いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
タグ
(849)
(698)
(205)
(187)
(183)
(158)
(122)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To まめ蔵さん >お..
by nonoyamasadao at 22:04
もうすぐ退院なさるのです..
by まめ蔵 at 16:18
To まめ蔵さん >夏..
by nonoyamasadao at 21:20
nonoyamaさん、な..
by まめ蔵 at 20:10
To まめ蔵さん >フ..
by nonoyamasadao at 09:33
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 23:21
To まめ蔵さん >..
by nonoyamasadao at 22:14
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 16:10
了解です(笑)
by まめ蔵 at 20:55
To まめ蔵さん >「..
by nonoyamasadao at 23:20
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


杉浦日向子さんのこと

 杉浦日向子さんの『風流江戸雀』の文庫本をパラパラと繰った。
さりげなく季節が描かれていて、今まで気がつかなかった己がマヌケさに驚く。
厳選された古川柳の季節に合わせて正月、如月、弥生とショートマンガが描かれるのだから、当たり前なのである。書く。

 たとえば、神無月では江戸の職人らしき主人公は子供をつれて、紅葉見物に向かう。
主人公は紅葉を賞で、仲間のみんなと、吉原くんだりへ遊びに繰り出す予定だった。
江戸近郊の紅葉の名所『正燈寺』でみんなと集合する。
『正燈寺』から日本堤に向かい、鷺神社を過ぎると、花の吉原である。
主人公は、仲間から子供をおっつけられたことを、揶揄される。
『ナニ、茶屋のおばさんにでも頼むさ』。。。と些か、父親の自覚に欠ける、お気楽な主人公である。
だが、散り敷いたイチョウの落ち葉からギンナンを無邪気に拾い集める子供を見ていると、さすがに子供をほうり、遊ぶ気にはなれない。
結局、紅葉を見るだけで、帰ることにする。
吉原に繰り出す仲間も、『ナニ、お酉様のときに又、声掛けるよ』と無理に、誘わないで別れる。
たったそれだけの人情話だが、なんともあたたかな、人生のいつくしみに富んだ日常である。

 『江戸へようこそ』、『風流江戸雀』の杉浦日向子さんをリアルタイムで知っている。
樫山文枝さんが演じた『おはなはん』の女学生のように髪を丸髷風に結い上げ、和服姿の彼女を写真で見た。京橋の呉服屋さんのお嬢さんだから、着物姿はそりゃ、よく似合う。
知性的な美人だった。
杉浦さんはその後、突然、マンガ家を引退する。ボクは亡くなった後で、血液の免疫系の難病が原因だと知った。
当時は、もったいないことするなぁ、といった感じだった。
それから、彼女は隠居と称し、美味い酒、美味いソバ、美味い酒肴などについて、短文を書いた。
『ソバ屋で憩う』などである。
『隠居の日向ぼっこ』は、しっかりとした時代考証を踏まえ、江戸時代から昭和の暮らしにかかわる道具について、蘊蓄を傾けた。

 おそらく週刊誌で読んだのだと思う。
夜は八時か九時に就寝。夜中の二時頃に起き、酒肴を作り、日本酒を飲むと書いてあった。
そして昼間の混雑を過ぎたお昼の二時を過ぎたころ、ソバ屋に行き、日本酒を二合ほど、飲む。

 ソバ屋は真昼間から、酒を飲むのが唯一、許された場所のように思う。それもビールではなく、日本酒である。
ソバ屋の酒というのは、大人でしか味わえない愉悦がある。
遅い昼時に、町を歩いていて酒が飲みたくなった時は、寿司屋ではなくソバ屋に限る。酒なら寿司屋より、美味いと思う。
酒肴は限定的だが、玉子焼、板わさ、鴨焼き、ソバ味噌、少しの天ぷらなど、辛めで温かい品もある。
当時、アルコール依存症状態だったボクは、杉浦さんに勇気づけられたものである。こう書くと、彼女の本意とは違うだろう。

 ソバ屋で飲み、ザルかセイロを食す。そして分葱、七味を入れソバ湯を飲む。
杉浦さんの『ソバ屋で憩う』のどこかで、天ぷらソバを食べ残す記述があった気がする。
それを読んだ時に、ああ、この人はソバの味を極めるというより、ソバ屋の雰囲気が好きなのだなぁと思った。
踏み込んで書くと、杉浦さんは美味しい酒肴で、日本酒を飲みたかったのである。
あの時、鳥の影のような不吉なものを感じた。

 杉浦さんは、開高健、池波正太郎といったような健啖家ではない。
亡くなる二年前に、難病そのものは緩解しつつあったが、下咽頭ガンが発見された。
最後の作品『ごくらくちんみ』には、ちんみの数々が紹介してあるが、これはエッセイではなく、千三百字の掌編小説集である。『きんつば』で一杯というのがあった。これは、試したことがある。存外、美味だった。
『板わさ』という作品ー。
午後四時のソバ屋、亡き夫の友人のお葬式帰りの未亡人と義弟の二人が熱燗でカマボコを食す場面がある。義弟が言う。
『義姉さんは、もっと将来のこと考えなきゃだめだよ』
『ありがとう。でも、将来のことより、今の暮らしの方が、わたしには大切なの』とある。

 杉浦さんはきっと、江戸時代を生きたかったのだと思う。
夜八時にはもう、漆黒の闇が広がり、宵越しの年金も、金利の心配もない。
長夜の独酌、昼下がりの酒の風雅にひたり、血液の難病に抗し、江戸の空気を小粋に駆け抜けた。とはいえ、やはり心が痛い。

 江戸時代の平均寿命は二十才から五十才くらいまでだそうだ。それにしても、巾がある。
だとすれば、四十六才の逝去は短い人生ではなかったのかもしれない。合掌。

 してみると、ボクなど、賞味期限切れもよいところであるなぁ。
佳人薄命とは、よくいったものである。
なんだか、今日はマジメなので、最後に、バカバカしくて笑ってしまったことを引用しておく。
教えて!gooイメージの記事だ。

 『佳人』とは「うつくしい人」のほかに「すぐれている人。りっぱな人」「きりっと美しい人」という意味があります。
つまり、頭が良くて顔もいい、内面外面とも優れた人。
一方『麗人』には「形が整って美しい人、うるわしい人」という意味があります。
つまり、顔もスタイルもいい、外面がとってもいい人。
まあ、イメージは人それぞれですが、(反論も多そうですし、私の本心でもないのですが)たとえて言えば
「佳人」:菊川怜
「麗人」:藤原紀香
ていうところでしょうか。

 あ、これ書いたのは、ワタクシではございません、ホント。
逝去の半年前、ガンの再手術後、杉浦さんは南太平洋クルーズに一人、旅立つ。
女性ハードボイルドもかっこいい。。。と思った。




[PR]
by nonoyamasadao | 2008-09-21 15:01 | 雑文 | Comments(4)
Commented by ta-ke-58-ta-xi at 2008-09-22 18:52
杉浦さんについては、テレビで見た程度だけなので・・あまりいえませんが。
江戸時代を生きたかったのでは・・・というnonoyama様の文章!!。
・・素晴らしく好感のもてるエッセイ・・と思いました!!。
ただ後半の文章は余計では・・(アチャー?!・・スミマセン!!)。
才能を惜しむ気持ちと、思いもかけない早い死に対し・・・追慕の気持ちに溢れる(本当かなぁ)・・文章力。
ワタクシも気になっていた人だけに・・合掌です。
Commented by nonoyamasadao at 2008-09-22 19:50
To ta-ke-58-ta-xi
>ただ後半の文章は余計では・・(アチャー?!・・スミマセン!!)。
------
お今晩は。
兄さんはいつも、僕の蛇足や筆滑りを指摘してくれます。いつも、ホントにそうだなぁと思っています。
今回は本音を書いたから、こっぱずかしくなりましてね。
敢えてぶち壊しました。
たぶん、そのあたりはお見通しでしょう。

>追慕の気持ちに溢れる
------
そう、ここですがな。
憧れてたんですよ。
後年のアンパンおたふくも含め、お恥ずかしい。
あの笑顔が素敵だったよなぁ。。。赤面しつつ書く、マネ。(汗
ボクはセカ中とか、お涙チョウダイ映画が大嫌いですが、そんなことをおくびにも出さない。なんてカッコよいだろう。。。です。合掌。
Commented by nobulinn at 2008-09-22 23:20
こんばんは。
おそば屋さんで飲むお酒・・・
なんであんなに幸せなんでしょう(^^;)
おつまみがほどよいというか・・・
あのほどよく手を加えたという感じがなんとも言えません。
いつかひとりでおそば屋さんできれいにお酒が飲める女性になりたいな~と密かに憧れます。
今は、まだ様にならないのがわかるので、やりません。
Commented by nonoyamasadao at 2008-09-23 07:46
To nobulinnさん
>おつまみがほどよいというか・・・
あのほどよく手を加えたという感じがなんとも言えません。
-----
前回、呼び捨てで書いてしまいました。お詫びします。
落語にありましたね。江戸っ子が、あんましつゆつけずに、ずるずるってね。南の地ではソバより、うどん文化でして・・。
あのほどよく手を加えた、とは言い得て妙で、あと雰囲気もあるのではないでしょうか。たたきにテーブル、こあがり、紺暖簾とか。

>今は、まだ様にならないのがわかるので、やりません。
-----
女性に限らず、年季が入らないと様にならない。
ワタクシの年令でもどうか・・・。粋なおやじになりたいデス。
<< マンションライフ コスモス畑でフルーツ採れ・・・ません >>