いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
タグ
(863)
(712)
(214)
(188)
(184)
(160)
(123)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Q10

 The night was young and so was he. The night was sweet, but he was sour.
夜は若く、彼も若かった。夜の空気は甘いのに、彼の表情は苦かった。
韻を踏んだ、ウールリッチの『幻の女』の有名な書き出しである。
夜の散歩が好きである。
もう少し年令がいくと、ただの深夜徘徊老人になる。
ホント、シャレにならない。
ウ~ム、苦い。

 そういえば、ディクスン・カーの処女作が『夜歩く』だった。
 夜の散歩には、いくつか思い出がある。
酔っぱらった女の子を自宅まで送って行った甘酸っぱいのもある。
酩酊して、グダグダと歩いたのもある。
おいしい空気をイッパイ吸って、帰ったのもある。

 どうして夜の散歩を思ったのか。
『Q10』で、レイ・ブラッドベリの『生涯に一度の夜』について話していたからだ。

 このドラマはすこし、ヤバい。
なぜなら、中原中也の詩や、同じ風は二度と吹かないなど、妙にリリカルで、矢鱈と気障なセリフが飛び交う。
倉本聡というよりも、山田信夫の時代に戻ったような錯覚に落ちていく。

 けれど『ウォーターボーイズ2』や『Q10』を見ている還暦を過ぎたジジイというのも、客観的には不気味なものだろう。
実際、若かりし頃に、『眠れる美女』を読んで、川端康成なる芸術家はなんたる醜悪な老人かと悲憤慷慨したものだ。
あちらは稀代の天才だが、こちとら凡人だから、なお気色も悪かろう。

 春の夜の散歩には、昼にない風景や空気感がある。
ブラッドベリの小説は、月灯りの夜に、草いきれの丘に登って、星を見上げ、妻と手をつなぐ。
思えば、これって、変態かと思ったのものである。

 夭折したM先輩も、ブラッドベリと同じことを30才を過ぎても云っていた。
そうか、生涯に一度の夜は、そんなことがあってもよいのかもしれない。と、凡人は今になって思う。

 はだしの似合うマーク・トウェインの町で、暖かい夜に歩く。
ウ~ム、よいものかもしれない。
ワタクシの人生、かなりとっ散らかってはいるが、生涯に一度のことなど、まったく思いもつかない。

 テリー・レノックスはかくのたまう。
一生に一度は、空中ブランコのスイングのような離れ業をしてみせるさ。。。。ってね。
 
 今夜は、遠い昔に読んだ虫明亜呂無の短編でも探し出して、読もうか。
あれも昭和の太宰のような小説だった。
木皿泉の『Q10』は、そんなヤバいドラマである。




[PR]
by nonoyamasadao | 2011-06-08 20:39 | 雑文 | Comments(3)
Commented by 穴沢ジョージ at 2011-06-09 15:17 x
Q10は見てないので何ともわかりませんが、
今度ぜひ DVD 借りてきて見てみます。
あまり本を読まなかった僕ですが、
中原中也とブラッドベリは熱中しました。
虫明亜呂無なんて、なつかしいですね。
でも、僕には名前だけっていうか、
雑誌でちょっと読んだくらいかな。
今また少しずつ本を読み始めています。
うちに岩波少年文庫が何冊かあったので、
この辺から。(笑)
Commented by nonoyamasadao at 2011-06-09 20:35
To 穴沢ジョージ さん
>あまり本を読まなかった僕ですが、
中原中也とブラッドベリは熱中しました。
虫明亜呂無なんて、なつかしいですね。
------
今晩は。本を読まなかったではなく、穴ジョーさんの場合は、読まなくなったが正しいのではないかと。かく申すワタクシもめっきり、読まなくなりました。
ブラッドベリはボク、あまり読んでいないです。タンポポのお酒とかちょっとです。SFっぽいファンタジーなら、ジャック・フイニィの方が読んでいると思います。
虫明亜呂無、この方もマイナーポエットですねえ。
対象にのめりこむと、パセチックで、鮮やかな文章を書かれました。
岩波文庫、これもほとんど縁がない。ホント、勉強のできない子供でした。(笑)
Commented by kobe bryan at 2013-09-28 20:27 x
Q10 : ほんの寝巻きで
<< 『GOOD LUCK!!』を思... 今年の夏 >>