いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
タグ
(838)
(687)
(200)
(186)
(181)
(158)
(121)
(101)
(72)
(57)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To 穴沢ジョージさん ..
by nonoyamasadao at 11:59
『ビコーズ』2009年に..
by 穴沢ジョージ at 01:49
To まめ蔵 さん ..
by nonoyamasadao at 17:17
こんにちは^^ 『騎士..
by まめ蔵 at 15:21
To 穴沢ジョージさん..
by nonoyamasadao at 12:40
そうですか。WMC です..
by 穴沢ジョージ at 22:55
To まめ蔵さん >立..
by nonoyamasadao at 09:59
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 15:49
To まめ蔵さん >枝..
by nonoyamasadao at 18:05
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 17:02
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


銀座ガスホールが消えた

 すっかり田舎者になったせいかしらん。
銀座に行くと、建物や街路樹などに、じぃーっと見入るようになる。
最近になると、舗道にまで見入る。しみじみと見て、感無量になったりする。
もし涙ぐむようになったら、末期的だな。

 晴海通りがケヤキの街路樹だったなんて、去年、気がついた。
街路樹があったことすら、知らなかった。

 交詢社通りのトウカエデだけは、不思議に憶えている。
たぶん、カエデだけは子供でも、知っているからだろう。
並木通りもシナノキになっているけど、プラタナスだとばかり思っていた。

 それにしても、オラおったまげた!!。ガスホールが無くなって、gCUBEだって・・・。
あ、写真ブログで今日、知った。
炎のイメージだそうだが、昭和40年代後半に我が青春のジャズ喫茶『ACB』がなくなり、そして試写会でよく行ったガスホールも消えてしまった。
 街も生き物だからなあ。さみしいけど、これが現実だ。
それだけ、長いこと人生やっているのだなぁ。

 街路樹もショーウインドウも、若いころは眼中に無かった。
ショーウインドウは今もだ。
電通も資生堂も、デパートと同じようにみんな記号だった。
あそこを曲がればとか・・・、あそこに出れるみたいな・・・ね。

 興味があったのは、映画館、本屋、喫茶店だけだった。
視野狭窄である。
夏暑いと、本屋さんで本を読んでいると、すぐに涼しくなる。
冬寒いと、喫茶店でコーヒー一杯で粘ってれば、暖かくなる。

 そうそ、資生堂傍のソバ処『いけたに』と泰明小学校の隣の『東京飯店』は、まだあるのかな。
後者は小汚いけど、味は最高だった。
食い気の方は、よ~く憶えている。
 
 明日はお祝いで、東京會舘に行く。ここも古いな。まだ、あったんだ。
大きなカエデが入り口にあった。どうなったかな。




[PR]
by nonoyamasadao | 2009-08-20 15:39 | 雑文 | Comments(2)
Commented by nobulinn at 2009-08-21 22:02
こんばんは。
そう・・・街は本当に生きもののようです。
日々姿を変えていきますね。
ふと気が付くと、あたりまえにあったはずの風景がなくなっていたり、昔行ったことのあるはずのお店がどうしても見つからない・・・寂しいものですね。
交詢社も変わりました。
明日は東京ですか?
お時間ありましたら、懐かしい風景を探してみてくださいね!
Commented by nonoyamasadao at 2009-08-22 21:05
To nobulinnさん
>そう・・・街は本当に生きもののようです。
日々姿を変えていきますね。
----------
西銀座通りに面したホテルに泊まったのですが、その裏が二十代後半から、東京を去るまでいきつけのサントリーバーだったのですが、立ち退きで壊されていました。

>昔行ったことのあるはずのお店がどうしても見つからない・・・寂しいものですね。
交詢社も変わりました。
-------
ホント、しみじみさみしい。仕方ないのですが・・・でもね~って思っちゃう。
交詢社、変わりましたね。あの通り、よいですよね。
結局、トンボがえりで。。。でも暑かったから、歩き回ったら、バテバテになりそうな感じでした。
<< 空のスープ 族のカシラ >>