いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
タグ
(842)
(691)
(202)
(187)
(181)
(158)
(122)
(101)
(72)
(57)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To まめ蔵さん >..
by nonoyamasadao at 22:14
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 16:10
了解です(笑)
by まめ蔵 at 20:55
To まめ蔵さん >「..
by nonoyamasadao at 23:20
あ、ここでは sadan..
by まめ蔵 at 21:35
T0 まめ蔵さん >初..
by sadanono at 10:56
> 若いって素晴らしい。..
by まめ蔵 at 17:04
To まめ蔵さん >エ..
by sadanono at 20:33
nonoyamaさん、御..
by まめ蔵 at 15:27
To 穴沢ジョージさん..
by nonoyamasadao at 00:18
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アセビの花

 暖かい。というよりも暑い。
二日間、背広にネクタイだったけど、背広に陽の匂いが残っているような気がする。

 一昨日は、市の全域が多角形だとすると、全ての頂点を通る外接円のようにタクシーで移動した。
空けて昨日は、博多まで日帰りの所用があり、夜の天神を歩く。
かなりヘロヘロになるが、空気が気持ちよく乾き、洗濯日和であるなとのどかにも思う。

 今日、通り抜けの大学では馬酔木の花が咲いていた。
渋めの小さな白い花が下向きに鈴生りについて、いかにも日本的だ。
ぜんぶの木が有毒だそうである。
葉っぱを煎じたのを川に流すと魚が麻痺して浮かんでくるそうだ。
なんだか、遠い昔に観た『魚が出てきた日』のようだ。
なにやら猟奇的でありますな。

 けど、これ、まっとうな植物図鑑で読んだのだ。
エゴノキも毒だと書いてある。
こちらも、わかい実をすりつぶして川に流すと魚は麻痺して浮くとある。

 この図鑑の編者は、川に毒を流すのが好きだなあ。
小学校の学習百科図鑑なんだけど、なんだかブラックユーモアの小説を読んでいるようだ。

 こごみの味噌汁を啜ると、あっ春。。。を実感する。
薬味は浅葱がよく似合いそうだが、葱でもよい。
ホッとおちつき、満足感に浸る。
うっとりしたあと、しばらくして己がスケールの小ささに落ち込む。




[PR]
by nonoyamasadao | 2010-02-25 16:32 | 雑文 | Comments(6)
Commented by まめ蔵 at 2010-02-28 00:20 x
馬酔木ね、私も同じ頃、見てました。
こんな偶然もあるのね、とびっくり。
うちのは赤い花です。(近々ブログに書きます)
あの数日の春の陽気で馬酔木と柊南天の花が咲き始めました。

> でもね、ボクは拝見するだけなのにコメントいただき、感謝しています。
「感謝」なんて言われると、コメントしづらくなります…。
Commented by nonoyamasadao at 2010-02-28 08:20
To まめ蔵さん
>馬酔木ね、私も同じ頃、見てました。
こんな偶然もあるのね、とびっくり。
--------
おはようさん。
同じ日、同じ時間頃見てましたか?そりゃ、びっくり。
う~む、東京とは温度差とか、ないのでしょうか。

>うちのは赤い花です。(近々ブログに書きます)
あの数日の春の陽気で馬酔木と柊南天の花が咲き始めました。
---------
赤ッポイのは、この地に来て初めて知りました。
アセビと言えば、白でした。パンツといえば白みたいな。(笑)
ヒイラギナンテンは黄色い花で、きれいですね。
ところで、あのギザギザの常緑も葉っぱ、結構、紅葉がきれいなんですよ。ご存知でしたか?。
馬酔木と書くと、なんとなく文学的ですよね。
Commented by 閑居 at 2010-02-28 13:42 x
スイセンは、家庭菜園にあり、だいぶ前からよく咲いている。スイセンは丈夫で、肥料もやらないが、毎年咲いている。
家の花瓶にもいけてある。
花粉症に突然なったそうですね。小生は花粉症の先輩で、もう十年にもなるかな~。
Commented by nonoyamasadao at 2010-02-28 15:12
To 閑居さん
>スイセンは、家庭菜園にあり、だいぶ前からよく咲いている。スイセンは丈夫で、肥料もやらないが、毎年咲いている。
家の花瓶にもいけてある。
--------
スイセンは親父が好きで、ボクも子供の頃から大好き。
一月くらいから咲いてもおかしくないですよね~。
立原正秋だったと思うけど、スイセンを竹筒に入れて、どの部屋もイッパイにするというエッセイを読んだことがあります。
清潔で爽やかな芳香が気持ちよいですよね。

>花粉症に突然なったそうですね。小生は花粉症の先輩で、もう十年にもなるかな~。
-------
あれま。ある日突然、なんですよね。
この年まで大丈夫だったから、ならないと高をくくったのがいけなかったかも・・・。
まぁ、お互い、おくてですなあ。
Commented by まめ蔵 at 2010-03-03 00:29 x
こんばんは。

> 同じ日、同じ時間頃見てましたか?そりゃ、びっくり。
時間はわからないけど、日にちは多分いっしょかと…。

> ところで、あのギザギザの常緑も葉っぱ、結構、紅葉がきれいなんですよ。ご存知でしたか?。
知ってるような、知らないような(笑)。スルーしてました。
秋の「お楽しみ」にします。教えてくださってありがとう。

> アセビと言えば、白でした。パンツといえば白みたいな。(笑)
えっ、「パンツ」といえば「赤」でしょ(笑)。
それにしても、なんで「パンツ」やねん!!
Commented by nonoyamasadao at 2010-03-03 07:32
To まめ蔵さん
>秋の「お楽しみ」にします。教えてくださってありがとう。
-------
こんにちアロハー。
いや~~、教えるって・・・まあ、忘れなければ、見守ってやってください。

>えっ、「パンツ」といえば「赤」でしょ(笑)。
--------
ええええっ???
赤いズボンはボクの趣味ではないですね。(笑)
<< スイートバイオレット 温泉へ行こう >>