いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
タグ
(842)
(691)
(202)
(187)
(181)
(158)
(122)
(101)
(72)
(57)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To まめ蔵さん >..
by nonoyamasadao at 22:14
nonoyamaさん、こ..
by まめ蔵 at 16:10
了解です(笑)
by まめ蔵 at 20:55
To まめ蔵さん >「..
by nonoyamasadao at 23:20
あ、ここでは sadan..
by まめ蔵 at 21:35
T0 まめ蔵さん >初..
by sadanono at 10:56
> 若いって素晴らしい。..
by まめ蔵 at 17:04
To まめ蔵さん >エ..
by sadanono at 20:33
nonoyamaさん、御..
by まめ蔵 at 15:27
To 穴沢ジョージさん..
by nonoyamasadao at 00:18
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボクはミルクが嫌いだ

 イギリスに憧れていた。ミステリも映画も、イギリスものが好きだった。
ミステリなら、うんと渋いところで、ニコラス・ブレイクとか、エドマンド・クリスピンなど、よかった。
映画だって、バルコンタッチのドキュメンタリーなところが好きだ。
シドニー・ギリアットやアレキサンダー・マッケンドリックの『マダムと泥棒』なども、好きだった。
考えてみれば、ヒッチコック先生はイギリス人だし、ディクスン・カーは大のイギリス贔屓だった。
サッカーはヤッパ、マンチェスター・ユナイテッドだった。ジョージ・ベストもカッコよかったけれど、『金髪の小悪魔』のデニス・ローに憧れていた。
音楽だったら、そりゃビートルズもストーンズもサイコーだが、デイヴ・クラーク・ファイヴが好きだった。
『ビコーズ』ですよね。ヤッパ、イギリスは凄い。

 ただね~、イギリスは少々気難しく、小うるさいらしい。
別に、こうもりはいつも持ってるし、雨降っても、傘差さなくたって平気だ。
バーバリーのトレンチコートを着て、雨に濡れるのも乙なものだ。
片面トーストはむしろウェルカムだし、多少、晩飯が美味くなくてもかまわん。
鱈のフライ(フィッシュアンドチップス)は好物だし、飽きない味だ。
スコッチ・ウィスキーはおいしいし、日曜になれば、庭でバラの手入れなど、率先垂範でやるさ。
冬になって映画『ホリディ』のように雪がふれば、暖炉の灯りでアガサ・クリスティを読もう。
コーヒーなど飲まなくても、レモンティーがあれば文句はない。

 あ、ミルクティがあった~~~。
ジョージ・オーウェルに『一杯のおいしい紅茶』というエッセイがある。
一に、紅茶はインド産かセイロン(スリランカ)産であるべし。
二に、紅茶はミルクで飲むべし。
三に、紅茶に砂糖は入れてはならぬ。

 上は、オーウェルの紅茶愛飲の三原則だ、一と三なら、さもありなんですむ。
一は、日東紅茶より、リプトン紅茶がおいしいと思った。サー・トーマス・リプトンはエライ。
まぁ、めったに飲めないティパックだった。
三も、紅茶は渋めのものであるから、砂糖を入れるな。。。なんだか、納得だなあ。
日本茶にも砂糖など、入れない。
問題は二番だ。冷たいミルクの午後の紅茶じゃないと、ダメだそうだ。
なぜだ。。。。レモンが紅茶の高貴な香りを消したり、うつくしい水色を消すのだそうだ。
だったら、ストレートでいいじゃん。
キューカンバーサンドイッチは大好きだ。きゅうりは畑でもいで丸かじり世代だ。
スコーンとかも、パンケーキでしょ。違うか?。パンケーキのようなものでしょ。だったら好物だ。
がしかし、どうしても、ミルクティでないと、ダメみたいだ。
ボクはミルクが嫌いだ。どうしても、飲むことができない。

 三十歳になるかならないかの頃、ロンドン駐在を打診されたことがあった。だが、それは志願しても行けなかったかもしれない。
その十年後に、軽井沢のスイスの山小屋のようなホテルに泊まった。赤い郵便ポストがホテルの脇にあった。
ジョン・レノンゆかりのティールームのメニューに、ロイヤル・ミルクティがあった。
けれど頼まなかった。
ミルク嫌いがうらめしく、本当にさみしかった。
樹間越しに別荘が見え隠れする通りを散歩してたら、カラマツ林からたくさんの黄色い落ち葉が降った。
ああ、ボクはイギリスに行くことはないのだなぁ、とそのときに思った。

 このイントロのオルガンを聴くたび、イギリスを断念した時の悲しみが蘇ってくる。
けれど、本当に名曲だと、今もそう思う。





[PR]
by nonoyamasadao | 2009-04-25 17:04 | 60年代ポップス | Comments(8)
Commented by chimamotto at 2009-04-25 19:14
イギリス発のものといえば、「シャーロック・ホームズ」と「不思議の国のアリス」と「ピーターパン」が好きです。
それから、ミルクティーが紅茶の中では一番好きです(^o^)
ロンドンで初めてミルクティーを飲んだとき、あまりの美味しさにグビグビ飲んだものです。日本の紅茶と味が全然違いました。
もしかしたら、イギリスでミルクティーを飲めば、ミルクが好きになるかもしれませんよ!
Commented by ta-ke-58-ta-xi at 2009-04-25 23:28
三十歳になるかならないか~以降の文章・・余韻ありあり・・・(泣)。
そして ビコーズ・・・決めましたね!!(涙)。
紅茶がコーヒーより格が上!?・・なんて気持ちで・・・昔は喫茶店で紅茶頼んでましたなぁ。
ケーキなんて当然つけなくて・・・いや つけてたかもね(笑)。
Commented by nonoyamasadao at 2009-04-26 12:18
To chimamottoさん
>、「シャーロック・ホームズ」と「不思議の国のアリス」と「ピーターパン」が好きです。
--------
パッと思いついたのは赤毛連盟、急がなくっちゃのウサギ、ティンカーペルでした。好みがでるなぁ。

>ロンドンで初めてミルクティーを飲んだとき、あまりの美味しさにグビグビ飲んだものです。日本の紅茶と味が全然違いました。
もしかしたら、イギリスでミルクティーを飲めば、ミルクが好きになるかもしれませんよ!
-------
ドーバー海峡の写真を、そちらで拝見したことがあります。
グビグビ飲む。。。本場はさぞ、美味しかったのでしょうね。
イギリス好きは同じですね。
ところ変わればミルクティ飲めるかも・・・いや、ムリでしょ。
飲まなければ死ぬぞ。。。と言われたら、さすがに飲みますが。
どうしてかくも、嫌いなんでしょうね。困ったものです。
Commented by nonoyamasadao at 2009-04-26 12:36
To ta-ke-58-ta-xiさん
>三十歳になるかならないか~以降の文章・・余韻ありあり・・・(泣)。
そして ビコーズ・・・決めましたね!!(涙)。
-------
おお~~~~、共感していただけましたか。嬉しゅうございます。
個人的なことを書くってのは、ど、どうなんざんしょね。。。と思いつつ、そんなことばっか書いてます。詳細はぼかしているので、共感していただけたなら、『ビーコーズ』という曲の持つ、ノスタルジッィな力でしょうね。そういう曲です。

>ケーキなんて当然つけなくて・・・いや つけてたかもね(笑)。
-------
ミッドナイトカウボーイのわりに、贅沢な・・・。やっぱ、いいとこのお坊ちゃまは違う。♪ケンベンタ~レだから・・・あ、イタリアンポップスにそう聞こえるのが、あるそうです。
Commented by 閑居 at 2009-04-26 13:28 x
ロンドン駐在を打診された話を久しぶりに思い出しました。あの頃はよく飲んだものです。もし実現していたら、その後の人生が大きく変わっていたでしょう。
Commented by nonoyamasadao at 2009-04-26 13:42
To 閑居さん
>ロンドン駐在を打診された話を久しぶりに思い出しました。あの頃はよく飲んだものです。
------
おお~~、覚えていてくれましたか。
やっぱ、持つべきものは・・・です。どうしようか、相談する余裕はなかったと思う。
ボクは毎日飲みに行き、閑居サンとも、最低週に二回は行きましたね。はしごもよくした。
お金ないけれど、飲みに行こうぜ~。。。な~んて威張ってました。
今、ひたすら感謝しております。ホントですよ。

>実現していたら、その後の人生が大きく変わっていたでしょう。
-------
イフだから、どうなっていたでしょう。
やっぱ、前の会社にしばらくいて、どっか???行方不明になってた、たぶん。(苦笑)
Commented by 穴沢ジョージ at 2017-04-16 01:49 x
『ビコーズ』2009年に書いてたんですね。気付かずにすみませんでした。
イギリス行きについては、それはその時には真剣に悩んだでしょうね。もちろん様々な理由があって行かなかったわけで、それがその時の結論だから、今があるっていうことなんでしょうか。
僕も、大学合格しなかったら、一人でアメリカに行こうと密かに計画していたし、それは合格という結果、実現しなかった。さらに、Wの教育学部英語英文学科というところに受かって、そっちの方に行くつもりだったのに、行かなかった。
結構具体的に悩んだ分岐点がはっきりしている時って、あったんだよなあ。
ところで、やっぱり『ビコーズ』素晴らしい名曲ですよね。
Commented by nonoyamasadao at 2017-04-16 11:59
To 穴沢ジョージさん
>イギリス行きについては、それはその時には真剣に悩んだでしょうね。もちろん様々な理由があって行かなかったわけで、それがその時の結論だから、今があるっていうことなんでしょうか。
-----
人それぞれ、長いこと人生やってると、いろんな想いや痛みがあって、具体的に書いちゃうとささやかな美意識に反する。でも、行間の見えざる伏字が見えてる伏字になる瞬間が、かすかに見える時(見えたように思うがただしいかも)がある。それが穴ジョーさんの最初のビコーズでした。

>僕も、大学合格しなかったら、一人でアメリカに行こうと密かに計画していたし、それは合格という結果、実現しなかった。さらに、Wの教育学部英語英文学科というところに受かって、そっちの方に行くつもりだったのに、行かなかった。
------
ボクのロンドン行きも、そ~んな感じかな。
岐路は、新聞社全部落ちちゃって、先生が残れ。。。って言ってくれたのに、父、自宅にて急逝で、4年の秋になって、理系の会社に入って、落ちこぼれ街道をまっしぐら。
でも、それが今の仕事のきっかけを作ってくれて、昔の路線に戻った。脇道が脇道じゃなかった、筋書きのないドラマです。そ~んな気持ちにさせてくれる『ビコーズ』と、
そこを書いた穴ジョーブログは素晴らしい。ドラマは全部、十代から二十代初めにあって、それが実現したのは中年みたいな人生です。
<< 大好き~クリスティ・マクニコル ヤッパ、60年代ポップスはよいなぁ >>