人気ブログランキング |

いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
タグ
(887)
(736)
(226)
(192)
(185)
(160)
(124)
(102)
(73)
(59)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 09:45
「イモだけど傑作」は名言..
by 穴沢ジョージ at 01:42
そうでしたか。完全なる誤..
by 穴沢ジョージ at 01:14
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:49
そうですか。引っ越してし..
by 穴沢ジョージ at 02:11
To えらりあなさん ..
by nonoyamasadao at 00:45
初投稿 ときどきのぞい..
by えらりあな at 22:32
To 穴沢ジョージ さん..
by nonoyamasadao at 12:29
シュープリームス聴いて頂..
by 穴沢ジョージ at 02:01
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 17:23
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Mさんのこと

  倒叙ミステリの第一人者の折原一さんの過去ブログ(『頭蓋骨の裏側』)を読んでいたら、敬愛するMさんを偲ぶ会のことが綴られていた。
Mさんは大学の学部・学科の一年先輩で、亡くなられてからもう二年半になる。

 四十年近く昔、趣味の上でも人生の歩みの上でも、いろいろと教えて頂いた。彼について書く。
 
 大学の講堂と文学部を結ぶ通りの講堂よりに、その喫茶店はあった。
外からは内部がまったく窺うことができない。入るのが少し躊躇われるといった風情だ。
そんな喫茶店の窓際の一隅で、はじめて会った。昭和45年の今の季節か、もう少しあとだった。

 彼は抜群の英語力で、大学の二年生のころから、ハヤカワ・ミステリ・マガジン(HMM)の下訳などをしていた。
宝塚市出身の俊才で、夏目漱石の著作などに親しんでいた。あの若さで、あれほどの知的成熟を、他にボクは知らない。
 はじめて彼と話した日を、昨日のことのように覚えている。
彼が大好きだったL.デヴィッドソンの『モルダウの黒い流れ』の話を畏敬を以って聞いた。

 当時、新刊で出版されたばかりのジェフリー・ハドソン(マイケル・クライトン)の『緊急の場合は』は、上半期のベスト5には入るなぁ。。。なんて話した。
その頃は当たり前だけれど、彼もボクも貧乏で、たいしたお昼も食べず、かわりに、ポケミスの新刊や新作映画のほとんどは、読んだり、観たりしていた。
授業にはお互い、見向きもしなかった。凄いと思ったのは、期末テスト期間中に、神田の古本屋まわりをしていた。さすがに付き合いきれない。
ミステリや海外小説の話になると、彼は時間の経つのを忘れて夢中になって話した。
そんな話を聞くのが楽しくて、じぃ~っと聞いてた。

 彼は八方美人的でなく、どちらかというと人嫌いに見えた。
しかし親しくなると、ゼンゼン違っていた。さみしがりやで、人恋しいタイプの人だった。
但し、本音を心置きなく語り合う関係になるまで、随分と、時間のかかる人ではあった。
 嘘や巧言令色を弄ぶ事は大嫌いだったと思う。
そのぶん、後に翻訳家になった時、原稿の持ち込みや出版社との社交の面で、そうとう損に働いた様にも思う。

 MWA最優秀短編賞のロバート・L・フィッシュの『月下の庭師』を彼が訳し、HMMに掲載された日のことー。
喫茶店が閉店時間になり、東西線の入り口の傍の喫茶店『オリエント』で続きを話した。
『月下の庭師』はヒッチ師匠の『裏窓』とダンセイニの『二壜の調味料』が合体したような傑作短編だった。

 彼とボクの付き合いは大学の三年から四年までと、社会人になってからの半年弱である。
彼は事情があって、急に帰郷してしまった。

 そして四年間が過ぎた。
そんなある日、彼から突然電話があり、そして他に誰も引き受け手はいない・・・と言う。
彼の結婚式の司会の依頼だった。いったん宝塚に集まり、式は京都だった。
東京からは、大作家になられたMKさんと、高校ー大学と同じサークルの編集者になったHくんも出掛けた。

 今も杉戸在住の作家MKさんは、彼の一番の親友だったと思う。
泉鏡花を研究しつつ、MKさんはコチコチの本格ミステリ派だった。
SFからハードボイルド、サスペンス、新刊ミステリは全部バカスカ読破するMさんとは肝胆相照らす仲だった。
結婚式でも、まだデビュー前のMKさんが主賓をつとめた。

 ついこの間まで、浮き沈みが激しい、出版ジャーナリズムを駆け抜けるのは、Mさんに不向きだった。。。と勝手に思っていた。
それは学生時代の最後のエッセイに由来する。
およそ、うろ覚えで不正確だが、『泣きたくて、泣きたくて、仕方がなかったある日、ボクは泣かずに発狂した』(かなりいい加減だが)というタイトルの名文がある。
そこでは、本当はミステリなど好きではなく、文学や童話に対する憧れが綴られていた。
彼の早成がよくわかった。
シャープな知性ゆえ、神経も鋭敏であり、繊細だった。翻訳の仕事には一切の手抜きがないことも、学生時代からうわさで聞いていた。
どちらかといえば、思慮深い英文学の研究者とかの方が似合っていた。
ボクもそうだが、ボクとは比較にならないくらいに、政治学には縁遠かったと思う。

 けれど、この記事を書くために翻訳家としての作品を調べて、やっぱり、才能が貫かれたことを知る。
とりわけ、彼が訳した作家に、フィリップ・K・ディックとマーガレット・ミラーの名前を見つけ、うれしくなった。
『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』は、彼の大好きなSFだった。
マーガレット・ミラーは彼が一番、敬愛していた翻訳家の小笠原豊樹(詩人:岩田宏)が訳した作家である。美しい文章を書く作家だった。

 彼の旅立ちは、やはり早すぎたのだが、それでも、よい仕事をなされたのだなぁ。。。と思う。
彼の訳した本を集め、読むのは老後の楽しみにとっておこう。
おそまきながら上を以って、合掌。

 以下は、彼の結婚式で時間が余りそうになり、司会者自らが歌うことを覚悟した曲だ。歌わずにすみ、ぶち壊しにしないでよかったぁ。。。心よりそう思う。




by nonoyamasadao | 2009-05-10 16:50 | 60年代ポップス | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< もう初夏かしらん 意味不明でしょうね~I wil... >>