いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
タグ
(838)
(687)
(200)
(186)
(181)
(158)
(121)
(101)
(72)
(57)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:59
『ビコーズ』2009年に..
by 穴沢ジョージ at 01:49
To まめ蔵 さん ..
by nonoyamasadao at 17:17
こんにちは^^ 『騎士..
by まめ蔵 at 15:21
To 穴沢ジョージさん..
by nonoyamasadao at 12:40
そうですか。WMC です..
by 穴沢ジョージ at 22:55
To まめ蔵さん >立..
by nonoyamasadao at 09:59
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 15:49
To まめ蔵さん >枝..
by nonoyamasadao at 18:05
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 17:02
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本格長編ミステリベスト15(国産)

 最近、推理小説をあまり読んでいない。

 かなり若い頃に夢見た人生のブループリントだと、僕の年令のころになるとー
ロンドンの郊外に住んで、この季節は暖炉の灯りで、英国推理作家協会(CWA)賞のミステリを読んでいるはずだった。

 緑が見えるところに住んで、おいしい紅茶を飲み、
日曜日になるとバラつくりに勤しんでいるはずだった。
まあ、予定は未定ではあるが、とんでもない方向へ脱線してしまったものだ。

 あ、紅茶の話題だが、
穴沢ジョージさんが素敵なブログを書いている。
(http://plaza.rakuten.co.jp/ageorge/diary/200711110000/)
だが、僕はミルクティーが苦手である。根拠はないが、人工栄養で育ったからかもしれない。

 こういうのが、ありました。
♪私は熱い ミルクティーで
♪胸まで灼けてしまったようです

 山口百恵さんの“横須賀ストーリー”ですね。阿木耀子さんの傑作です。

 さすがに恐れ多くて躊躇したのだが、当初のもくろみではLSE留学という夢物語を前提にしていた。
厚かましくも、お恥ずかしい。出発点から設計ミスである。だが、現在を後悔しているわけではない。

 さて、どうして推理小説をあんまり読まなくなったのか。
結構、国産の本格推理小説も善戦健闘している。立派なものだと思う。

 先だって、本格短編ベスト10(海外)をセレクト(そんなに苦労して夥しい中から選んだのではない。。。というより、やっと青息吐息で捻り出したというのがホントのところだ)したときに、
ふと最近の本格について語る資格がないなあ。。。と思った。

 京極堂や森博嗣のどこが面白いのか、理解できないのである。やっぱ、時流からかなりずれが生じている。違和感はあるのだが、どこから来るのか判然としない。

 そこで、“週刊文春 日本ミステリー・ベスト100リスト(1985年)”のベスト20と、
僕が選んだベスト15を並べて、比較してみよう。
僕のは古色蒼然としているから、1985年でも新し過ぎかもしれない。

 ごく、一般的には1985年の資料は古いのだが、年間ベストが多いわりに、
オールタイム・ベストは、ネット検索だと週刊文春のが一番あたらしい。検索の仕方が悪いのかもしれない。
まあ、ほぼ四半世紀前のリストとの比較である。

 僕は音楽でもグッド・オールド・デイズに生きているから、オールドファッションも止む無しだ。

 1969年~1973年の頃の話だ。
ミステリと映画があるだけで、しあわせな毎日があった。
ミステリや映画の後の夜の喫茶店でのダベリに、虹が輝やいた。

 本格だと、ピーター・ディキンソン“英雄の誇り”、ピーター・ラヴゼイ“死の競歩”、ジョイス・ポーターの“切断”が訳されたころだ。
冒険小説では、デズモンド・バグリイやハモンド・イネスの頃だ。

 全て英国作家だ。カーもヒッチ師匠も、英米作家だと思っている。

 はじめてのデートのとき、早川ポケミスを持っていた。
もう二度と、あんな楽しい時代はぜったいに来ない。
けれど、ひょっとしたら再び。。。な~んて、思いながら死んでいけたら、最高の人生だなあと思う。

 ミステリの王道はやっぱ、本格推理小説だった。本格以外は、変格などといわれた。
密室に代表されるような不可能犯罪の謎解き探偵小説が正統的であった。

 一方で、ハメット=チャンドラー=ロス・マクのような良質なハードボイルド小説があった。ロスマクはまだ、現役だった。
コーネル・ウールリッチやパトリック・クェンティンのようなサスペンス小説があり、
レン・デイトンのような華麗なスパイスリラーの詩人もいた。ギャビン・ライアルのような渋めで、巧緻な冒険小説もあった。

 好みではなかったが、軽ハードのカーター・ブラウンもブームだった。

 そんなときに、都筑 道夫さんの“黄色い部屋はいかに改装されたか?”という本格推理小説への問いがなされた。
今となると、都筑 道夫さんの真意が奈辺にあったのか不分明なところもあったが、たぶん問い自体は正論だったと思う。

 都筑 道夫さんはEQMMからの近代ミステリの功労者であり、ミステリへの愛は江戸川乱歩に匹敵する。
しかし、なんでこんなアカデミックになられたのでしょう。ミステリの方法論の論争を仕掛けたのだ。

 都筑 道夫さんだから、ぜったいに理由はある。ほとんどのミステリはいっとき、原書で読まれた。
きっと、なにかに目覚められたのだろう。彼は分析的思考に沈潜した。
つまりー

 真犯人は誰か?犯人の意外性の追及はあんまり、有意味ではないと主張した。

 たとえば、トリック自体はさほど意味などない。そして論理の構築物としてのミステリを提唱された。
論理の構築物であるミステリは、その論理が解き明かされる過程でサスペンスが醸成され、そこに本格推理小説の醍醐味が極まるのだと説かれた。

 そして都筑 道夫さんはご自身で“七十五羽の鴉”、“最長不倒距離”、“キリオン・スレイの生活と生涯”など、理論の実践化を試みた。
これら作品は出来不出来はそれぞれ議論があったが、まさしく“隗より始めよ”であった。
この態度は、賞賛されて然る可きであろう。立派だな、えらいなと思う。

 そういえば、“謎解きの明瞭性”や“論理のアクロバット”などという、言葉もあった。
ミステリはアカデミックに分析しようと思えば、
飛鳥高の“細い赤い糸”のようなミッシング・リンク・テーマであるとか、
レッド・ヘリング(赤いニシン)のような伏線について、本格研究する材料はたくさんあると思う。

 だが、個人的にはあんまり生産的な議論だと思わない。

 閑話休題。

 “週刊文春 日本ミステリー・ベスト100 リスト(1985年)”からベスト20に絞り込んで、掲げましょう。

------------------------------------------------------------------

1.獄門島           横溝正史
2.虚無への供物        中井英夫
3.点と線           松本清張
4.不連続殺人事件       坂口安吾
5.黒死館殺人事件       小栗虫太郎
6.ドグラ・マグラ       夢野久作
7.本陣殺人事件        横溝正史
8.黒いトランク        鮎川哲也
9.戻り川心中         連城三紀彦
10.刺青殺人事件        高木彬光

11.山猫の夏          船戸与一
12.大誘拐           天藤真
13.二銭銅貨          江戸川乱歩
14.陰獣            江戸川乱歩
15.ゼロの焦点         松本清張
16.11枚のとらんぷ      泡坂妻夫
17.亜愛一郎の狼狽       泡坂妻夫
18.飢餓海峡          水上勉
18.ゴメスの名はゴメス     結城昌治
20.危険な童話         土屋隆夫

------------------------------------------------------------------

 僭越ですけど、僕の日本ミステリー・ベスト15を書かせてもらいます。

1.不連続殺人事件       坂口安吾
2.虚無への供物        中井英夫(塔晶夫)
3.黒死館殺人事件       小栗虫太郎
4.点と線           松本清張
5.刺青殺人事件        高木彬光
6.蝶蝶殺人事件        横溝正史
7.獄門島           横溝正史
8.本陣殺人事件        横溝正史
9.船富家の惨劇        蒼井雄
10.殺人鬼           浜尾四郎
11.陰獣            江戸川乱歩
12.疑問の黒枠         小酒井不木
13.危険な童話         土屋隆夫
14.人はそれを情死と呼ぶ    鮎川哲也
15.占星術殺人事件       島田荘司

------------------------------------------------------------------

 ベスト10はほぼ同じ作品だが、僕は本格しか挙げていない。
あ、陳舜臣が漏れてしまった。“炎に絵を”など、小味だが本格推理小説の醍醐味を堪能したものだ。
松本清張が芥川の味わいがあると書いていたが、陳舜臣の文体は平易だが、気品があり、悠々としていた。

 坂口安吾の“不連続殺人事件”と松本清張の“点と線”についてだけ、付言しておこう。

 坂口安吾の最高傑作は、やっぱ“桜の森の満開の下”だと思っている。
ここでは、“不連続殺人事件”が全日本の探偵小説のなぜ、ベスト1に推されてしかるべきと考えたのか、について書く。

 巧妙な伏線、物語展開、全編に仕掛けた大トリック、ゾクゾクする面白さ、そして意外性、そのすべてにおいて文句なしである。
登場人物の一人ひとりが、ニヤニヤ、ゲラゲラである。達者なものだった。
まあ、クライマックスが“赤毛のレッドメーンズ”のようで、本格推理小説の醍醐味をとことん満喫できた。
やっぱ、日本推理小説史上、燦然と照り輝く高峰である。

 松本清張の“点と線”だが、当時とて、ある交通手段がバレバレであるとの指摘があった。
だが、それが天から念頭にないというような書き方が凄いと思った。
三分間のトリックだけだろうという指摘や、アリバイ破りはアリバイ破りだと読み取られた時点で失敗作だという指摘もあった。

 前者は三分間トリックで認められたわけではない。
当時の香椎駅と現場付近の検証や雑誌“旅”に連載されたためか“紀(季)の小説”といった趣が楽しかったのだ。

 後者はアリバイ破りの醍醐味を理解しようとしない、当時の一部マニアの偏狭さを示すものだ。
そのわりに、密室での機械トリックには寛容な時代だった。もちろん、機械トリックが心理トリックより劣るという短絡した議論にも与さない。

 松本清張のミステリには、その後の“ディスカバー・ジャパン”や“小京都ブーム”、そして“レトロ”まで包含する旅情があった。
だが、さすがに舞台を外国に置き換えた時代となると、旅情は希薄になり興ざめは拭えない。

 晩年の“彩り河”や“熱い絹”は、モロ破綻を来たしているが、圧倒的な筆力を見せつけた作品になっている。渾身の力作だ。

にほんブログ村 その他日記ブログ
[PR]
by nonoyamasadao | 2008-01-14 13:44 | 本格パズラー | Comments(2)
Commented by ta-ke-58-ta-xi at 2008-01-17 00:40
相当に読破されてますね!!。
ワタクシは最近は活字・・・パッタリです。
nonoyama様のベスト15の中で・・読んだ本は。
不、虚、黒、点、刺、本、陰 の7冊。文春だと・・ド、山、二、ゼ、飢・・が追加される程度 (汗)。

・・・・もう・・まったく物語を覚えていないのが悲しいです。
読みながら・・登場人物がたくさん出てくると・・混乱してしまいます。
Commented by nonoyamasadao at 2008-01-17 09:32
To ta-ke-58-ta-xi
>nonoyama様のベスト15の中で・・読んだ本は。
不、虚、黒、点、刺、本、陰 の7冊。文春だと・・ド、山、二、ゼ、飢・・が追加される程度 (汗)。
-----
おはようございます。ご立派なもんだと思います。僕はミステリだけだから。う~ん、これが天井でして、35才をすぎると、ミステリはつるべ落としの如くーまっすぐ落下してしまいました。僕は、山猫の夏は読んでいません。

>・・・・もう・・まったく物語を覚えていないのが悲しいです。
-----
それそれ、僕もそうなんですよ。真ん中くらいまで読んで、あれれ、これ前に読んだゾ。。。て気がつくこと、ママありますよ。今から、そちらに伺いますね。
<< 早春物語と鉢植えのバラ 真冬の帰り道~春が好き >>