いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
タグ
(863)
(712)
(214)
(188)
(184)
(160)
(123)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


もやしそば

  そういえば、夏休みの夕暮れはいつもそうだった。
サッカー練習でクタクタに疲れ果て、輪切りのレモンを齧りながら、帰り道をワイワイガヤガヤと帰った。
その頃の上石神井は、まだ田園が広がり、疎林ではカナカナの蝉時雨だった。
 みんなと一緒に帰るだけで、何もないのにやけに楽しい。
途中の日本ソバ屋で、モヤシソバをいつも食べた。
たっぷりのモヤシあんかけがドロリとかかリ、ものすごく熱い。
日本ソバ屋を出ると、影法師が細長く伸びた。

 マネージャーの女の子が袋入り花火を持っていて、路地でみんなに配り、線香花火で遊ぶ。
男たちがしゃがんで、線香花火のはじっこを握る。
だったら、下駄とかサンダルなら、尚よかったのになあと思った。

 蚊や小さな虫が飛び交って、スカートの影を踏んだとか、いや踏まないで揉める。
線香花火ははぜることもないので、手花火って迫力ねえなあって思った。
 小さな玉がふくらむ。
日暮れの花火は、しんみりさみしい。
小さくはじけて燃え、マンサクの花のような形の火が散る。
朱色の小さな玉が落ちそうで、なかなか落ちず、やがて月のしずくのような火の玉がポトンと落ちた。

 線香花火はそれっきりしていない。

 いつも夏が来ると、それらの昔に帰ったような気がする。
明日になると、楽しいことだけがいつも待っていると思ってた。
ああ、そんなこともあったのだなあと思う。

 なんか、しみじみ人生、感じちゃいました。




[PR]
by nonoyamasadao | 2011-08-15 09:38 | 雑文 | Comments(5)
Commented by nonoyamasadao at 2011-08-18 07:18
To まめ蔵さん
>nonoyamaさん、サッカー少年だったのですか。ちょっと意外です。
---------
ここのブログでは意外・・とよく書かれます。
よほど運動神経が鈍い感じですかね。
まあね、体育会系の熱っぽい主張は確かにない。。。や。(笑)

>今回、数十年ぶりに、親戚に会ったり、懐かしい風景を見たりして、
私も、人生、感じちゃいました。
--------
そちらのブログ、拝見しました。
いつも歩いていた道が残っていて、よかったですね。
あらためて思ったのですが、荻窪、武蔵小金井、守谷と書きつけてきましたが、帰る家はもうどこにもない。
昔、狩猟民族的と言った友人がいましたが、いろいろ、さすらっているのですよ。終の棲家はいつ見つかるのだろう、こういう人生もありかしらんってね。まあ、失う代わりに得たものもあるので、いいとしましょう。
父のお墓もあるし・・・。
おや、真面目ですね、今日は。ヤッパ、暑いから調子がヘンですね。
Commented by 閑居 at 2011-08-21 09:24 x
我流の納豆の作り方には、恐れ入りました。
それほどまでにも、こっていたとは。(笑)
小生は、時々旨いものを食べられれば十分かな~。
最近印象に残ったのは、うな重、そば、スパゲッテイ。
Commented by nonoyamasadao at 2011-08-21 17:08
To 閑居さん
>我流の納豆の作り方には、恐れ入りました。
それほどまでにも、こっていたとは。(笑)
-------
な~んか、のどかでスケールちっちゃくて、笑っちゃうでしょ(笑)。
地方が長いとこうなるのかも・・・。

>最近印象に残ったのは、うな重、そば、スパゲッテイ。
--------
こちらは高級ですね。うな重など、とんと食べていない。
年のせいか、うなぎ、さんまなど、昔ほど欲しませんね。枯れてしまったのかもしれない。スパゲッティとか、あなたはだんだんモダンになる。
この前に、イタリアンっぽい春巻きを食べたなあ。。。。って感じ。
ってどんな感じなのか。意味不明ですな。
Commented by 閑居 at 2011-08-26 14:38 x
大嫌いなケータイを時々使用しているとは、りっぱ、りっぱ。
世間は、パソコンからケータイへと移行するでしょう。
しかし、小生は、いまだにケータイを使用せずに生きている(笑)。
Commented by nonoyamasadao at 2011-08-26 21:57
To 閑居さん
>しかし、小生は、いまだにケータイを使用せずに生きている(笑)。
------
ヤッパねえ、らしいらしい、さもありなん。(笑)
お互い、コンピューターの草分けなのに、世の中に動向には掉さしてますね。協調性ねえなあ。だけど、あなたは理科系なのにね。
って、関係ないか。
<< 久しぶりのしゃぶしゃぶ 五年目の無頼 >>