いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
タグ
(838)
(687)
(200)
(186)
(181)
(158)
(121)
(101)
(72)
(57)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:59
『ビコーズ』2009年に..
by 穴沢ジョージ at 01:49
To まめ蔵 さん ..
by nonoyamasadao at 17:17
こんにちは^^ 『騎士..
by まめ蔵 at 15:21
To 穴沢ジョージさん..
by nonoyamasadao at 12:40
そうですか。WMC です..
by 穴沢ジョージ at 22:55
To まめ蔵さん >立..
by nonoyamasadao at 09:59
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 15:49
To まめ蔵さん >枝..
by nonoyamasadao at 18:05
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 17:02
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


44年ぶりの『美しき愛の掟』

  グループサウンドのメンバー間の仲たがいや、バンドの方向性とプロモーション側との“不協和音”が垣間見れる映画は数多い。
トムハンクス監督の『すべてをあなたに』や、キャメロン・クロウの佳作の『あの頃ペニ―・レインと』がそうだ。

 ボクが、高校生の頃、ザ・タイガースの全盛期だった。
『僕のマリ―』のマイナーなバラードのキラキラするメロディや詞が、結構、好きだった。
完成度ならば、イントロからの切り替えと、その後のパセティックな変化が素晴らしい『君だけに愛を』でしょう。
個人的には『銀河のロマンス』とか、『落葉の物語』のようなメルヘンティックな作品が好きだった。
レコードはトッポで聴き、彼が抜けた頃にレコード発売されたため『美しき愛の掟』は、番組ではトッポで聴けなかった。
この曲は、なんとも絶望的な詞で、なかにし礼さんだった。
特筆すべきは、強調されたベースで、ああ、いいなぁって思った。
ちょうど、ボクが大学に入学する直前に、トッポが抜けた。
もっとも、その前から、週刊誌の噂話で、十二分に知っていた。
ボクのザ・タイガースのおっかけは、PYGまで続いた。

 沢田研二さんがソロになってからだと、やっぱ、一枚目の宮川泰さんの『君をのせて』と小谷夏さん(久世光彦さん)作詞の『コバルトの季節の中で』がボクの好みだった。

 岸部一徳さんは役者になってからは、しばらくNHKドラマに、よく登場した。
ボクは彼のベースのファンだったから、役者として独特な存在感はあったけれど、しばらくはピンとこなかった。
GS当時は、ルイズルイス加部のリードギターのような、華麗でめくるめくプレースタイルの演奏が人気があった。
ボクは、ダウンピッキング主体のサリ―の演奏スタイルのファンだった。
『死の棘』や『ふたり』の頃になると、さすがに役者、岸部一徳さんのファンになっていた。
『39 刑法第三十九条』の野卑な感じの刑事役も忘れられないし、『フラガール』など、事実上の主役だった。
『悲しき天使』や『のんちゃんのり弁』もよかった。『相棒』は見ていない。

 瞳みのるさんは、人見豊として中国文学研究者で、教育者として慶應義塾高校(日吉)で、中国語を教えていたのは知っていた。2度の脳出血から回復され、また、ザ・タイガースに戻ってくれて、本当にうれしい。
ひょっとして、仲間内での同窓会で仲よくイッパイはありえても、まさか、再び、彼のドラムが聴けるとは。。。げに、人生は筋書きのないドラマであり、長いこと人生やっていると、いいこともあるんだ。

 ここのブログで、「ザ・タイガースの『Long Good-by』を聴いて」を書いた頃、こんな日がくるとよいなぁと、漠然と思っていた。
けれど、ハイトーンボイスのトッポが帰ってこないと、やっぱ、オリジナル・メンバーでないよなぁ。。。って思っていた。
昨年の1月24日のコンサートには、トッポが戻って来るような気がしつつ、やっぱ、戻るわけないとも確信していた。

 遠い昔、井上陽水さんのLP『氷の世界』が出て、しばらくしたころに、雑誌『GORO』に、沢木耕太郎さんの巻頭エッセイがあった。
雨降りの喫茶店で、井上陽水の取材のために、彼をひたすら待つ記事だった。
彼は、きっとこないだろう。。と内的確信しつつ、彼を待ち続ける意識の流れが綴ってあった。
そして、やはり、井上陽水さんは来なかった。

 もちろん、傘がなかった。。。わけではないだろう。
その後の、沢木耕太郎さんの『バーボン・ストリート』にあるように、二人が電話をし合ったりするすることは、思いもよらなかった。
また井上陽水さんが、『花の首飾り』をカヴァーするとは、夢にも思わなかった。

 2013年12月には、前期のオリジナルメンバー(トッポ含む)によるツアーが決定したという。
こんどは、ボクもゼッタイ聴きに行く。場所は、やっぱ、それは武道館でしょう。
↓それにつけても、一徳さん、めちゃ渋くダンディで、日本版『昼下りの情事』のクーパー役あたり、いけそうです。 




[PR]
by nonoyamasadao | 2013-06-07 11:35 | 雑文 | Comments(0)
<< ちょっとだけ、シアワセ気分 ジューン・ブライド >>