いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
タグ
(838)
(687)
(200)
(186)
(181)
(158)
(121)
(101)
(72)
(57)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:59
『ビコーズ』2009年に..
by 穴沢ジョージ at 01:49
To まめ蔵 さん ..
by nonoyamasadao at 17:17
こんにちは^^ 『騎士..
by まめ蔵 at 15:21
To 穴沢ジョージさん..
by nonoyamasadao at 12:40
そうですか。WMC です..
by 穴沢ジョージ at 22:55
To まめ蔵さん >立..
by nonoyamasadao at 09:59
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 15:49
To まめ蔵さん >枝..
by nonoyamasadao at 18:05
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 17:02
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


白い影

 中居クンこと、中居正広さんの『白い影』を1話、2話と見る。
ああ、この人は、こういう陰影のある役もできるのだなあ、とあらためて、そう思った。
確かに、アイドル全盛のころでも、そういう雰囲気はどこかに隠し持っていた。

 『白い影』の原作は、渡辺淳一氏の『無影燈』である。
同じタイトルで、故田宮二郎氏が演じたテレビドラマは名作だが、もう40近いころで、さすがにニヒルで、苦い演技がさまになっていた。

 対して、中居正広さんは、20代最後のころだから、堂々の演技である。
看護師さんという言葉は、どうも昭和には似合わない気がするので、あえて、看護婦さんという言葉を使わせてもらおう。
相手役の看護婦さんは、竹内結子さんで、こちらは、山本陽子さんよりも、もっと存在感があって、ういういしい。
ああ、渡辺淳一氏は、比較的初期には、『阿寒に果つ』とか、これとか、骨のある作品も、書いていたんだなぁ。

 いつのまにか、渡辺淳一氏は、必然性も、葛藤などまったくない、弛緩しきった新聞小説ばかりを書くようになった。
いってみれば、不倫大好きな、オジイチャンといったふうだった。
くんずほぐれずのベッドシーン作家になった。

 我が敬愛する、立原正秋氏となると、無理に無理を重ねたメジャー志向の中で、流行小説を書いていた。
曰く、李朝の末裔であったり、日韓混血など、虚言を重ね、その役を演じきって、逝った。

 けれど、小説のプロットはいわゆる風俗小説風でも、それなりの必然性や緊張感は、いつも維持していた。
純粋な恋愛小説は読むと、ある種の抜き差しならない状況になり、男のエゴイズムや女性のエゴイズムの醜悪な部分に逢着する。
倫理を超えてしまった向こう側で、問われる愛の形が、たしかなかたちで、描き切られていた。

 時として、立原正秋氏の描く男は立派すぎて、リアリテイ―を欠くという指摘もあった。そうかもしれない。
けれど、いってみれば、渡辺淳氏一の描く不倫は、ふしだらで、破られるべくしてなされた、自堕落な日常だった。

 立原正秋氏の書いた小説には、いつだって、哀しさが漂っていた。
それは、血の問題だったり、破滅への道行きだったり、情念の美学であったりした。

 畏友の高井有一氏の『立原正秋』は、独特な旧かなの古風な文体で綴られた伝記であり、私小説的でもあった。
高井有一氏は、立原正秋氏が兄事した吉行淳之介氏の言葉の中に焔を読みとり、立原の片想いだったかもしれない。。。とシビアな視線で吉行発言(手紙)の的を射抜いた。
 文章の教本といわれ、規範ともいわれた志賀直哉氏の文体に、「が」がおおいことや、「事」の濫用を指摘し、美しくないと指摘した鋭い人である。
彼の書いた立原評伝は、なんとも、あたたかな陽がさし、友への敬愛に満ちていた。

 そ~んなことを思い出しながら、今日は、『白い影』の第3話と第4話を見よう。
立原文学など生意気に語ったら、久しぶりに、彼の小説が読みたくなった。
三年坂通りの本屋さんに行っても、どうせ、絶版なのだろうなあ。




[PR]
by nonoyamasadao | 2016-05-19 14:59 | 雑文 | Comments(0)
<< 笹だんごとくちなし 二者択一の論理 >>