いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
タグ
(868)
(717)
(216)
(188)
(184)
(160)
(124)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スイートバイオレット

 ベランダのプランターのスイセンはまだつぼみのままだが、スイートバイオレットの紫の花が咲く。
かなり増えたようだが、匂いはまだしない。
スイートバイオレットの花はひっそりと目立たないけど、星のように咲く。
花の香りがすると、殺風景なリビングも少しはなやぐだろう。

 花が開きかけるこの季節になると、昔に還ったような気になる。
中学生だった頃は早春の気配を感じると、ああ進級するんだなぁ~と感傷的な気分になった。
そして一年間の出来事が一瞬にして蘇った。
教室の窓辺の木漏れ日や口のみした水道の蛇口、暗い廊下や下駄箱、きれいではなかったトイレなど、埃っぽい匂いの場所ばかりを思い出す。
授業の合間には、『ザ・ヒットパレード』のパラキン(九重佑三子在籍時代)が歌う『シェリー』の話をした。
土居まさるの『真夜中のリクエストコーナー』のくだらない駄じゃれとかも、仲間と話した。
 つい昨日のことのようだ。 

 桜が煙るように咲く頃になると、新しいクラスや教科書にワクワクした。かわいい子と同じクラスだとよいなぁ~と思った。
な~んも考えない子供だったけど、なんて幸せな毎日だったろう。
隣になった女の子は、みんな不思議と勉強ができて、少女小説にでて来るような良家の子女ばかりだった。皮肉だな。

 中学三年の春に、小金井公園へクラス全員で行った。
桜は満開で、あれは卒業遠足だったか。
公園を抜け出して、電話ボックスから自宅に電話を掛けた。
受験校の二次試験の結果を母から聞いた。
その日のことは、まだかすかな痛みとなって残っている。

 この年になって、いきなり花粉症になったみたい。
のどが痛い。
今夜は、紅茶にスイートバイオレットの花と葉を浮かべ飲んでみよう。



 
[PR]
by nonoyamasadao | 2010-02-27 16:47 | 雑文 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sadanono.exblog.jp/tb/12962267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nobulinn at 2010-02-28 19:39
こんばんは。
においすみれですね?ベランダで育てていらっしゃるなんて、すてきですね。
子どもの頃、家の前は雑木林で、その林は春になると、たくさんつぼすみれが咲きました。
とても地味なすみれですが、今も好きな花です。
遠足を抜け出して電話ボックスからかけた電話・・・なんだかドラマを感じますね。
携帯電話では、そういう感覚にはなりにくいです。
Commented by nonoyamasadao at 2010-02-28 23:49
To nobulinnさん
>こんばんは。
--------
今晩わんこソバ。ご無沙汰してます。

>子どもの頃、家の前は雑木林で、その林は春になると、たくさんつぼすみれが咲きました。
----------
そうそう、森のような緑の多いところで、かなりお転婆娘だったって、お聞きしました。
壷スミレ、知らなくて検索かけたら、白く可憐で、葉もうつくしい。好みです。

>遠足を抜け出して電話ボックスからかけた電話・・・なんだかドラマを感じますね。
携帯電話では、そういう感覚にはなりにくいです。
---------
二次試験は悲しい結果で、あとで救済されたんです。悪運だけは強い。
ボクはケータイが大嫌いですが、
nobulinnさんの場合だと、
クラシックな慣習を愛しつつ、進歩主義的なところもあるから、たぶん、ケータイも上手に使いこなしているのでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード
<< どこか違う アセビの花 >>