いつでもどこでも映画と読書、あとなんだろう
by ののちゃん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
タグ
(863)
(712)
(214)
(188)
(184)
(160)
(123)
(101)
(72)
(58)
カテゴリ
全体
ミステリ映画
ヒッチ・ワイルダー
洗練コメディー映画
60年代ポップス
本格パズラー
川上弘美
江國香織
短編小説・詞・詩
雑文
中村八大
竹内まりや
伊東ゆかり
花の24年組
最新のコメント
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 12:40
To nobulinnさ..
by nonoyamasadao at 12:28
スカートが秋ですよと・・..
by nobulinn at 00:44
こんばんは。 デパート..
by nobulinn at 23:48
To yattokame..
by nonoyamasadao at 20:35
こんばんは。コメントあり..
by yattokamedagaya at 19:39
To nobulinn ..
by nonoyamasadao at 10:27
こんばんは。 健康のた..
by nobulinn at 00:25
To まめ蔵さん >最..
by nonoyamasadao at 13:01
To nobulinn..
by nonoyamasadao at 10:48
お気に入りブログ
soda-pop
自然風の自然風だより
おいしいもの見つけ隊 隊...
のほほん便り
ふらんす堂編集日記 By...
佐賀県武雄市  武雄温泉...
散歩日和
deux fraise
魅せられて大和路
ちまもの読書日和
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ああ、ついに…双葉十三郎..
from ラムの大通り
坂本九
from いいたいことは少しある
検索
メモ帳
いままでで一番通った店は、居酒屋だと思う。これは紛れがない。
それが一ヶ月に十日の飲酒。辛か~。 休肝日の過ごし方ってむつかしい。それで学生時分に戻って、いつでもどこでも映画と読書に明け暮れようと思う。大好きな川上弘美さんは、読書三昧の毎日を、なんだか彩りに欠ける人生ではありますと謙遜して書いていた。う~ん、こちらは実感だなぁ。
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


つごもりの独り言

 アルコールホリデーがある。 週に四日。
三日間は、家で飲む。外で飲む機会はほとんどない。
ビールの中瓶ニ本を飲む。
一本を三十分かけて、ゆっくりと飲む。

 時間を持たせるのが、当初大変だった。
ひっきょう、よく食べる。そのあいまに飲む。
高級なものはいらない。
昨日の晩御飯の残りものでよい。

 寒くなったから、ビールを一本にした。
お燗した日本酒一合を飲んだ。

 テレビを消す。
湯豆腐で、一人、ちびちびと飲む。
しんみりと落ち着いた気分になった。
小さな猪口のちびちびだと、酒が沁みる。

 雪の日なら、風情があるなと思う。
いや、早春なら甘い気分になるかなとも思う。
花ぐもりの燗酒のほろ酔いも朧で、楽しそうだ。

 日本酒一合で、いろいろな想念が浮かぶ。
ものさびしいのが心地よい。
近頃、なかったことだ。

 こんな気持ちをいつか味わったような気がする。
湯豆腐がなくなるが、酒はまだ、三分の一くらい残る。
日本酒を飲みだして、かれこれ一時間たつ。

 果物で残りの酒を飲む。
思いだした。
ものさびしいのが心地よい気分は、子供のころだ。

 風邪をひいて寝てた。
天井の木目の渦の模様を飽きずに眺めた。

 眠りに落ちると、誰かに追いかけられ、いつも走っていた。
追いかけられる夢をよく見た。

 遠くで森が揺れた。
クチナシの香りを含んだ風の中を逃げた。
 風や雲や森の夢ばかり見た。
たぶん、外で遊ぶことばかりを願っていたからだ。

 子供のころは、一年が過ぎるのが楽しかった。
進級すれば、少し大人になると思った。
だから早春は甘い気分に包まれた。

 ぼんやりとしながら、ここ幾歳となく味わったことのない気分になった。
ほのぼのした感傷にひたる。

たった、一合で楽しくなり、すうっと心が落ち着いた。

 今日と明日のアルコールホリデーは久々に、辛いかもしれない。
めでたい元旦の酒が待ち遠しい。
[PR]
by nonoyamasadao | 2008-12-30 14:57 | 雑文 | Comments(2)
Commented by ta-ke-58-ta-xi at 2008-12-30 21:57
今年も僅か・・来年こそはと思ったり・・思わなかったり。
惰性も好きですし・・心機一転も悪くはない。
しかし・・長続きしない男であり・・瞬間湯沸かし器人間でもあります。
nonoyama様 こんなダラシナイ奴です・・来年もよろしくです!!。
Commented by nonoyamasadao at 2008-12-31 10:59
To ta-ke-58-ta-xiさん
>今年も僅か・・来年こそはと思ったり・・思わなかったり。
惰性も好きですし・・心機一転も悪くはない。
------
思いはいろいろあります。年令を自覚しつつ、もっと過激にとも思う。
いや、それは美しくないから、洒脱は無理でも軽妙に生きたいとも思う。
ヤッパ、平平凡凡こそ、大切だということを今年に勉強しました。

>しかし・・長続きしない男であり・・瞬間湯沸かし器人間でもあります。
nonoyama様 こんなダラシナイ奴です・・来年もよろしくです!!。
-------
瞬間湯沸かし器人間だったら、負けません。
兄さんは思索的な方だけど、軽妙洒脱なのが羨ましく憧れます。
毎日更新も、偉いですねえ。これも才能ですね。
疲れるから、できない。
よいお年をお迎えくださいね。来年もまた、いろいろ教えてください。
<< 充実していないことの幸せ ニラニラニラ、心は揺れる >>