いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
タグ
(842)
(691)
(202)
(187)
(181)
(158)
(122)
(101)
(72)
(57)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To まめ蔵さん >..
by nonoyamasadao at 22:14
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 16:10
了解です(笑)
by まめ蔵 at 20:55
To まめ蔵さん >「..
by nonoyamasadao at 23:20
あ、ここでは sadan..
by まめ蔵 at 21:35
T0 まめ蔵さん >初..
by sadanono at 10:56
> 若いって素晴らしい。..
by まめ蔵 at 17:04
To まめ蔵さん >エ..
by sadanono at 20:33
nonoyamaさん、御..
by まめ蔵 at 15:27
To 穴沢ジョージさん..
by nonoyamasadao at 00:18
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


上を向いて歩こう

昨年に宮川泰、青島幸男、今年になって植木等が亡くなった。
昔になるけど、もう一人、忘れられない人に中村八大がいた。
考えてみると、私はとてもいい時代に生まれてきたものだ。
素敵な大人たちがたくさんいたなあと思う。昭和が遠くなっていく。

青島幸男詞=中村八大曲だと“明日があるさ”が代表作だろうけど、
“九ちゃんのズンタタッタ”も名作だ。

“ズンタタッタ ズンタタッタ ズンタタッタ ズン“
ではじまって、
”それが何だ それがどうした それが何だよ~“と続く。

まくしたてるように進んで、いきなりバラードになる。
こういうの書くと、やっぱ青島幸男って天才、だと思う。

“ほんだら行進曲”の作詞も彼。
“ほんだららーほんだららー、ほんだらほだらほおおいほい”というのも意味不明だが,
なんだか凄い。

中村八大にも“じんじろげ”という、まさに奇怪な詞につけた曲がある。
作詞は渡舟人だが、
“渡りに船”のおっさんが書いた“じんじろげ”ですからね。
ラリったような。。。といいますか、アナーキックというべきか。
かなり下品な気もしたりして。。。。うーん、言葉を失っちゃいますね。

中村八大も宮川泰もピアニスト兼作曲家でしたから、
“作家性”にこだわった人たちだ。だから、J-POPのパイオニアたりえた。

宮川泰も一級の作曲家で、アレンジャーでもあり、ピアニストだった。
穴沢ジョージさんは、伊東ゆかりの"歌を教えて”がベストだと書いている。
そっかあ、そうきたかあ。
だったら、私はー

中村八大のベストはザ・ピーナッツのA面”私と私”、B面”幸福のシッポ”の2曲だなあ。
続けて聴くと、美しい世界がやさしく包みこんでくれます。"私と私”だとこう。

♪私はいつもふたり ひとりぽっちのふたり。。。で、最後の方でー
♪ランランラン ララ ランランラン。。。となります。
でも穴沢さんが言うのだから、伊東ゆかりは一度は聴いてみたい。音源あるのかな。

宮川泰にはもう一つの顔がある。こちらも有名だ。
話がうまくて、二枚目半で、
実は理論的だけど、わかりやすく音楽を解説する“サウンド解剖学”が得意だった。

とんでもない曲と曲を結びつけて、これとこれを組み合わせると、
実はこの曲ができあがる。。。というようなお遊びで楽しませてくれた。

ご本人が嬉々として話すので、
ああ、この人は本当に音楽を愛しているんだなあと思った。

“サウンド解剖学”では、こんな話をしていた。
”上を向いて歩こう“の坂本九の”なみだが・こ・ぼ・れ・ないよ・ほぉ・おぉ・に~“から、
”ふりむかないで“の”ふりむか・なっ・は・は・いで~“がひらめいたと言う。

あるいは、”明日があるさ“がいいなあと思って、
その気持ちで書いたら“若いってすばらしい”ができたという。
たぶん、これ、宮川泰のハニカミって奴でしょうね。
指揮がド派手なのに、本質はシャイ。アンサーソングって意味で言ったのだと思う。

“上を向いて歩こう”は“Sukiyaki”のタイトルでイギリス発売され大ヒット、
イギリス経由で、
オリジナルのキュー・サカモト盤が全米チャートのナンバーワンになった。

当時だと、英語以外の曲が一位になったのは、
イタリアの”ボラーレ“とベルギーの”ドミニク“だけだと、どこかで読んだ。
だって、英国のクリフ・リチャードだって、ダメだったものね。

最近になって、中村八大のピアノをCDで聴いているけど、
”ブロークン・ハーテッド・ピジョン“(渡邊晋とシックス・ジョーンズ)などだと、
ピアニストとして活躍していたときだから表現力が鋭い。
明るくて楽しいけど、カミソリみたいだ。

”ピアノ・ファンタジー”や”ピアノ・ムード“などは晩年だが、
それでも、両方に収められた“シェルブールの雨傘”は、
まったく別なピアニストとしか思えない。

次から次と洒落たフレーズをつむぎだしていく。
なんてイマジネーションが豊富なんだろう。ダイナミックでもある。
やっぱ、天才ピアニストだ。

最後に一言。確認はしていないから話半分で聞いておいてください。
“Sukiyaki”の歌詞(英語版の訳)を引用しておきますね。

♪・・・桜咲く木の下で、芸者ベイビーともう一度、
♪二人でスキヤキを食べたい

これ、ホンマかいな。どうでしょうか。しーらない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by nonoyamasadao | 2007-08-30 19:59 | 中村八大 | Comments(4)
Commented by 穴沢ジョージ at 2007-09-02 02:01 x
ああ、ここにいたんですね。わたくし。
♪ ひとりぽっちの〜ふたりぃ......っていうことろはよく覚えていますが、
ほかのメロディーを忘れてしまいました。
これ、シングル盤を持っているんですか?!すごいですね。
伊東ゆかりの『歌を教えて』と中尾ミエの『おんなのこだもん』
の2曲は、
日本のポップスの歴史の中でも燦然と輝く名曲です。
宮川氏のセンスの良さがここに凝縮されているんですよ〜。
こんなこと書いているうちにまた日記の更新しようかって
思っちゃいました。
また来ます。僕のところにも来てコメントくださいね。
Commented by nonoyamasadao at 2007-09-02 10:45
To 穴沢ジョージさん
>♪ ひとりぽっちの〜ふたりぃ......っていうことろはよく覚えていますが、ほかのメロディーを忘れてしまいました。
----
ご存知のように原由子さんがカバーをしています。
やっぱ、オリジナルがいい。八大さんのマイナーはめずらしい
>宮川氏のセンスの良さがここに凝縮されているんですよ〜。
こんなこと書いているうちにまた日記の更新しようかって
思っちゃいました。
----
宮川さんの白眉なら、素敵な曲でしょうね。
アジられると、興奮しちゃいます。妄想でいっぱいだあ
ブログは師匠、そろそろ書いてください。みんな、待ってます。
お願いしますっ!
Commented by 穴沢ジョージ at 2007-09-03 02:04 x
お恥ずかしいです。原由子さんのカバー知りません。
機会があったら聴いてみたいです。
確かに八大さんのマイナーはめずらしいように感じがちですが、
この『私と私』も含めて、「夢で逢いましょう」の今月の歌には結構あったという記憶が......。
有名なところだと『遠くへ行きたい』とかね。
昨日書き忘れたんですが、伊東ゆかりの『歌を教えて』は音源が見つかりません。
でも、中尾ミエの『おんなのこだもん』はCD化されているようです。
持ってませんけど・・・。
Commented by nonoyamasadao at 2007-09-03 09:36
To 穴沢ジョージさん
>お恥ずかしいです。原由子さんのカバー知りません。
ーーーー
なにをおっしゃいますやら北村大膳さま。古っ、誤用だし(笑い
わたくしなど、ご教授いただくまであの”マッシュポテト”が踊りだとは。。。お墓まで無知を持ってくとこでしたー
>確かに八大さんのマイナーはめずらしいように感じがちですが、
この『私と私』も含めて、「夢で逢いましょう」の今月の歌には結構あったという記憶が......。
有名なところだと『遠くへ行きたい』とかね
ーーーー
ほんと、そうですね。楽しそうにピアノを弾いていたイメ-ジからかも。
>昨日書き忘れたんですが、伊東ゆかりの『歌を教えて』は音源が見つかりません。
でも、中尾ミエの『おんなのこだもん』はCD化されているようです。
持ってませんけど・・・。
ーーーー
はい、rogerであります。
では密林で、中尾ミエの”おんなのこだもん”を探してみますね。
<< サマー・ホリデー 秋海棠の章 >>