人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
タグ
(891)
(740)
(228)
(192)
(185)
(160)
(124)
(104)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
おいしいもの見つけ隊 隊...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


梅一輪

  久しぶりに近所の樹木を眺め、勤務先に向かう。
住宅の庭に、梅一輪ひらく。寒椿も咲いている。
ああ、今年もまた、去年と同じだなと思う。
 通り抜けの大学では、緋梅が数輪ひらいていた。
自然樹形に、えも言われぬ風情がある。
紅色がすこし濃い目か。絵になる木だ。
緋梅には、大人の女性の着物姿のようなやさしい美しさがある。
 梅は花の観賞も楽しいが、花の香りが好きだ。
香りは梅のいのちです。な~んて、女性の髪のようだ。

 白い梅は清楚で、いやみのないおしゃれをした女の人。
野梅系はふつう白だが、淡紅色の花もたまに混じる。
これがいい。
いつも洋服姿の女性がたまに、着物を着たみたい。
すこしくすぐったくなる様な心地よいトキメキがあり、勝手に楽しむ。
ムハハハ、欲求不満バレバレですな。
 梅も桜も科名では、同じばら科だが、雰囲気は随分と違う。
梅には日本茶がよく似合う。寒いから、甘酒で体の芯からあたたまるのもありだ。
清楚な梅は立って眺めるだけでよい。
あたり一面に花の色がこぼれる艶治な桜は、どうしてやり過ごすことができよう。
やっぱ、足を止めて日本酒だ。

 梅が一輪、そしてまた一輪と咲くと、季節も暖かさを増していく。
風景が明るんでいく。
最近、『梅の花』という豆腐料理のお店をあちこちで見る。
そういえば、湯豆腐で一杯なら、毎日でも飽きなかった。

 ボクはエロ親父だが、本当は桜より梅の方が好きだが、それが何か。
なんだか『ハケンの品格』みたいですね。




by nonoyamasadao | 2010-02-06 10:50 | 雑文 | Comments(3)
Commented by nonoyamasadao at 2010-02-08 00:35
To まめ蔵さん
>エロ親父さん(笑)、こんにちは。
--------
おばんです。エロ親父です♪

>春告草というだけあって、
ゆっくりと咲いて、ゆっくりと散っていきますね。
--------
春告草が梅なんですか。知りませんでした。
マンサク(先ず咲くが語源?)とどっちが早いのですかね。
春告魚なら、昔ニシンで、今メバルです。
ちとお高いが、煮つけにすると、すこぶる美味。なんか混戦してきました。

>対して桜はパッと咲いて、パッと散っていく。
その儚さもいいなぁと思います。
---------
梅派宣言したばかりですが、『人生の扉』を聴いて、最近、あと一体、何度、満開の桜を見れるのでしょう。。。な~んてシミジミ思うようになりました。

>男性的な風情を感じます。ヘヘ。
------
ああ、これ、よくわかります。裸木だと、たしかに、無骨な感じがありますね。花は可憐ですけれどね。
枝、きってよいのが梅でしたね。
Commented by 閑居 at 2010-02-09 15:11 x
酒は、いまや三日に一度のお楽しみとは身体によさそうですね。
小生は、相変わらず一日おきで楽しんでいる。日本酒が多いが、時々梅酒。
今年は実家(群馬)の梅を収穫して、梅酒を造る予定。大きな梅の木があったので、梅の実もなることを期待している。無農薬の梅酒ができればよいのであるが。
Commented by nonoyamasadao at 2010-02-10 08:07
To 閑居さん
>酒は、いまや三日に一度のお楽しみとは身体によさそうですね。
小生は、相変わらず一日おきで楽しんでいる。
--------
健康を考えて飲むのは、つまらない人生のようですが、仕方ないか。
たまに羽目を外したいけど、なかなかできません。
意志の弱さなら、誰にも負けないと胸をはって言えます。

>無農薬の梅酒ができればよいのであるが。
-------
ぜひ、ワタクシにも、賞味させてください。ホントですよ。(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< もうサイテー どこかで誰かの本棚に >>