いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
タグ
(863)
(712)
(214)
(188)
(184)
(160)
(123)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

デイ・ドリーム・ビリーバー

  NTTドコモのCMが楽しくて、ゴヒイキである。
まあ、堤真一さんと高畑充希さんの絡みが、見どころだ。
ケバメに決めた、ボディコンのタイトスカートでブルゾンみつきが参上し、オフィスを闊歩するあたりから、連続性のあるこのCMは、どんどんエスカレートしていった。
どこまで行くのかしらと、思っていた。
案の定、CMのタブーである上司・部下の不倫関係の距離感の、エレベータ内の今のCMに至る。

 いいのかな。。。と思いながら、高畑充希さんのオーバーアクティヴな演技が面白い。ハマったかな。
アニメの『ひるね姫』の彼女が歌う主題歌の「デイ・ドリーム・ビリーバー」をyoutubeで聴きながら、う~ん、よい詞だなあと思う。

 モンキーズの『ザ・モンキーズ』は、そう、高校2年生の冬だった。TBSテレビで、見た。
「デイ・ドリーム・ビリーバー」も、リアルタイムのヒット曲で、ラジオでよく聴いた。
モンキーズは彗星のように現れて、あっという間に、流れ星のように漆黒の闇の中へ、その光点を消していった。

 「デイ・ドリーム・ビリーバー」と言えば、訳詞ではなく、独自の歌詞をつけた忌野清志郎さんを思い出す。
いつも、学生運動家か土木作業員のようないでたちで、日本語で歌っていた。
でも、当時は、およそ興味なかった。

 振り返ると、井上陽水さんの名盤だと思った『氷の世界』の「帰れない二人」の詞は、ボク的には退屈なだけの、同じアルバム内の小椋佳さんの「白い一日」と較べると、遥かに心に響いた。
なのに、清志郎さんとは、相性が相当悪かった。
「い・け・な・いルージュマジック」は、パンクファッションやエキセントリックな行動がどうにもダサク感じて、違和感だけが残った。
あざといなって、思った。

 当時、本社が千歳船橋にあって、地下室の会議室にプロジェクトチームとして、終日、蟄居していた。
お昼になると、2階にいるOLさんたちが、注文していた出前を、業務用のエレベーターに乗せて、地下まで下降させて、運ぶ操作をしてくれた。
そのプロジェクトチームのまじめな、メガネをかけた、とてもプログラミングに才能があった典型的な理系女子が、忌野清志郎さんの熱狂的なファンだった。
追っかけをしてて、本人曰く、ライブに行くと、人格が変わるほど、RCは弾けるのだという。あな、おそろしい。

 彼女が、自宅かどこかの庭で写した、くつろいだ和服姿の清志郎さんの写真を見せてくれた。
スナップでは、閑寂な空気が流れ、すこしはにかんだ清志郎さんの目に、かなしみの影を見つけた。
でも、鎌倉文士的佇まいだなと思った。
ああ、これが、彼の本性だなって思った。不思議なくらい、違和感はなかった。
けれど、彼の音楽性に魅力を感じなかったし、時は過ぎ、清志郎さんは逝った。

 たぶん、セブン・イレブンのCMのせいだろう。
彼の「デイ・ドリーム・ビリーバー」の詞の1部だけは、よ~く、記憶していた。
♪ずっと夢を見て 幸せだったな
♪僕は Day Dream Believer そんで
♪彼女はクイーン

 高畑充希さんのアニメのPVの「デイ・ドリーム・ビリーバー」は、清志郎さんのコピーだ。
じっくり、聴くと、ステキな詞で、けど、どこかさみしい詞だなあと思った。

 朝早めに、目覚ましが鳴って、ケンカしたり、仲直りしたりして暮らしてきた、別れた彼女を懐かしむ歌かなと思いつつ、じっくり聴いていると、どーも、違う。
まあ、ファンの人には、有名なのでしょうけど、清志郎さんの記事を読んで、ああ、そうなのかと得心がいった。
この彼女ってのは、彼の亡母への追慕の総称だった。
彼は、出生の秘密を、育ての親が亡くなってから、知ったという。
ならば、彼女が生みの親か、育ての親かは、どちらだっていい。
個人的には、まだ見ぬ、3才で死別した母のような、気がしないでもない。

 どちらにしても、ずっと夢を見て 幸せだったーーー夢信者には、変わらない。
う~ん、ちょっと、泣きそうになるようなグッとくるせつなさを、久しぶりに味わった。
清志郎さんに、合掌。

 願わくば、リアルタイムで、1度くらいは、ちゃんと聴いてみたかったな。NHKのSONGSとかでね。

 そろそろ、今年も12月なんですね。↓この女優さん、歌、うまいです。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-11-24 20:48 | 雑文 | Comments(0)