過ぎた頃、札幌の時計台の下で
ワタクシの人生最後の恋が始まるはずなんです(笑)

八大さんは偉大ですけど、浜庫さんも良いですね~♪



Commented by nonoyamasadao at 2010-06-01 08:18
To scattyさん
> おひさしぶりです。nonoyamaさん。
北海道だなんて・・・
九州人のワタクシにとっては老後の楽しみの地。
----------
はい、ようこそ。旅ではありませんから、ちょっときつかったです。
土曜の11時の飛行機で、翌日、2時間の仕事をして、18時30分には帰ってました。今、ドドッと疲れてます。(笑)

>還暦を過ぎた頃、札幌の時計台の下で
ワタクシの人生最後の恋が始まるはずなんです(笑)
--------
ああ、『恋の街札幌』ですね。
まあ、大嫌いな歌謡曲ですが(笑)、これ、夜のNHK番組の今月の歌みたいで、リアルタイムで聴きました。歌えますよ。
イントロが最高ですが、♪夢のような恋のはじめ 忘れはしない・・・
のところも、好きです。

>八大さんは偉大ですけど、浜庫さんも良いですね~♪
--------
う~ん、ボクは八大さん→宮川泰さんのピアニスト系の系譜ですが、
浜庫さんには、独特なメロディーラインがありますね。
作詞にも才能あるし・・・。
『泣きながら恋をした頃』が、一番好きかな。youtubeで探したら、猫のしかありませんでした。浜庫さんかビレッジシンガーズのがよいのに。
Commented by 閑居 at 2010-06-02 15:04 x
26年前に、初めて飛行機に乗ったのは、友人が故郷の博多で結婚式を挙げた帰りであったことを小生も思い出した。行きは、新幹線で、途中、温泉旅館に泊まりながら、博多につきましたな~。
みなさん、今年は還暦を迎え、月日のたつのは、まことに早いもの。
Commented by nonoyamasadao at 2010-06-02 18:24
To 閑居 さん
>行きは、新幹線で、途中、温泉旅館に泊まりながら、博多につきましたな~。
-------
そう、湯郷温泉の竹林の露天風呂の宿で一泊、倉敷の美観地区の旅籠風旅館で美味しい懐石を食しましたねえ。贅沢な博多行きでした。遠い目・・・・。

>みなさん、今年は還暦を迎え、月日のたつのは、まことに早いもの。
-------
我々が最年少ですよ、きっと。
帰りの飛行機で、我々はビールを飲んで騒いでいましたが、酒飲みなのに、あなたは素面で、乗り物酔いしたりして・・・。
こーゆー、どうでもよいことばかり、覚えていて、大切なことはなーんも覚えていない。(涙)
名前
URL
削除用パスワード
<< 苦いゴーヤ 渋かったかも >>