いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
タグ
(854)
(703)
(210)
(187)
(183)
(158)
(122)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
こんばんは。 すっかり..
by nobulinn at 00:00
To まめ蔵さん >お..
by nonoyamasadao at 22:04
To まめ蔵さん >夏..
by nonoyamasadao at 21:20
To まめ蔵さん >フ..
by nonoyamasadao at 09:33
To まめ蔵さん >..
by nonoyamasadao at 22:14
To まめ蔵さん >「..
by nonoyamasadao at 23:20
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

厄日だ

  青森に行く。
熊本から伊丹空港経由で、青森空港だ。
乗り継ぎの伊丹空港でも待ち時間が、半端なく長い。
搭乗ロビーで調べ物などしてたら、あっという間で、乗り過ごすところだった。
すこし、動作も思考もスローになった気がする。
年かな。だったら、イヤだなあ。

 熊本から伊丹、伊丹から青森までプロペラ飛行機だった。
旧弊な人間だから、今、最先端のハイテク機よりも、古びたプロペラ飛行機の方が、落ち着く。
青森空港が濃霧だと仙台空港に緊急着陸するとのアナウンスだったが、機長の方針説明では、極力、青森空港に着陸するつもりだという。
た、たのもしい。
フム、「グッドラック」のグレートキャプテンの柴俊夫さんのラストフライトの回を思い出した。
もっとも、グレートキャプテンは、このような地味なフライトはしないだろう。
定刻より5分以上早く、到着する。ランディングも、ほんとにソフトだった。
飛行機から降りて、飛行場をぞろぞろと歩き、ターミナルビルに入る。バスもないのが、なんだか新鮮だ。

 青森空港から、ナナカマドの街路樹の道を仕事の会場に向かう。
ああ、5年前にも、この道を通って、仕事に来たのだった。
そうだった。10月末なのに、ナナカマドの真っ赤な紅葉はまだで、遠くに八甲田山が見えた。
中腹だけが黄葉していたのを、つい昨日のように思い出す。
今回もまた、とんぼ返りだ。
昔、ガールフレンドが教えてくれた、十和田湖や浅虫温泉は、一生行けないのかなと、クヨクヨ悔やむ。

 その晩の懇親会の後、地味な、市内の中心から離れたビジネスホテルに泊まる。
夜、20時ころだというのに、食事処もない。フロントに聞いて、一軒しかない近場の居酒屋に向かう。
近場と言っても、1キロ以上の灯りも何もない、闇夜のさみしい道をトボトボ歩く。

 そのお店も、ぼんやりした感じで、ひっそりと佇む。
けれども、その居酒屋の刺身は美味かった。
ヒラメ刺し、イカ刺しは絶品だ。
刺身がウメーウメー、酒がすすむ、すすむ。
アルバイトのお姉さんがまた、おきれい。
明日は難題の仕事だが、まっ、いっか。

 あけて翌日、案の定、ひどい二日酔いだ。朝メシのバイキングに行くけど、パンを一つ二つに、パム2枚でアップルジュースを飲む。
まだ、目覚めないので、コーヒーも飲む。
ホテルの無料の、自動コーヒーを操作も判らぬまま、ためすと、コーヒーカップからコーヒーがあふれ出し、それでも止まらん。
フロントから、これまた、おうつくしいお嬢さんがとんできて、コーヒーを入れ直してくれ、わかりにくくてスミマセンと詫びる。
でも、その目は、なんだか、ワタクシを不憫そうに見ている気がする。ズドンと落ち込む。

 やっぱ、深酒がいけなかったのか、仕事も芳しくない。
またまた、落ち込む。
帰りの飛行機は、知っている人たちが、あちこちに散らばって乗っていた。
伊丹につくと、もうダメ。
疲れと脱力感で、ヘロヘロのヨレヨレだ。
で、贅沢してプレミアムクラスに乗る。
でも、不思議に腹が減る。ああ、そうだった。
朝すこしで、昼はぬいているからだ。

 もう、20時過ぎの夜間フライトだから、飯など出ないのだろうな。
今まで、いつも寝ていて、プレミアムクラスでは、食事を辞退してきた。
でも、ディナーはあった。なかなか凝った懐石膳だった。フライト後、15分たって出てきて、20分足らずで、食せねばならない。

 ウ~ム、おいしかったけれど、あわただしかったあ。な~んか胸焼けした。
全ては自業自得なのだが、厄日だと呟く。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-05-31 11:05 | 雑文 | Comments(1)

与謝野馨さんを偲ぶー松本楼と堂々たる政治

 与謝野馨さんが亡くなった。9年前に書いた記事に、少し加筆して追悼文を書かせて頂く。

 日比谷公園内のレストラン「松本楼」で、日中首脳の非公式の夕食会が開かれた。松本楼の経営者は梅屋庄吉の末裔にあたるそうだ。梅屋庄吉は、中国の国民的英雄の孫文を物心の両面から支えた人だという。だが、今日書くのは松本楼にちなんだ政治の話だ。

 松本楼は、東京のセントラルパークの日比谷公園の中にある。日比谷公園は日本で初めての西洋風公園だ。野外音楽堂、噴水、花壇などがあり、昔の邦画には不可欠な公園であった。
松本楼は9月25日になると、10円カレーが食べられる。集まったお金はチャリティー募金になるそうだ。筆者が新入社員になったころ、勤務先は内幸町のNHKの向かいにあった。
松本楼は筆者が大学のころ、放火で全焼した。再建されたが、10円カレーは、後のことである。
昼休みには、よく日比谷公園に出掛けた。たくさんのOLがお昼を寛ぐ場所でもあった。風が強い日だと砂埃が舞い上がるが、時として思いもよらぬ目の保養の恩恵にも浴した。

 松本楼は日露戦争(1904年 - 1905年)の講和の結果、とばっちりでとんでもない災厄に見舞われた。
時代背景を大雑把に整理しておく。
帝政ロシアは苛烈な拡張政策をとり、それはイギリスのような資本の論理に従ったものとは性質を異にした。レーニンは、「軍事的封建的帝国主義」と表現した。
バルカン半島への進出を目指して、ドイツの反対にあって断念するや否や、その矛先を極東に向けるといったものだった。アジア諸国では欧米列強の植民地支配への鬱積した憤怒があった。

 日露戦争は日本にとってリスクの高い賭けである。日本政府内にも深刻な対立があった。
主戦派の桂太郎、小村寿太郎と戦争回避派の伊藤博文、山県有朋らの対立である。なかんずく伊藤博文と桂太郎の対立は以下の如くであった。
桂太郎は外務大臣に小村寿太郎を擁し、列強のイギリスと連携してロシアに対抗できると考えた。他方、伊藤博文は、ロシアと対決する力は日本にはないと判断し、自らペテルスブルグへ出かけ対ロ交渉にあたる。ロシアと妥協し、ロシアの満鉄支配を事実上、認めることで日本の安全を図ろうとする構想だった。
衛藤瀋吉先生の「東アジア国際関係史」の講義では、伊藤博文は政治的出自に於いて、人殺しを厭わないような輩だったが、政治の中枢になってからは、命がけでロシアとの戦争を回避しようとした。その識見はまさしく卓越し、周囲の反対にもかかわらず、穏当な意見であったと高く評価された。
だが、桂、小村らのリーダーシップで日露戦争に突入してゆく。

 日露戦争はギリギリの勝利となるが、1905年、セオドア・ローズベルト大統領の仲介による講和条約(ポーツマス条約)では、朝鮮に対する優先権、旅順や大連などの租借権、サハリンの南半分の領有権を手にしたが、賠償金は得られなかった。
賠償金の放棄は、どうにかこうにか勝たせてもらった日本であるから、必死の戦争終結努力の結果である。中途半端であれ、講和成立のためには詮無く引き返しも当然であった。
少しでも延びればロシアは必ず勝つという戦争の内情を知らない日本国民は、小村外交を不服として、松本楼、新聞社、交番などの「日比谷焼き討ち事件」と呼ばれるものを起こす。当時の松本楼でカレーを食べ、コーヒーを飲むのが、もっともモダンとされた時代だった。
焼き討ちの理由だが、自分たちの生活が賠償金によってよくなることを望む人たちの怒りの暴動であった。また、こうした小村外交を激越に弾劾したのは、「朝日新聞」であり、それに拠った東京帝国大学法学部の「七教授」であると、衛藤先生は指摘されている。(「近代東アジア国際関係史」、p.88,東京大学出版会)

 「戦勝はすなわち亡国の始めならん」と言ったのは徳富蘆花である。
 以下にまた、引用を記す。当節の政治家の本からの引用である。

 「私は、「どうして日本はあんなばかな戦争をやったのか」と考えることがある。そこで一つ思い至るのは、昭和10年代の政治家というのは、ほとんどイメージが残っていないということだ。」

 引用は、与謝野馨著「堂々たる政治」からである。
判断を誤り、戦争の引き金を引いたのが近衛文麿だと言う。また肝心なときに何の発言もせず、行動もしていない当時の政治家が、お粗末だったと言うのももっともである。
だが昨今もまた、残像のない政治家ばかりである。
与謝野氏も衛藤先生も、保守の人である。どちらかと言えば、筆者とはスタンスが違う人たちだが、凄みを帯びた知的廉直は人の心を打ち、かつ魅了する。(2008年5月9日)

 与謝野馨さんには、一度だけ会ったことがある。正しくは、サントリー・バーの、たまさか隣に座った人が与謝野さんだった。
そのサントリー・バーはトリス・バーが進化したのだと思う。
僕たちが学生時分から、行きつけだったくらいだから、銀座にあるのが不思議なくらいだ。
ストゥールだけのバーだ。新橋の銀座口そばに、十仁病院や喫茶店アマンドがあったころだ。僕もまだ、二十代の半ばころだった。
与謝野さんは地下のそのバーに颯爽と現れた。風のようにだ。
旧知であるらしいバーのマスターとの話しぶりから、新聞記者だと確信した。じつは、もう当選一回だった。
今、思うと、与謝野さんが、余命2年とガン宣告されたころだったと思う。
シングルの水割りを二杯飲んで、じゃあまた、と風のように去った。

 その与謝野さんが、金融・経済財政相のときのことだ。株の取引ミスに乗じて、利殖を目論んだ証券会社に対して、美しくないと短くコメントしたのが新聞に掲載されたのを読んだ。
ミスにつけこんだ経済行為を、美しくないといったのだろう。
政治家と美意識は対立概念のようだが、なぜか与謝野さんらしいと思った。
与謝野さんは、靖国神社A級戦犯分祀論者でもあった。
「君死にたもうことなかれ」の作者の孫だから当然であるが・・・。

 今、思い出すのは、小泉内閣時代の国会答弁で、野党から派遣についての見解を問われ、「同一労働、同一賃金は大原則だ」と、答弁したことだ。
野党議員も拍手した。
昔の保守の人には、たしかに品位がある人もいた。

 今の自民党には、もっとも必要な人であった。東京1区に向かって、合掌。

[PR]
by nonoyamasadao | 2017-05-25 13:28 | 雑文 | Comments(4)

象牙海岸

 最近、近場をタクシーで動きまわることが多い。
周りの景色など、ぼーっとして、眺めるだけだから、季節の感覚が乏しい。
もっとも、タクシーのクーラーは、よく効いている。
帰りに、自宅に戻る時だけは、どんなところからでも、歩いて帰る。
まあ、途中で、晩飯などの買い物があるから、歩くだけだが、やっと、季節感らしきものが訪れる。
昨日の夕方は、歩いていて、バカに暑いなあと思ったら、昼は夏日だったようだ。
 タクシーの運転手さんが、面白い話を聞かせてくれた。
家は田園地帯の真っ只中だそうだ。
羨ましがっていたら、これからは、カエルの声がうるさいという。
それも風情ですねというと、あ~た、そんな気楽なもんじゃありませんね。。。と胸を張る。
あ~た、はムキになっていったから、あなたがあ~たになったのかもしれない。
でも、カエルの声は、耳になじむが、いつまでたっても馴染まないのが、虫の声だそうだ。
そっかな、秋のしじまの虫の音のリーリーリーリーというのは、ボクにとっては、メルヘンだったけどな。
まあ、『逃げ恥』で、新垣結衣さんが星野源さんの役名「平匡さん」を連呼するたびに、ボクはいつも、おいしい寿司ネタの「ヒラマサ、ヒラマサ」さんと連呼しているように思う。
それと似てるかもしれない。
ぜんぜん違うか。

 以前、市電通りに面した集合住宅に住んでいた。
明け方近くなると、始発の市電の振動音や、信号機の交通信号のぴっぽーぴっぽーという音で目覚めた。
信号機の音には、ピヨピヨやカッコーカッコーがある。
あれは、横断歩道の方向を表しているそうだ。
だったら、スクランブル交差点は、どーなるんだ。

 最近、あまり目覚めがよくない。
けれど、今日は、昔、よく遊んだ友人と旅行している夢を見た。
たぶん、週末に青森に行くからだろう。もっとも、ビジネス・トリップで行って、帰るだけだ。
夢の中では、たしか、金沢方面を旅していたと思うけど、なぜか、砂浜では象牙海岸だった。
金沢方面とコートジボアールが、どこで結び付いたのか。
夢の中の世界はまことに不条理なのである。

 きっと、竹内まりやさんの♪象牙海岸と名前までつけた 遠い夏のボクの心象風景は、金沢の海岸だったのかもしれない。
そういえば、もう夏雲になっているな。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-05-21 11:11 | 雑文 | Comments(1)

コインランドリー

  還暦過ぎて、古希に近づきつつあるころになって、コインランドリーに行く。
ただしくは、我が生涯、2度目になる。
1度目は、老母がベッドから大転落して、救急搬送した時だった。
ああ、そういえば、なぜか洗濯には、縁がない人生だったなと、ふと気づく。
入院は一回きりだし、下宿時代もそんなに長くはなかった。
 左右に3台並ぶ洗濯機とその上に乾燥機が乗っかるようになっている。
洗濯機に、洗い物を入れながら、遠い昔の男女七人夏物語を思い出す。
明石家さんまさんが、コインランドリーで、「一枚パンツ、二枚パンツ、、、」と、パンツを投げ入れていた。
で、マネして、声に出してやってみる。
ん、面白い。これは病みつきになりそうだ。
 ま、待て。
これは、還暦過ぎて、やることじゃあない。
おそるおそる、うしろを振り向く。
誰もいない。
ああ、よかったぁ。
 
 あ、洗剤を入れるのを忘れてしまった。
でも、どこにも洗剤をいれるとは書いていない。
大丈夫かな、洗濯機が止まるのではなかろうな。。。とビクビクする。

 長く生きていくって・・・、独り言を呟き、しんみりしたキブンになる。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-05-19 11:11 | 雑文 | Comments(0)

さみどりの憂鬱

  風邪なのか、はたまた花粉のせいなのか不分明だが、喉の痛みが治らない。
このところ、身体のあちこちにガタが来たようで、いろいろな検査をしに、大きな病院に行き、最先端の機械で検査した。
まあ、結果オーライなのだから、ハッピーだけれど、あれこれ心配して、ああ、年をとるってのは、こういうことなんだろうな、という感触をようやく思い知った気がする。

 4月末から、5月のゴールデンウィークのころになると、昔から、さみどりの憂鬱になった。
そ~んな憂さ晴らしに、ちょうどよい具合に、2~3年前まで、週に一度は顔を合わせていた若い人たちのOB呑み会に混ぜてもらう。
朝はコッペパン、ゆでた野菜付きハムエッグ、果物は晩柑を食す。
昼は抜いて、ちょっとだけ、月末の青森出張の下調べなどする。
宴会は、20時からだから、かなりおなかがすくが、じっと我慢する。
喉の痛みは消えないが、会合に出掛けて、瓶ビールや日本酒をおいしくいただくと、すっかり治ってた。
帰るとき、お店の急な傾斜の階段には手すりがなくて、ああ、ここから落ちたら、死ぬだろうな。。。。と、恐る恐る階段を降りる。
もしもボクが有名人なら、飲酒により階段を踏み外し、脳挫傷のために急逝。66歳没。葬儀は・・・などが、頭に浮かぶ。
ひょっとしたら、こういう妄想も、あらてのさみどりの憂鬱かもしれないなどと思う。

 お店の外で、若い友達たちとしばらく名残を惜しみあってから、次回はお盆だと言われ、別れる。
連休のせいか、タクシー乗り場には、誰もいない。
タクシーで帰ると、お隣のマンションのエゴノキの花が咲いてる。
下を向いた、釣鐘形の小さな白い花だ。

 はて、エゴノキは、5月の中旬過ぎころから梅雨前の花では、なかったか。
かすかな芳香のある木だが、匂いは、まだしなかった。
静かな真夜中の雨が降りだした。


More
[PR]
by nonoyamasadao | 2017-05-04 17:55 | 雑文 | Comments(3)