いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
タグ
(854)
(703)
(210)
(187)
(183)
(158)
(122)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
こんばんは。 すっかり..
by nobulinn at 00:00
To まめ蔵さん >お..
by nonoyamasadao at 22:04
To まめ蔵さん >夏..
by nonoyamasadao at 21:20
To まめ蔵さん >フ..
by nonoyamasadao at 09:33
To まめ蔵さん >..
by nonoyamasadao at 22:14
To まめ蔵さん >「..
by nonoyamasadao at 23:20
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


桃の香り

 夕の7時ころ、飲み会に出掛ける。

まだ、明るい。

お店を探しながら、お店の前に来て、すこしたじろぐ。

ガラス張りのお店で、外から内部がよく見える。明るい照明が輝く。

カジュアルというべきか、どこかオサレで華やいで、美味しい洋食とおしゃべりが大好きな女性向けという感じである。

そっか、女子会とか、よく似合いそうだ。

フム、すこぶる、場違いな感じだが、エーイ、入ってしまえ。


 やっぱ、ピザとかパスタのメニューが豊富である。

隅に、初老っぽい男性や異色の中年女性が、にこやかに話しているが、かなり違和感アリアリだった。

扉が開いて、女子大生風の爽やかな着こなしの女性が、フワリと羽のように入ってきて、そこのテーブルに着く。

あっ、決まった。

場の雰囲気が、あっという間に、その場になじんだ。

してみると、こちらはどうだろう。

まあ、周りに埋もれ、どってことないさと嘯く。

最近、空気が読めなくなったのか、はたまた、感受性が希薄になったのか、とことん打たれ強くなったのか?それは定かではないが、めったなことでは動揺しない。

年をとるのは恥ずかしいことではないけれど、無神経になるのは恥ずべきことだ。

これでいいのかなあ。まっ、いっか。いっぱい、飲んで、酔ってしまおう。


 ビールなどたくさん飲むと、手洗いが近くなる。

手洗いに行って、戻ると、我が手にキツーイの香りがする。

手洗いのせっけんか。フム、香水ならわかるけれど、せっけんねえ。


というのは、まことにセクシーな果物である。

形状はお尻に似ているし、産毛だって生えている。

 

 ある作家先生によると、水蜜桃は、起き抜けに、木の下でガブリと食いつく食べ物だった。

間違っても、甘い汁気などを滴らせて、濡れ縁で、食してはならない。

遠い昔、どこからか、ハチが飛んできて、ひどく刺されたことがある。

あれは、悲惨だった。





[PR]
by nonoyamasadao | 2016-06-11 16:13 | 雑文 | Comments(0)
<< 昼下がりのスーパー 緑のキ・ブ・ン >>